FXプラチナファンド・パーフェクトコピー 【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

クロスリテイリング株式会社の人気コピートレード商材

 

およそ2ヶ月ほど前にインフォトップで販売開始された
クロスリテイリング株式会社のコピートレード商材
FXプラチナファンド・パーフェクトコピーの売れ行きが好調なようで
ここ数週間の間、ずっとランキング上位をキープしています。

 

ここ数日の間で首位圏外に脱落したみたですが、
最近の中では比較的検証依頼の問い合わせが多い商材だったので
本日はこちらの商材の検証を行ってみることにしました。

 

 

販売元は情報商材業界では知名度の高いクロスリテイリング株式会社

 

クロスリテイリング株式会社の商材だと
以前に恋スキャFXビクトリーDXを検証しましたね。

 

恋スキャFXビクトリーDX ロジックを探る【検証レビュー】

 

 

この恋スキャFXはインフォトップの「殿堂入り」を果たした人気商材でしたが、
色々と調べてみたところ、クロスリテイリング株式会社から
リリースされている商材のほとんどがヒットを飛ばしているようです。

 

いわば、情報商材業者の中でもトップクラスに
需要のある会社ということになりますね。

 

クロスリテイリング株式会社の創業者はFXーJinこと
山口孝志氏ですが、現在は金本浩氏という方が代表を務めているようです。

 

 

またクロスリテイリング株式会社の傘下企業として
「一般社団法人 日本投資家育成機構」という会社もあり、
こちらの会社名義でもいくつかの商材をリリースされています。

 

クロスリテイリング株式会社

 

一般社団法人 日本投資家育成機構

 

 

どちらの会社のホームページも作りが丁寧で清潔感があって
健全な印象を受けますね。

 

情報商材の販売元のホームページは意外と雑だったり
ショボいのが多いので、クロスリテイリング株式会社のように
自社のホームページをここまで作り込んでいる会社は珍しいです。

 

さらに言えば、FXプラチナファンド・パーフェクトコピーもそうですが
クロスリテイリング株式会社の手がけるFX商材
ランディングページはどれもデザイン性が高く非常に見やすいですし
ついつい購買意欲が掻き立てられてしまいます。

 

これまで販売してきたFX商材がヒットしている理由
自社のホームページやランディングページの
デザイン性の高さという部分が一役買っているのかもしれませんね。

 

 

これだけ大ヒット商材を数多く販売している会社ですから、
今回のFXプラチナファンド・パーフェクトコピーにも期待に胸が膨らみます。

 

早速検証をしていきましょう。

 

 

ヘッジファンドマネージャー兼 現役トレーダー ライアン氏とは

 

FXプラチナファンド・パーフェクトコピーを
手掛けているのは、ヘッジファンドマネージャー兼
現役トレーダーのライアン氏
という人物です。

 

つまり、クロスリテイリング株式会社は
今回は販売を請け負っているだけということでしょうね。

 

このライアン氏という人物ですが、
ランディングページのプロフィールを見る限りでは
かなりの経歴を持った凄腕トレーダーのようです。

 

 

今回FXプラチナファンド・パーフェクトコピーの
販売に至った経緯は、もともとFX-jinがライアン氏へ
7年間資金委託をして運用していたことがある
というのが事の発端のようです。

 

 

ライアン氏は現在、シンガポールを拠点に活動しており
ヘッジファンドの運営兼、現役トレーダーということですが
れっきとした日本人の方です。

 

彼のトレードスタイルはEAでポートフォリオを組み
複利運用していくという王道的な戦略です。

 

この手の戦略は、個人的にも賛同できますし
どちらかと言えば肯定派な方です。

 

 

単一の戦略だけでトレードしていると相場の状況次第で
ドローダウンが大きくなったり、勝てない期間が長く続いたりするものです。

 

EA否定派のトレーダーも少なくありませんが、
EAにはこういったデメリットがあるのも事実です。

 

特に調子の悪い期間が長く続いてしまうと
そのEAを稼働させておくべきかどうか
選択に迫られることになりますし、
メンタル的にも健全でないことは言うまでもありません。

 

 

そんな時の対策として有効なのが
違う性格のEAを組み合わせた複利運用です。

 

簡単な例ですが、トレンド系のEAの場合は
レンジ相場が苦手な傾向が強いですが、
レンジ相場でのドローダウンをカバーするために
逆張り系のEAを組み合わせてポートフォリオを組むことで
ドローダウンのピークを最小限に抑えることができます。

 

EAの複利運用の最大のメリットはここにあるわけですね。

 

 

そしてライアン氏はこれまで8000種類以上もの
EA、ロジック、ツールを見てきたそうで
EAだけに限って言えば数百種類ものシステムを知り尽くしているとのこと。

 

実際それだけの数の売買戦略を検証するとなると
相当な時間とお金が必要になりますし、
この経歴が本当だったらFX-Jin氏が絶大な信頼を寄せているというのも納得です。

 

また、ライアン氏はこれまで7年連続で利益を出し続けていて
月単位で負けたのは3回のみということですが、
内2回はプラスマイナスゼロだったそうですから
実質マイナス月は1回だけという計算になります。

 

基本的には月利3~5%をベースに、
調子のよい時は最大で20%になることもあるそうです。

 

 

以上がランディングページへ記載されているライアン氏の経歴ですが、
実際に何というファンドを運営しているのかなど
彼の経歴の確証が取れる情報が何処にもないのは残念ですね。

 

立場上、あまり素性を明かしたくない人なのかもしれないですが
逆に言えば素性がはっきりしないトレーダーへ
資金を任せるのはかなり恐いことですからね。

 

個人的にはもう少し確証の取れる情報を開示してくれたほうが
期待値が高まったかなぁと思うと残念に思います。

 

 

FXプラチナファンド・パーフェクトコピーの利益実績

 

月利3~5%をベースに、調子のよい時は最大で20%にもなるという
FXプラチナファンド・パーフェクトコピーですが
これまた残念なことに長期的なフォワードテストの結果が公開されていないのです。

 

一応、利益実績は公開されていますが、
公開されているテスト期間は2016年10月4日~11月14日、
2017年1月26日~2月7日までの約2ヶ月分程度の結果しか公開されていません。

 

 

個人的にはテスト期間としては短すぎると思いますし、
少なくとも1年以上のフォワードテスト結果を見せてもらいたいところです。

 

 

売買戦略としては個人的にも好みなのですが、
やはりEAによる運用となる場合は
長期のフォワードテストの結果を見てないと
実際に利用するのは躊躇してしまいますね。

 

ライアン氏のプロフィールの所でも触れましたが
これまで7年間のトレードでマイナス月が1回のみ、
月利3~5%を安定して勝てているのであれば
もう少し長期のテスト結果を開示することができるはずです。

 

ちょっと話がズレてしまうかもしれないですが、
念のためクロスリテイリング株式会社から出ている
これまでのFX商材のランディングページもざっと見てみたんですが
会社から販売されている教材は
フォワードテスト結果を公開していないものが非常に多いです。

 

 

前回検証した恋スキャFXにしてもそうですが、
謳っている数字やロジックが魅力的なだけに
長期のテスト結果を開示していないのは本当にもったいないなと思います。

 

FXプラチナファンド・パーフェクトコピーに関して言えば
EAのコピートレードで本当にこれだけの結果が出せているという
確証のあるデータを公開してくれていれば
私も実際に運用してしばらく検証してみたかったんですが、
今の状態だと手を出すのはちょっと恐いですね。

 

 

FXプラチナファンド・パーフェクトコピーは10万円の資金で運用できる?

 

長期的に資産1億円を目指す
FXプラチナファンド・パーフェクトコピーでは
10万円、20万円という少額の資金から運用を開始しても問題ないということです。

 

ただここで一つ引っかかることがあります。

 

今はもう募集は締め切っているようですが、募集を行っていた当初は
FXプラチナファンド・パーフェクトコピーの価格は
月額で19,800円となっていて、
年間のまとめ払コースだと198,000円で販売されていました。

 

またコピートレードを行う上で必須になってくるのがVPSです。

 

VPSの料金は業者によってまちまちなんですが、
大抵は3,000円ほどの月額料金がかかります。

 

例えば月額コースで運用を行おうと思えば
FXプラチナファンド・パーフェクトコピーの料金と
VPSの料金を支払わなければいけないため
単純計算でも、毎月13,000円近くの維持費が必要になるわけです。

 

 

ここでもう一度FXプラチナファンド・パーフェクトコピーの
月利ベースを考えてみましょう。

 

FXプラチナファンド・パーフェクトコピーは
基本の月利ベースは3~5%ということでしたね。

 

月利3~5%ということですが、最も利益率が低い場合で考えて
月利3%で計算してみると全く採算があわないことがわかると思います。

 

例えば10万円で運用スタートして月利3%だった場合、
毎月の収益は3,000円という計算になります。

 

そして、毎月かかる維持費は13,000円ということですから
10万円で運用した場合、毎月10,000円ずつ資産が減っていくことになります。

 

月利3%ではなく5%だったとしても毎月の収益は5,000円ですから
維持費を差し引いて、毎月8,000円ずつ資産が減っていきます。

 

 

では、20万円で運用した場合はどうでしょうか?

 

20万円で月利3%となると、毎月の収益は6,000円です。

 

毎月の維持費が13,000円ですから、
20万円で運用した場合は毎月7,000円ずつ資産が減っていくことになり、
月利5%だった場合は収益が10,000円になりますから
毎月3,000円ずつ資産が減っていく計算になります。

 

 

これはごく当たり前のことですから、
この手法が悪いというわけではありませんので
そこはご理解頂ければと思います。

 

むしろ、毎月これだけの利率をキープできるということは凄いことです。

 

 

では、私が何が引っかかっているかというと、ランディングページ上で
「10万円、20万円からスタートしても問題ない」
とはっきり記載されていることです。

 

まぁ計算すればこれが現実的ではないということは誰にでもわかることですが、
投資経験のない素人がこのランディングページをみたら
そんな少ない資金でも1億円稼げてしまうんだ
無駄な期待をさせてしまうように思います。

 

 

また、少額の資金で運用する場合は
毎月積み立てて行けばよいと追記されていますが、
そもそも積み立てられる余裕がある人であれば
最初からそんな少額で運用することはまずないでしょう。

 

資金に関する説明は結構を誤解を招くような言い回しをしているので
FX初心者の方などは注意して読んだほうがいいでしょうね。

 

 

まぁ何だかんだと書いてきましたが、
フォワードテストの結果さえちゃんと開示してくれれば
とても興味深いコピートレード商材だと思います。

 

といっても今は募集終了しているので
どうやっても参加することはできませんが、
もしまた販売を再開することがあったら
今度こそ長期のフォワードテストを開示してくれることに期待したいですね。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

 

コメント