古橋弘光氏の『みんなでFX』バックエンドオファー 機関投資家暴露倶楽部が炎上しているようだ

 

 

商材概要

 

『みんなでFX』バックエンドオファーへ批判殺到

 

当ブログでこれまで何度かレビューしてきた古橋弘光氏の『みんなでFX』ですが、
そのバックエンドオファー機関投資家暴露倶楽部炎上
参加者から批判が殺到しているようです。

 

『みんなでFX』のオファー概要や手法に関しては以下の記事を参照ください。

 

トレイダーズ証券出身 古橋プロデュース『みんなでFX』 -Rising Sun- 【検証と管理人評価】

 

古橋弘光氏の『みんなでFX』 -Rising Sun-【ロジックの検証と管理人評価】

 

 

古橋弘光氏はトレーダーズ証券出身の元機関投資家ということで
当ブログでも『みんなでFX』へ注目してきましたが、
この手法のウリであるRisingSunインディケーターがピボットベース
フリーインジケーターとほぼ同じであることも発覚しており
一部のユーザーから批判の対象となっていました。

 

現在はさらに、バックエンドオファーがあまりにも粗雑だということで
古橋弘光氏の評判はもちろんのこと、彼のオファーに対する信用度
一気に右肩下がりとなってきているようです。

 

 

かく言う私は、機関投資家暴露倶楽部には参加していませんでしたので
具体的な実情は把握できているわけではないんですが、

 

オファーへ参加したという数名の読者様からいくつか情報をいただいており
放置できない問題なのではと判断したため、
今回レビューとして取り上げることにした次第です。

 

ちなみに、機関投資家暴露倶楽部の参加費用は50万円という高額で
塾やスクールの部類の中でもなかなか敷居の高い価格設定だったようです。

 

 

まぁ古橋弘光氏の経歴や公開されているフォワード成績などを考慮すれば
それくらいの金額を支払ってでも参加する価値があるかもしれない…
と考えることもできますが、それにしてもちょっと割高かなと思いますね。

 

とはいえ、参加者の皆さんはこれだけの費用を支払ってオファーへ参加したわけですから
それなりの結果とスキルアップを期待していたことは容易に想像できます。

 

 

しかし、機関投資家暴露倶楽部の実情は販売価格とは見合わない
いい加減な内容だったようで、私が把握している限りでは
このバックエンドオファーに参加して勝てるようになったという方は一人もいません。

 

 

特に機関投資家暴露倶楽部で問題になっている点は以下の通り。

 

・参加者のほとんどが勝てていない
・参加者用コミュニティ掲示板の閉鎖
・不誠実なサポート体制
・返金へ応じない

 

 

この中でも一番の問題は、参加者のほとんどが勝てていないという事実でしょう。

 

一般的な塾やスクールよりも
高額の50万円という参加費を支払ってスキルアップが望めず、
トレードで結果も出せないとあっては参加者から不満が殺到して当然

 

 

結果的に参加者が自由にコミュニケーションを取ることを目的として設置された
コミュニティ掲示板は荒れに荒れ、現在は閉鎖に至っているとのこと。

 

こういった高額オファーの場合、参加者用のコミュニティ掲示板が用意されているのは
比較的一般的なコンテンツとなっていますが、その掲示板が荒れたからといって
運営側の勝手な判断で掲示板自体を閉鎖するというのはいかがなものかと思います。

 

運営側のこのような対応は、参加者にとって不安や不満を抱かせる原因となりますし
都合の悪いことにフタをするような、証拠の隠ぺい工作と取られても仕方ないでしょう。

 

 

さらに、サポートも粗悪だったようで、即答で返答がもらえないばかりでなく、
質問に対して的外れな回答が返ってきたり、濁すようなあいまいな回答しか
返信してもらえなかったという意見も少なくありません。

 

正直、塾やスクールとして全くもって成立していないことは言うまでもありませんし
50万円という参加費用は全く割にあっていませんし、
参加者をバカにしている悪質なオファーと言っていいでしょう。

 

これでは炎上して当然です。

 

 

それでいて、返金にも一切応じていないというのですから驚きですよね…。

 

『みんなでFX』ではあれだけ誠実だった古橋弘光氏ですが、

 

今回のバックエンドオファーで化けの皮が剥がれたのか?

 

それとも、自身の技量以上のオファーを企画してしまったがために
オファー講師としての力不足が露呈してしまったのか?

 

真相は定かではありませんが、
機関投資家暴露倶楽部はここ最近の高額オファーの中でも極めて質が低く
不誠実なオファーだったということは紛れもない事実です。

 

 

 

バックエンドオファーが炎上しても懲りない古橋弘光氏

 

以前、記事で取り上げましたが古橋弘光氏は現在
古橋弘光トレードトレーニングという
3ヶ月間のトレーニングWEBセミナーのオファーを実施しています。

 

古橋弘光トレードトレーニング【検証と管理人評価】

 

 

古橋弘光トレードトレーニングはMT4へ常設されているテクニカルの
応用技術を学ぶことのできるセミナーということで、
3ヶ月という長期のWEBセミナーでありながら29,800円という
非常に安価な価格設定で提供されています。

 

古橋弘光トレードトレーニングの検証記事でもお話したことですが、
このオファーのランディングページはとにかく簡素な作りとなっています。

 

 

『みんなでFX』では、デザインやオファーの概要、手法の解説など
とても作り込まれた内容となっていただけに
このギャップにはどうしても違和感を感じざるを得ません。

 

ここまでいうと極端かもしれませんが、
同じ販売者のオファーとは思えないほどのクオリティーです。

 

 

サポートも丁寧だった『みんなでFX』から、
粗雑な高額バックエンドオファー機関投資家暴露倶楽部
そして現在の古橋弘光トレードトレーニングと考えると
オファーを展開していく毎に質が落ちてきているのが見てとれます。

 

古橋弘光氏のFX商材で、私が購入したのは『みんなでFX』のみですが
正直なところ、現在の古橋弘光氏には魅力をいっさい感じませんし
『みんなでFX』以降のオファーには参加価値はないと判断しています。

 

 

それ以前に機関投資家暴露倶楽部で50万円のも参加費を徴収しておきながら
いい加減なコンテンツを提供し、
さらに価格破壊ともいえる格安で長期間のWEBセミナーを手掛けるなど
古橋弘光氏の活動内容には疑問を感じますし、
商材販売者としての信用性はすでに壊滅的と言っていいのではないでしょうか。

 

機関投資家暴露倶楽部への参加者へのアフターフォローもそこそこに
何事もなかったかのように新しい企画を立ち上げていること自体
“人としてどうなんだろうか?”と思ってしまいますが、
私の予想では、今後も懲りずFXオファーを販売していくのではないかと思っています。

 

 

これまでの経緯を考えるとトレーダーズ証券出身の
元機関投資家という肩書も霞んでしまっていますし、
現在はお金に目がくらんだ、単なる商材販売者に成り下がってしまった
というのが古橋弘光氏に対する私の印象ですかね。

 

 

 

古橋弘光氏のようなケースは決して珍しくはない

 

大手ファンド出身のプロトレーダーといった素晴らしい経歴を持ち、
自身の経歴や運用実績をしっかりと開示するFX商材販売者は増えてきましたが
誠実なのは最初だけで、後々ボロが出てくる
というオファーは決して珍しくありません。

 

 

古橋弘光氏のオファーはまさにそういった典型的な例
新しい企画を立ち上げる毎にコンテンツやサポートの質が低下していき、
誰の目からみても明らかに手抜きであることが見て取れます。

 

商材販売者は慈善事業ではなく営利目的でオファーを実施しているわけですから、
“金稼ぎの面”が多少見え隠れするのは仕方ないと思いますし、
むしろそういうものだと思いますが、

 

そのバランスが崩れてしまっては、せっかく築き上げてきた信頼も崩れますし
なにより自身の肩書や経歴を汚すことになります。

 

 

普通に考えれば、バカでもわかることだと思いますが
お金に目がくらんでしまうと、先のことすら考えれなくなってしまうんでしょう。

 

 

今回は古橋弘光氏の『みんなでFX』から機関投資家暴露倶楽部、
そして古橋弘光トレードトレーニングまでの一連の流れを例に
こういったオファーの危険性を取り上げてみましたが、

 

他のFX商材でも、購入者を蔑ろ(ないがしろ)にするような
オファーが今後出回らないとも限りません。

 

 

販売者の経歴や実績などをしっかりと公開していて、
如何にも信用できそうだと思うようなオファーであったとしても
少しでも不安や疑問に感じるところがあれば
当ブログへいつでもご相談いただければと思います。

 

投資商材に関するご相談はこちら

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

 

コメント