ドリームエージェントFX【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

世界1位の実績を誇るEAの進化版が登場

 

すでに1月も半ばですが、新年明けましておめでとうございます。

 

本当はもう少し早い段階で更新できればと思っていたんですが、
年明け早々色々とバタバタしていたのでこのタイミングになってしまいました。

 

今年は昨年以上に頻度を上げてブログの更新を行っていく予定ですので
今後ともご愛読いただければと思います。

 

 

さて、本日は2018年初めての商材検証ということで
年末から数件の検証依頼を受けていたドリームエージェントFXという
FXトレードツールの検証を行っていきたいと思います。

 

販売元はヘッジファンドバンキング株式会社

 

 

当ブログでこの販売者さんの商材を取り上げるのは今回が初めてですが
過去にいくつかの商材をリリースしており、
中にはロングセラーを記録している人気商材もあるので
FX商材販売業者としては比較的知名度の高い業者さんです。

 

そのヘッジファンドバンキング株式会社が現在販売している
最新のFX商材ドリームエージェントFXです。

 

 

ドリームエージェントFXはインヴァスト証券主催「シストレ24」
2016年度ストラテジー部門において年間アワード1位を獲得した
「MultiAgent」というEAのバージョンアップ版とのこと。

 

ご存じの方も多いと思いますが、
シストレ24は6000個にも及ぶ世界中のストラテジーの中から
好みのEAを選択して運用できるインヴァスト証券提供のFX自動売買サービスです。

 

単一での運用はもちろんのこと、ポートフォリオを組むことも可能となっています。
※同時に稼働できるストラテジーは3つまで

 

 

また、提供されているストラテジーはリアルタイムで成績が公開されているため
現在どのEAが好調かを判断できるオープンな情報開示がされています。

 

当然、常に成績が公開されているということは
成績不振なストラテジーは生き残ることはできません。

 

登録されているEAは6000個にも及ぶため、
ストラテジーの取捨選択に迷ってしまうということもありますが
中には年間で200%を超える利回りを記録する
レベルの高いストラテジーもあったりするため
イメージとしてはまさに「金山発掘」といった感じでしょうか。

 

 

年利200%超という成績でも非常に優秀なストラテジーと言えますが
2016年に見事NO.1を獲得したMultiAgent
「年間収益率439.96%」というモンスター級の成績を記録しています。

 

MultiAgentの2016年度の成績は、目を疑うような数字です。

 

 

ちなみにMultiAgentは現在、バージョンアップが施され
「MultiAgentEVO」という名前で個人へ向けての
シグナル配信サービスが提供されています。

 

MultiAgentEVO シグナル配信(公式サイト)

 

 

MultiAgentEVOシグナル配信はデイトレードのトレンドフォロー
対象通貨ペアはポンド円、ポンドドルとなっており
成行注文、もしくは指値注文でポジションを持ち
エントリーと同時にOCO注文でリミットとストップを設定します。

 

このシグナル配信は月額10,800円で利用することができますが
MultiAgentEVOのEA本体(54,000円)も販売されています。

 

MultiAgentEVO EA販売ページ(公式サイト)

 

 

このようにMultiAgentはシストレ24以外でも
直接購入して運用することができるようになっています。

 

 

 

ドリームエージェントFXの有効性を見てみる

 

MultiAgentの開発者は柿沢真正氏という人物ですが
今回のドリームエージェントFXを手掛けているのも同人物。

 

ドリームエージェントFXはシステム開発者による
バージョンアップツールということですね。

 

その上で、MultiAgentEVOとドリームエージェントFXとの最大の違い
EAでの自動売買かサインツールでのトレードかといった部分です。

 

基本のロジックはMultiAgentEVOと同様ですが、ドリームエージェントFXでは
エントリーポイントとストップ・リミットがシグナルとして配信され
ユーザーはその情報を元にポジションを持ち
エントリーと同時にOCO注文でリミットとストップを設定します。

 

 

さらに、もう一つの違いは対象通貨ペアの数です。

 

MultiAgentEVOはポンド円、ポンドドルだったことに対して
ドリームエージェントFXでは
以下の6つの通貨ペアで運用することが可能となっています。

 

・ユーロポンド(30分足)
・ポンド円(5分足)
・ポンドドル(5分足)
・ユーロドル(1時間足)
・ポンド円(1時間足)
・ドル円(30分足)

 

 

ドリームエージェントFXはサインツールなので、
毎回のトレードを手動で行う必要がありますが
それでも対象通貨ペア時間足を増やすことによって
より多くのエントリーチャンスを期待することができるようになっています。

 

ドリームエージェントFXのランディングページによれば
1日あたりのシグナル配信回数は50回以上とのことです。

 

 

2016年に年利439.96%を記録したモンスター級ストラテジーが
さらなる進化を遂げて登場したわけですから、
これは“買いだ!”と思う方もいるかもしれませんが
それはちょっと待ってください

 

というのも、ドリームエージェントFXの元となっている
MultiAgentが好調だったのは2016年のみで、2017年に入ってから負けを連続

 

2016年こそ年間アワード1位を獲得していますが、
2017年ではランキング圏外という散々な結果となっています。

 

 

さらに直近のフォワード実績
MultiAgentEVOのmyfxbookから確認することができます。

 

MultiAgentEVO myfxbook

 

 

 

このようにMultiAgentEVOは今年に入ってからも不調、
すでに破たんしたEAなのです。

 

現在はMultiAgentへの口コミや評価は決して高いとは言えず
むしろシステムの賞味期限
既に切れてしまっていると言っても過言ではありません。

 

恐らく、MultiAgentEVOの昨年の成績不振から起死回生を狙い
新たに構築されたのがドリームエージェントFXなのでしょう。

 

 

MultiAgentEVOは昨年は良い結果を残すことはできませんでしたが
バージョンアップしドリームエージェントFXとなったことで
システムの有効性を取り戻すことが出来ているのであれば
ドリームエージェントFXを購入する余地は十分にあるでしょう。

 

しかし、ドリームエージェントFXのランディングページでは
MultiAgentの2016年の功績を謳っているだけで
2017年の成績不振には一切触れられていないどころか、
ドリームエージェントFXのフォワード実績は全くの非公開となっています。

 

 

ドリームエージェントFXは『世界でも最も稼げているツールの最終進化版』
との謳い文句ですがシステムの有効性を示す情報がない以上、
ドリームエージェントFXの期待値は決して高いとは言えません。

 

さらに、『世界NO.1の実績を獲得した国宝級ツールがついに公開…』とありますが
ドリームエージェントFXの販売開始以前から
MultiAgentEVOはEAとして販売されていますから
柿沢真正氏のシステムが一般公開されるのは今回が初めてではありません。

 

透明性のある実績が公開されていない点や、
少々過剰ともいえる謳い文句には疑問を感じざるを得ません。

 

 

 

ドリームエージェントFXでは返金保証が用意されているが…

 

ドリームエージェントFXでは50万円の利益すら稼ぐことが出来なかった場合
商材購入代金を全額返金するという保証サービスが用意されています。

 

以下がその内容です。

 

 

万が一、「ドリームエージェントFX」を3ヶ月以上実践して、50万円以上の利益を得られない場合、当該商品代金を全額返金いたします。返金保証制度をご利用の場合、サポート保証期間内中、運営事務局指定の口座をご利用の上、100lot以上お取引くださいませ。なお、返金にあたりましては、氏名と住所が判別できる身分証明書(運転免許等の公的証明書)および、会員サイト内の全学習と実際の取引を証明する、取引履歴(キャプチャ等)の提出、ドリームエージェントFXを使って稼ぐために開催するVIPセミナーへご参加をお願いします。【返金手順】①会員サイト内の返金窓口をご確認ください②取引履歴をご用意ください ③受講者専用サイトからご連絡ください ④サポート事務局にて確認作業を行い、返金対象と判断した場合、銀行営業日にて24時間以内に指定口座に商品代金を全額返金対応をさせていただきます。

 

 

 

このようにドリームエージェントFXで返金保証を受けるには
販売者が指定する口座で3ヶ月以上、100ロット以上での運用を行う必要があります。

 

どのFX業者での運用を義務付けられるかは不明ですが、
3ヶ月以上運用しなければいけない点や
100ロット以上取引をしなければいけないというのはハードルが高すぎます。

 

1ロットの単価は業者によって異なりますが「1ロット=1万通貨」だった場合、
少なくとも100万円以上の運用が必要となります。

 

手元に余裕のあるユーザーであればまだ良いでしょうが
そうでないユーザーにとってはかなり不利な保証条件と言えます。

 

 

それ以前にMultiAgentの現在の運用成績を考えると
このシステムに資金を預けるのはかなり不安がありますし、
返金保証を受けられたとしても、商材代金を余裕で超えるほどの
損失を抱えてしまう可能性だってあります。

 

 

ランディングページでは運転免許証を掲載するなど
一見誠実そうに見える柿沢真正氏ですが、
ドリームエージェントFXの売り込み方に関しては
私の目にはどうしても“不誠実”に映ってしまいます。

 

 

2016年のみとは言え、
柿沢真正氏は一度は天下を取ったシステムの開発者ですから
ドリームエージェントFXのランディングページは
見ていて純粋に残念な気持ちにさせられます。

 

ドリームエージェントFXは若干ネガティブな評価となってしまいましたが
購入を検討している方は、このツールに資産を預ける価値があるかどうか
しっかりと吟味してから購入するか否かを
判断されることをおすすめします。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

 

コメント

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930