オークションに出回っている怪しい商材に注意

 

トレードで儲けるよりも楽な商材販売

 

巷では人工知能(AI)なるものがもてはやされていますが、
トレードの世界にも人工知能を駆使した
自動売買というものが流行の兆しを見せています。

 

大手のヘッジファンドなどではここ数年積極的に
人工知能の開発に取り組んでいるようです。

 

しかし、我々個人トレーダーにとっては
人工知能はまだまだ高嶺の花、欲しいけれども手の届かない存在です。

 

 

個人トレーダーのレベルでは、
EAを購入してMT4で自動売買をするのが限界でしょう。

 

最近では市販のEAのレベルも上がって来ているので、
EAを見る目さえしっかりしていれば儲けることも夢ではありません。

 

しかし、ビッグデータを分析してトレードしている人工知能に対して
分が悪いというのはある意味仕方のないことなのかもしれません。

 

たとえ良いEAに巡り合ったとしても
ファンダメンタルズの急変などで相場の状況が一変してしまえば、
今まで機能していたEAが突如として
使い物にならなくなることさえあるのですから恐ろしいですよね。

 

「相場には手を出すな」

 

こう親から言われて育ってきた人もきっと多いことでしょう。

 

 

これさえ守っていれば
相場で損をすることは100%ないという本当にありがたい名言です。

 

しかし、多くの人がこの教えを守ることが出来ずに
大損をして退場しているという現実を見ると
人間という生き物が欲望の前では悲しいほど無力だということがよくわかります。

 

 

一方でこの名言の重要さに気づいて
ノーリスクで稼いでいる人がいることをご存知でしょうか。

 

もしかしたら皆さんも一度はお世話になったことがあるかもしれません。

 

初心者のトレーダーにとっては救世主的な存在

 

もうおわかりですよね。
そうです、情報商材屋さんです。

 

 

彼らはトレードに関する情報を販売して儲けを得ているので
自分のお金をリスクに晒す必要がありません。

 

最近の商材は電子書籍がほとんどなので、
パソコンがあれば誰でも作ることができてしまうのです。

 

 

Webサイト構築のスキルさえあれば、
ランディングページを外注する必要もないので
イニシャルコストをぐっと下げることが出来ます。

 

ドメイン取得やレンタルサーバーの維持に費用がかかるくらいなので
1万円以内の初期費用で販売をスタートすることが可能なのです。

 

インフォトップやインフォカートなどの情報商材ASPに販売を委託してしまえば、
販売手数料を支払えば決済や集客までやってくれるので楽チンです。

 

 

これを読んでいると
自分の資金をリスクに晒してトレードするのが馬鹿らしく思えてきませんか?

 

テクニカル分析の知識が少しでもあれば、
初心者向けの情報商材など実は簡単に作れてしまうのです。

 

ネット上にはこのことにいち早く気づき、
トレードのノウハウやトレードするためのツールを売って
お金を稼いでいるような元トレーダー達が暗躍しているのです。

 

 

 

情報商材ASPに出品するためには審査が必要

 

情報商材ASPを利用して商材を販売している業者は
比較的まともな商売をしていると思います。

 

というのもこうした情報商材ASPでは法律に基づき
「特定商取引法に基づく表記」を義務付けているからです。

 

 

例えばインフォトップでは
「特定商取引法に基づく表記」の掲載例として
以下のようなテンプレートを用意しています。

 

・販売者名
・住所
・電話番号
・メールアドレス
・販売URL
・お支払い方法
・販売価格
・商品代金以外の必要金額
・販売数量
・お申込み有効期限
・商品引渡し時期
・商品引渡し方法
・動作環境
・返品・不良品について
・表現、及び商品に関する注意書き

 

 

販売サイトにこれらの項目を掲載することがASP利用の条件になるので、
身元を明かしたくないような怪しげな販売者は出品をすることが出来ません。

 

また、インフォトップの場合は書類による審査だけでなく、
電話による本人確認もあるので
虚偽の情報で登録した販売者などを事前に排除することが出来るのです。

 

 

というわけでインフォトップなどの
大手ASPに並んでいるような情報商材
比較的まともなものが多くなっています。

 

個人レベルで業者の作った商材に立ち向かうのは
かなりのスキルが要求されるので素人は別の販路を探すしかないみたいですね。

 

 

 

ヤフオクを覗くと情報商材がいっぱい

 

オークションといえば不用品などを処分する時に
便利な競売システムのことですが、
このシステムをインターネット上で展開しているのが
Yahoo!JAPANが運営している「ヤフオク」です。

 

ヤフオクには実用的な日用品から
レアなグッズまでありとあらゆるものが出品されており、
通販大手のアマゾンとは
また一味違った買い物ができるサイトとして人気があります。

 

 

オークションサイトして
健全に運営されているように見えるヤフオクですが、
実はかなりグレーな商品も出品されていたりします。

 

ヤフオクではガイドラインを設けることで
出品物に制限をかけているのですが、
出品されたものを一つずつチェックしているわけではありません。

 

そのためガイドラインに違反しているような
怪しげな出品物に出くわすこともしばしばあるのです。

 

 

試しにヤフオクのサイトを開き検索窓に
「副業 儲かる」と入力してみましょう。

 

ヤフオク(Yahoo!オークション)

 

 

 

 

かなり怪しげな匂いがプンプンしてきませんか?

 

オークションサイトなのに
情報商材屋さんで売っていそうなタイトルのものがゴロゴロ転がっています。

 

これだけ怪しげなものがあるなら
FX関連の商材もあるのではないかと検索してみたら、
予想していた以上に品揃えが豊富で充実していました。

 

 

MT4のインディケーターを使ったトレード手法や
EAを使った自動売買まで揃っているので、
商材好きの人なら見ているだけで楽しい気分になれるのではないかと思います。

 

 

 

ヤフオクで売っているEA

 

EAといえばfx-onやテラスなどで買うものだと思っていたので、
ヤフオクでEAが売っている事実を知ってかなり驚いています。

 

大切な投資のための資金を
ヤフオクで販売しているEAに委ねるというのは
ちょっと恐ろしさを感じてしまいますよね。

 

とは言うもののヤフオクに出品されているEA
どのようなものなのかすごく気になりますよね。

 

これは怖いもの見たさという一面もあるかもしれません。

 

 

「FX 自動売買」で検索すると現在112件もヒットします。

 

これだけあれば中には素晴らしいEAが1つくらいあるかもしれないですね。

 

 

 

 

とりあえず検索結果で気になった商品をクリックしてみましょうか。

 

 

 

 

なんといきなり勝率ほぼ100%を謳っているEAに巡り合ってしまいました。

 

いやー、これはラッキーですね。

 

「不労所得で完全セミリタイヤ 本気で実現」ってすごくないですか?

 

 

 

 

即決価格は48,000円なので高額な商品と言ってもいいでしょう。

 

fx-onでも48,000円の価格を提示しているEAはそれほど多くありません。

 

そう考えるとかなり強気の価格設定と言えると思います。

 

勝率100%なので多少価格が高くてもすぐに元が取れるという
出品者の言い分があるのかもしれないですね。

 

 

期待を胸に出品ページを眺めていたのですが、
このEAはかなりツッコミどころ満載でした。苦笑

 

通常EAの販売にはバックテスト結果が必ずと言っていいほど掲載されています。

 

しかし、この商品には詳細リポートはおろか
収益グラフすら載っていないのには驚かされました。

 

バックテスト結果については一切触れられていないということには
潔さすら感じてしまいます。

 

 

一応フォワードテスト結果らしきもののリンク先が掲載されていますが、
オプザイルがSNSに掲載したような画像が貼られているだけだったので
ガッカリさせられました。

 

ただこの結果を信じるしかないのでしょう。

 

この時代もっと信憑性のある公開方法はいくらでもあるのですけどね。

 

 

商品詳細の1行目に
「※米国大統領選挙時も抜群の結果がでました!」などと書かれているのですが、
一体どれくらいすごい結果を出したのか気になりますよね。

 

商品説明の1行目からこれだけ煽っておきながら
この時のトレード結果については全く触れられていません。

 

 

この出品者は購入者が知りたいと思っている情報をほとんど載せていないので、
この商品を落札する人はかなりのチャレンジャーだと言ってもいいかもしれません。

 

 

しかも、指定ブローカーがあることを
「注意事項と、よくある質問」で説明していることも
誠意がないと言わざるを得ません。

 

しかも指定ブローカーであるXM.com
イントロデューシング・ブローカー(IB)ですね。

 

 

 

 

この出品者がIBを利用しているかは定かではありませんが、
もしIBを利用しているとしたら
ブローカーから出品者へのリベートが発生しているはずです。

 

落札者がEAを使ってトレードするたびに
ブローカーから出品者へリベートが支払われるわけですから
一粒で2度美味しいわけですね。

 

落札者が指定口座でトレードしてくれる限り
永続的にリベートを得ることができるわけだから賢い出品者ですよね。

 

 

 

バイナリーオプションもカバー。オプザイルっぽい商材まで盛りだくさん

 

ヤフオクで販売されているEAを使って実際に儲かるかどうかは別にして、
情報開示という点においてはfx-onやテラスなどの
システムトレードを専門に扱っている業者とは大きな差があるようです。

 

どのようなロジックで動いているかもわからないようなEAを
平気で売っているような出品者を信用しろという方が無理ですよね。

 

最低でもバックテスト結果がないとEAの特性がわからないし、
フォワードテスト結果もグラフだけでいいので掲載して欲しいところです。

 

 

ヤフオクで販売されているEAを色々と物色した結果
絶望感しか感じなかったので、
EA以外の情報商材も探してみることにしました。

 

おっと、なんかどこかで見たことのあるような商材が出品されていますね。

 

 

 

 

この商品はバイナリーオプションのシグナルツール
人工知能を備えた勝率計算機能を搭載しているそうです。

 

画像を見る限りではMT4のチャートに
矢印と勝率を表示したインディケーターに見えますが、
これと似たツールはどこかで見たことがありますよね。

 

 

そうです、以前このブログでも紹介したことのある
「オプザイル」が販売していたツールにそっくりなのです。

 

オプザイルの販売するUSBツールの中身が判明!MT4とインディケーターのセットだった

 

 

商品説明の文章中に「ハイローオーストラリア」の名前が出てくることからも
オプザイルの流れを受け継いだツールである可能性は高い
と言えるのではないでしょうか。

 

実質無料などという新しいトラップを仕掛けてきているので、
もし落札しようとしている人がいたら実質無料の仕組みを納得いくまで
出品者に質問しておいた方がいいでしょう。

 

 

この出品者だけに限らずヤフオクでは
バイナリーオプションのシグナルツールが数多く出品されています。

 

共通していることは儲かることばかりをアピールしている点です。

 

シグナルツールがどのように機能しているのかについては
ほとんど触れられておらず、トレード実績なども掲載されていません。

 

 

SNSを中心に活動していたオプザイルの販売経路
徐々にオークションにシフトしてきていると見て間違い無いでしょう。

 

ヤフオクだけにとどまらずスマホのフリマアプリ
「メルカリ」にもバイナリーオプションの
シグナルツールが出品されていることからも、
SNSでのリア充アピールをあきらめ
オークションに販売の活路を見出そうとしていることが見て取れます。

 

 

ヤフオクやメルカリがこのような出品をいつまで容認しておくかはわかりませんが、
悪質なツールに騙されないためにも、

 

落札前には「商品説明をよく読む」、「不明な点は質問する」などといった
基本的なチェックをすることが重要です。

 

そして少しでも怪しいと感じた商材には
手を出さないことが懸命だと思います。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

 

コメント

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930