モンスター・トレンドゾーンFX【再検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

モンスター・トレンドゾーンFXを購入してみた

 

グローバル・ロイズ株式会社の新作ということで注目を集めた
モンスター・トレンドゾーンFXですが、現在は早くも販売終了となっており
これから購入することはできない状態となっています。

 

ですが、個人的にちょっと気になっていたということもあり
募集終了ギリギリでマニュアルを入手してみました。

 

この手の比較的人気の高いFX商材は一旦は募集を終了しても、
一定期間を置いて再び販売を開始するというケースが非常に多いので
恐らくモンスター・トレンドゾーンFXも改めて
募集が再開するのではないかと思っています。

 

 

今回の募集では購入するべきかどうかギリギリまで迷って結局購入しなかったけど、
募集終了になってやっぱり買っておけばよかった…
と後悔している方がちらほらいるようですので
そういった人は次回の再販に期待するしかありませんね。

 

 

さて、それでは本題に入っていきましょう。

 

モンスター・トレンドゾーンFXを購入すると購入者専用の会員サイトURLが送られ、
専用のIDとパスワードを入力することでサイトトップページへ入ることができます。

 

 

一昔前まではPDFベースでのマニュアル提供が一般的でしたが
最近はこういう会員サイトベースでの
マニュアル提供がスタンダートになっていますね。

 

その中でもモンスター・トレンドゾーンFXのサイトは
非常によく作り込まれている印象を受けます。

 

基本的に解説動画が掲載されており、
各コンテンツ共にとてもわかりやすく親切な作りです。

 

特に解説動画のクオリティーが高かったですね。

 

 

ランディングページの内容から初心者~中級者へ向けたFX商材
という印象を受けていましたが、このクオリティーならFXになれていない人でも
うんざりすることなく勉強していけると思いますね。

 

ちなみにトレードルールやロジックに関しては
ランディングページへ記載されている通りです。

 

モンスター・トレンドゾーンFX【検証と管理人評価】

 

手法やツールに関する説明でランディングページと
会員サイトでギャップがないという点は評価できるかと思います。

 

 

 

モンスター・トレンドゾーンFXを実際に使用してみて思ったこと

 

インケーターが重く上手く動作しないことも

 

モンスター・トレンドゾーンFXを使用して
まずわかったことは、MT4の動作にぶくなるという点です。

 

MT4の動作をにぶくしている原因はゾーンツールにあります。

 

モンスター・トレンドゾーンFXは5分足チャートのみで
トレードを行っていきますが、
このゾーンツールでは上位足(30分足)のマルチタイムフレームを採用しており
常に複数の時間足読み込んでゾーンを表示しています。

 

ツールの特性上、仕方ないといえばそれまでですが
MT4に負担がかかり動作が遅くなるというのはトレードを行う上で致命的です。

 

 

なんとか動作を軽くするために色々試してはみましたが、
もっとも有効な手段は通貨ペアを絞り込むことでした。

 

モンスター・トレンドゾーンFXではドル円、ポンドドル、ポンド円、
ユーロドル、ユーロ円の5つの通貨ペアが推奨されていますが、
ストレスのない環境でトレードするのであれば
多くても3通貨ペアまでの監視が無難です。

 

 

利益ライン自動生成ツールは使ったほうがいい

 

今回の検証にあたって、別売りの利益ライン自動生成ツールも購入してみましたが
モンスター・トレンドゾーンFXで運用するのであれば
このツールは使ったほうがいいというのが私の見解です。

 

モンスター・トレンドゾーンFXはゾーン発生から
3つ目の矢印まででエントリー、ゾーン終了で決済という
非常にシンプルなトレードルールですが
愚直にゾーンとサインだけに頼ったトレードでは
思ったような結果を得ることが難しいです。

 

 

モンスター・トレンドゾーンFXのロジックは
直近高値・安値ブレイクを狙ったトレンドフォローですが
ゾーンとサインだけでは明確なエントリーポイント
判断することは容易ではありません。

 

仮にゾーン内でサインが発生したとしても
ブレイクしたことをしっかりと判断できなければ
それは闇雲にトレードしていることと同じです。

 

 

また、ゾーン発生から3つ目までの矢印でエントリーということは
できるだけトレンドの初動を掴む必要があるということです。

 

そうなった時に、明確にブレイクを確認し
より速いポイントでエントリーするために必要となるのが
利益ライン自動生成ツールです。

 

常に高値・安値を確認しながらのトレードは
それなりにFX経験のあるトレーダーでも容易ではありませんから
モンスター・トレンドゾーンFXで
信頼できるエントリーを行うのであれば
利益ライン自動生成ツールを使用することをおすすめします。

 

 

裁量判断は必須!サインだけでは勝てない

 

こちらは利益ライン自動生成ツールを使ったほうがいいというところと被るのですが、
モンスター・トレンドゾーンFXに限らず
サインに従うだけで勝てるツールは存在しません。

 

そもそもサインに従うだけで勝てるんだったら
最初から自動売買にしてしまえばいいわけですからね…苦笑

 

 

モンスター・トレンドゾーンFXの会員サイトでも説明されているように
このツールを使って有利にトレードを進めて行くには
利益ライン自動生成ツールを使い高値・安値を確認しながら
信頼度の高いエントリーポイント、損切ラインの判断、
少しでも利益のとれるポイントで決済してく必要があります。

 

ブレイクポイントの判断や逆指値の位置、レンジでのトレードも
ほぼほぼ裁量がメインの手法となっています。

 

 

ランディングページを一見するだけでは
愚直にゾーンとサインだけを見てエントリーするだけでよい
と捉えてしまう人もいるかもしれませんが、
モンスター・トレンドゾーンFXのツールは
あくまで補助ツールと考えたほうがいいでしょう。

 

補助ツールを使った上で、
高値・安値ブレイクのトレンドフォロー裁量スキルを磨いていく
半裁量手法という見方が適切かと思います。

 

 

一度のトレードでの利益は大きい

 

モンスター・トレンドゾーンFXはリスクリワードが1:7のため
必然的に一度のトレードにおける利益は大きくなります。

 

一回で20pips、30pips取れることとかざらにあります。

 

しかし、注意したいのはサインの出現は以外と多いが
実際のエントリーチャンス多くないという点です。

 

先ほどまでの話とも繋がる部分ですが、
どちらかと言えばモンスター・トレンドゾーンFXでは
仕掛けるポイントの判断よりも配信されたサインを見送る判断の方が重要です。

 

 

サインに従って愚直にトレードすれば1通貨ペアだけでも
1日10回以上のエントリーチャンスに恵まれます。

 

しかし、高値・安値のブレイクによる
信頼できるエントリーポイントの出現は1通貨ペアあたり1日で3回程度です。

 

そう考えると、優位性のあるエントリーチャンスが
出現するまで待てる忍耐力のある人でないと
あまりおすすめはできない手法とも言えます。

 

いくら一回のトレードで利益を大きく取れるといっても
待てずに無駄なエントリーを行い、小さな負けを積み重ねていくと
思いのほかメンタル面での負担は大きくなりますからね。

 

 

仕掛けるべきか?見送るべきか?
相場を判断する冷静さが求められるわけです。

 

とはいえ、ブレイクポイントを判断するコツさえ掴めば
無駄なエントリーをすることもなくなりますから必然的に勝率高くなります。

 

エントリーチャンスこそ多くはないものの
一回一回のトレードで確実に数十pipsという利益を
コンスタントに得ていくことも不可能ではありません。

 

 

 

Support and Resistanceで利益ライン自動生成ツールの代用が可能

 

モンスター・トレンドゾーンFXはゾーンとサインだけで
簡単に勝ち続けられるような神ツールではありません。

 

本体のインジケーターに加えて、利益ライン自動生成ツールでの
ブレイクポイント裁量判断は必須です。

 

むしろ、裁量判断の方がメインと言える手法です。

 

 

しかし、本体の購入加えて別売りツールを購入する…
というのは金銭的に厳しい人もいるかと思います。

 

そこで、利益ライン自動生成ツールの代用として利用できる
フリーインジを紹介したいと思います。

 

Support and Resistance

 

 

Support and Resistance インストール方法

 

・Support and Resistance.mq4もしくは
Support and Resistance.ex4をダウンロード

 

・MT4を起動 > 「ファイル」メニュー > 「データフォルダを開く」

 

・Support and Resistance.mq4を「MQL4」フォルダ中の
「Indicators」フォルダへコピーもしくは移動

 

・ナビゲーターパネルの罫線分析ツール以下の
適当な空白部分で右クリックし更新、もしくはMT4の再起動

 

・罫線分析ツールの中からSupport and Resistanceを選択し
使用したいチャート上にドラッグ&ドロップ
※必要に応じ、パラメーターの調整を行う

 

 

これでモンスター・トレンドゾーンFXのチャートへ
利益ライン自動生成ツールの代用となるサポレジラインが表示されます。

 

利益ライン自動生成ツールと比較すると
Support and Resistanceのほうが若干細かく表示されますが
基本的にパラメーターをいじる必要はなくデフォルトのままで大丈夫です。

 

 

スキャルピングなどの短期トレードの場合は
高値・安値の少しの変化に対しても神経質になりますが、
モンスター・トレンドゾーンFXの場合は大きな波に乗り
ポジション保有時間が長いため、そこまで神経質になる必要がないためです。

 

お金に余裕がある人は両方試してみてもいいとかと思いますが、
Support and Resistanceでも
利益ライン自動生成ツールと同様のパフォーマンスを期待できるので
少しでも出費を抑えたい人はフリーインジで代用することをおすすめします。

 

 

 

モンスター・トレンドゾーンFXのまとめ

 

どちらかといえば、モンスター・トレンドゾーンFXは
中級者レベルのトレーダーさん向けでしょうね。

 

ランディングページではゾーンの色と矢印サインを見るだけで
簡単に勝てるように思ってしまいますが、
実際は直近高値・安値のブレイクによるエントリー判断や
損切ラインの判断、逆指値の位置、決済判断など…

 

実践者の裁量スキルが問われるストラテジーです。

 

 

チェック項目も以外と多いため、
比較的スピーディーな相場判断技術も問われますし、
FX初心者の方には若干荷が重い作業が結構多いのではないかと。

 

また、先ほどもお話したようにモンスター・トレンドゾーンFXは
積極的にエントリーしていくよりも、
エントリーを見送る判断のほうが重要になってきます。

 

これができないと、無駄なエントリーが増え勝率も低くなります。

 

逆に、しっかりと信頼度の高いポイントを見定められる
「待てる力」「忍耐力」のあるトレーダーさんには良いと思いますね。

 

 

前回、今回とモンスター・トレンドゾーンFXの検証を行ってきましたが
今後再販されることがあった場合、購入を検討している方は
この教材のメリット・デメリットというか
ストラテジーの傾向や特徴を考慮した上で
自分にとって買う必要のあるツールなのかを判断してもらえればと思います。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

 

コメント