トレイダーズ証券出身 古橋プロデュース『みんなでFX』 -Rising Sun- 【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

トレイダーズ証券出身の元証券マンがリリースしたFX情報商材

 

2016年末頃までインフォトップで随分話題となっていた
トレイダーズ証券出身 古橋プロデュース『みんなでFX』 -Rising Sun-
というFX商材に関する検証依頼を数件頂いているので
本日はこちらの手法の検証を行うことにしました。

 

『みんなでFX』はトレイダーズ証券出身の元証券マンと謳う
古橋弘光氏がリリースしたFX関連の情報商材です。

 

インフォトップのFX部門における売れ筋ランキングを見ると
連日1位を獲得しているので
今販売されているFX商材の中でも一番売れている商材です。

 

また、総合ランキングの方でも1位を獲得しているので
インフォトップ内でリリースされている情報商材の中で
1番売れている商材ということになります。

 

 

古橋弘光氏が情報商材という形で自身の手法を公開するのは
今回の『みんなでFX』が初めてのようですが、販売ページには

 

「参加者様1700名突破の国内最大級プロジェクト」
「インフォトップ売れ筋ランキング 三冠達成!!」

 

といった記述もあり、初登場の商材販売者としては
異例の大ヒットを記録していると言えます。

 

 

 

 

『みんなでFX』は情報商材にしては珍しく、販売者の素性をここまで明らかにするのか
というくらい晒しまくっているので販売ページを眺めているだけでも結構面白いです。

 

古橋弘光氏は華々しい経歴を持っているようで、
過去の経歴が履歴書っぽい画像でアップされています。

 

 

 

 

古橋弘光氏は最終経歴であるトレイダーズ証券を退社した後は、
FXトレードを中心としたツールや
システム開発に関するプロジェクトに携わっていたようです。

 

こうしたプロジェクトへの参加に携わった後には、
過去の経歴を活かし本格的なセミナー活動をスタートさせることとなります。

 

 

同時にトレードノウハウとシステムトレードの普及を行い、
数十パターンのトレードノウハウを確立させたというから驚きです。

 

もちろん現在でもこの数十パターンのノウハウが通用していると思いませんが、
それだけのパターンを見つけるだけでも凄いことだと思います。

 

私の場合はEAを作ろうとしてロジックを考えても数パターン捻り出すのがやっとです。

 

自分で思いつかない分は他人さまからお知恵を拝借することにしていますが、
それでも十数パターンが精一杯ですね。

 

数十年間の情報の蓄積による引き出しの大きさというのは馬鹿になりません。

 

 

この経歴が本物であれば、かなり大手の証券会社を渡り歩いてきたことになるので、
FX商材販売者の経歴としては歴代トップクラスなのではないかと思います。

 

トレイダーズ証券出身という経歴を見せつけられてしまうと
つい『みんなでFX』を購入したくなってしまいますよね。

 

 

余談ですが『みんなでFX』というネーミングは恐らく、
トレイダーズ証券の「みんなのFX」のオマージュなのでないかと思います。

 

自らの古巣のFX部門のネーミングを利用するあたりにも
ユーモアセンスと商材販売に対するしたたかさを感じられてグッドですね。

 

個人的には嫌いじゃないです。笑

 

 

 

古橋弘光氏は経歴詐称が大嫌いだそうだ

 

販売ページを眺めていると最初に目につくのが、
自分の個人情報を惜しげもなく公開している古橋弘光氏の健全な姿勢です。

 

普通のFX商材では、販売者の素性は必要最小限しか公開されていません。

 

それも「特定商取引法に基づく表記」が義務付けられているため
仕方なく表記しているというような物がほとんどで
出来るだけ目立たないように表記しているケースが多いように思います。

 

 

しかし、『みんなでFX』の販売ページを見る限りでは
古橋弘光氏は終始一貫して隠し事が嫌いだということが伝わってきますし、
これでもかと他の情報商材における販売者の経歴詐称を批判しています。

 

実際、この業界は本名や素性を隠してビジネスネームで活動している販売者や、
トレード実績を公開しない販売者が非常に多いですからね。

 

そういった商材販売者に対して、
ここまではっきりと指摘している販売サイトはあまり見かけないので新鮮ですし
同時に自分にはやましいところが微塵もないということをアピールしているのでしょう。

 

 

それを裏付けるように、『みんなでFX』では古橋弘光氏の免許証のコピーと
本人のトレード実績がしっかりと開示されています。

 

 

 

 

 

免許証のコピーの公開に至ってはさすがにやり過ぎかなと思いますが、
1年以上にも及ぶ取引の詳細を全て開示しているの点は説得力が違います。

 

なかなかここまで長期のトレード実績を開示しているFX商材は少ないので
早くも期待に胸が膨らみますね。

 

 

さらに『みんなでFX』では180日間回数無制限の電話サポートに加え
無料セミナーの開催も行われるということです。

 

さすがに1回あたりの電話サポートは原則30分までとなっていますが
古橋弘光氏が直接電話対応を行っているということなので
まぁ現実的に考えればそれくらいの時間が妥当ですよね。

 

むしろ販売者が直接電話サポートを行うということは
かなり稀なので評価出来るサポート内容だと思います。

 

 

無料のセミナーに関してもそうです。

 

古橋弘光氏が教壇に立って、『みんなでFX』購入者に対して
無料でノウハウの教授や、業界の裏話をしてくれるということで
個人的にもかなり興味深いです。

 

 

 

 

ただ、この無料セミナーは各会場毎に席が満員なったら
募集を締め切ってしまうようです。

 

とはいえ、セミナーへ参加できなかった会員に対しては
後日セミナー収録動画を配信してくれるようなのでこの辺の配慮は嬉しいですね。

 

まさにかゆいところに手が届くとはこういうことです。

 

 

このように『みんなでFX』は数あるFX商材の中でも
かなりクレバーな作りの販売ページになっている点は好感が持てますし
初見の人の信用を獲得するに十分値するクオリティになっていると思います。

 

というか他のFX商材販売者も『みんなでFX』の情報開示姿勢
購入者への後のフォローなど参考にして欲しいものです。

 

 

これくらい誠実な募集スタイルが最低基準になれば
情報商材業界ももっとクリーンで健全になり
世間的な“マイナスイメージ”を払拭できると思うのですが。

 

具体的に誰のどれとはいいませんが、
外車や高級レストランなどで金持ちアピールするのは
もう古いと思っている人は私だけではないはずです。

 

 

 

『みんなでFX』の手法を検証

 

それでは気になる古橋弘光氏のトレード手法
スポットライトを当てていくことにしましょう。

 

古橋弘光氏は言うなれば業界人であったため、
現役時代は我々のような個人トレーダーよりも
良質な情報を迅速に入手していたはずです。

 

古橋弘光氏は販売ページでトレイダーズ証券などに務めていた時の経験から
機関投資家などのビッグプレイヤーが注目しているレベルで
エントリーすることの重要性を力説しています。

 

大量にオーダーが入っているポイントを事前に知ることが出来れば
トレードを有利に進めることができるというのは当たり前のことなのですが、
個人トレーダーレベルではこの当たり前のことをすることがなかなか出来ないので
「勝ち馬に乗りたければ俺のツールを使え」ということなのでしょう。

 

 

では実際に『みんなでFX』ではどのようにして
大量に注文が入っているポイントを知ることが出来るのでしょうか。

 

それはこの画像を見れば一発でわかると思います。

 

 

 

 

これはよく見慣れたMT4のチャート画像ですね。

 

そこに表示されている4本のラインを表示しているインディケーターこそが
みんなでFXのカギを握っている“キモ”となる秘密のツールです。

 

このRisingSunインディケーターを使うことで我々のような個人トレーダーでも
大量に注文が入っているポイントを事前に知ることが出来るとのことです。

 

 

また、このインディケーターは毎日自動的に計算され午前7時に更新され、
その日のオーダーの入りやすいポイントを朝のうちに知ることができるわけですね。

 

この4本のラインを描くインディケーターを元に
その日のトレードを組み立てて行くのが
『みんなでFX』のトレード手法のベースとなっているのです。

 

 

 

『みんなでFX』ではシンプルな3つの作業を毎日繰り返すだけ

 

古橋弘光氏の手法の一番の売りは何と言っても
個人トレーダーでも簡単に機関投資家と同じような環境でトレードできる
というところですが、具体的にはどのようなルールでトレードしているのでしょうか。

 

販売ページを見る限りでは、たった3つの作業を日々繰り返すだけで
古橋弘光氏の手法を再現するこができると謳われています。

 

 

 

 

1.朝7時に更新されたライン・ゾーンを確認
2.相場がラインやゾーンに触れたタイミングで条件に従ってエントリー
3.損切り・利確の設定を行い、決済されるまで待つ

 

 

「たったこれだけでいいの?」と思わず呟いてしまうほどシンプルですね。

 

古橋弘光氏の開発したRisingSunインディケーターにより、
大量の注文が入っているラインやゾーンが事前に判断でき、
罠を仕掛けて待つハンターのようなトレードが可能になるということです。

 

 

実際に購入して中身まで見たわけではないのですが、
この手法でいいなと思ったのは朝の7時にインディケーターが更新された時点で
その日のトレード戦略を思い描けることです。

 

発注時にストップロスとテイクプロフィットを入れてあるので
思いがけないような大損失を被る心配もありません。

 

 

このような簡単なトレード手法なのですが、
勝率は65~70%をキープしているようです。

 

上記でもお話ししましたが、『みんなでFX』の販売ページでは
古橋弘光氏のトレード実績が惜しみなく開示されているので
この手法で本当に勝てていることは間違いないでしょう。

 

 

さらに損切りが10~20pipsと非常に浅くなっている上に
利益確定注文はそれ以上の値幅を取っているので
リスク管理が非常にやりやすくなっているのもポイントです。

 

1回のトレードで全てを失ってしまうような
ギャンブル性がない堅実な手法は初心者に最適ですし
個人的にも好みのトレードスタイルです。

 

 

対応している通貨ペアに制限がないという点も『みんなでFX』の大きな特徴です。

 

どの通貨ペアでも有効なロジックなのでエントリーチャンスも多く
1日に10回程度はトレードすることができるようです。

 

1日に10回程度と聞くと少ないと感じる方もいるかもしれませんが
デイトレードですからこれだけエントリーチャンスがあれば上出来です。

 

 

インディケーターに従ったシンプルに体系化されたトレードルールで
毎日決められた3ステップを繰り返すだけで
通算勝率67.3%、月利平均14.1%を得られると考えれば
かなり利用価値の高い手法だと言えます。

 

 

 

『みんなでFX』で使用しているインディケーターは…もしかして?

 

『みんなでFX』のセットアップ画像のインディケーターを見て、
なんかどこかで見たことがあるようなラインを描いているな
と思った人は多いのではないでしょうか。

 

私もこのラインを見た瞬間にあるテクニカル分析が脳裏をよぎりました。

 

そのテクニカル分析とは「ピボット・ライン」です。

 

 

ピボット・ラインとは、前日の値動きを元に
当日の価格変動範囲を予測しようとするテクニカル分析のことで
非常にメジャーな手法です。

 

ピボット・ラインを参考にしているビッグプレイヤーも多いので
このラインの付近では跳ね返すような動きが出たり、
一気に突破しようとする動きが出たりするのが特徴です。

 

計算方法は前日の高値、安値、終値を元に計算されます。

 

前日終値:C
前日高値:H
前日安値:L

 

最初にピボットのセンターのラインでピボットポイントを計算します。

 

ピボットポイント(PP)=(C+H+L)/3

 

続いてレジスタンス1、サポートライン1を計算していきます。

 

S1=PP-(H-PP)
R1=PP+(PP-L)

 

さらにレジスタンス2、サポートライン2を計算していきます。

 

S2=P-(H-L)
R2=P+(H-L)

 

最後はレジスタンス3、サポートライン3を計算していきます。

 

S3=S1-(H-L)
R3=R1+(H-L)

 

手間はかかりますが
ピボット・ラインは非常に簡単な計算式で算出することができるのです。

 

 

ただ、チャート上を塗りつぶしている青と赤のインディケーターに関しては、
どのようなロジックで動かしているのかは全く見当がつかないですね。

 

もし私が作るとしたらトレンド系のインディケーターを使って
トレンドにより色分けするか、オシレータを使用して売られ過ぎ、
買われ過ぎにより色分けするかくらいしか思いつきません。

 

おそらくこのフィルターがこの手法の勝率に大きく関わっていると思うのですが…
古橋弘光氏がどのような考え方で色分けしているかは非常に興味深いです。

 

 

非常にシンプルでわかりやすい手法の『みんなでFX』なのですが、
もし自動化されたらさらに魅力がアップすると思います。

 

仮にこの手法がピボット・ラインの考え方をベースにして開発されていたとしたら、
EA化するのはそれほど難しいことじゃないはずです。

 

もしかすると近い将来にEA化されたバージョンが販売されるのではないかと
密かに期待してしまいます。

 

もっともEA化するとなるとバックテストで過去の成績が一目瞭然になってしまうので、
販売者側としたら判断に非常に悩むところでしょうが。

 

 

 

FXの情報商材としては今一番期待できるかもしれない

 

『みんなでFX』は金融業界での経歴が長い
元機関投資家によりプロデュースされているということで
今までありそうでなかったタイプのFX情報商材です。

 

 

機関投資家が複雑な計算式を基に算出したラインやゾーンを
MT4のインディケーターだけで再現できるのかということは気になりますが、
仮にピボット・ラインを元にしているのだとしたら
トレード手法としては悪くないと思います。

 

非常にシンプルなルールでわかりやすい手法を教えてくれそうですし
繰り返しになりますが、『みんなでFX』では古橋弘光氏本人による電話サポート
古橋弘光氏と実際に会える無料のセミナーなどもあるので
初心者でも『買ったはいいが使いこなせない』ということにはならないはずです。

 

トレード実績に関しても負けを小さく、
勝ちを大きくという基本的な部分がしっかりとしており、
一気に口座残高を失うという最悪の事態に陥ることもなさそうですから
健全に運用したいというトレーダーにとっても重宝するでしょう。

 

 

一方、FXの経験が長い場合は目から鱗の内容だと思う人もいるだろうし、
この内容だったら自分でセットアップできると感じる人もいるでしょう。

 

ピボットトレードを経験したことがある人は、
販売ページを読み解いていくことでなんとなくピンとくることがあるかもしれません。

 

逆にピボット・トレードの経験がない人には
初心者同様に購入する価値はあると思います。

 

あくまで現時点での見解なので断言はできませんが、
ベテラントレーダーの間では評価が二分しそうな気がします。

 

しかし、価格と内容を考えると十分良心的でそこそこ期待できる良い教材だと思います。

 

インフォトップで爆発的に売れている理由もわかりますね。

 

 

現在は販売終了となっていますが
『みんなでFX』に関してご質問などがある場合は
お気軽に私の方へお問合せ頂ければと思います。

 

古橋弘光氏の『みんなでFX』に関するご相談はこちら

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

 

コメント

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930