最新情報 GACKT氏出演の仮想通貨カンファレンスが中止になった件について

 

豪華ゲスト陣が参戦予定だったSPINDLE(スピンドル)企画のカンファレンスに赤信号が点灯

 

GACKT氏が関わる仮想通貨 SPINDLE(スピンドル)が炎上中? 詐欺との指摘もあるがその真相は

 

5月1日(火)幕張メッセ国際展示場にて、仮想通貨の未来を語る大型カンファレンス
「BLOCK ONE powered by SPINDLE」が開催される予定でした。

 

このイベントはGACKT氏が参画する大型ICOプロジェクト、
SPINDLE(スピンドル)が企画しているカンファレンスとなっており
イベント出演者にはタレント・ミュージシャンとして有名な
GACKT(大城ガクト)氏を筆頭にAppBankのマックスむらい氏

 

Bitcoin.comの代表であり世界的投資家である
通称【ビットコインの神】ロジャー・バー氏といった
そうそうたる面々の名前が挙がっていました。

 

「BLOCK ONE powered by SPINDLE」イベント詳細

 

 

会場:千葉・幕張メッセ国際展示場10ホール
日時: 5/1(火) 開場18時・開演19時(入場料無料・全席自由席)

 

問い合わせ先:SPINDLE事務局
(event@spindle.zone)

 

出演者:
[SPINDLE core member]
平井政光 (SPINDLE CEO)
佐野文彦 (SPINDLE Architectual Advisor / Japan Cultural Envoy FY2016)
溝部拓郎 (SPINDLE CTO)

 

[Special Guest]
Roger Ver (Bitcoin.com)
マックスむらい (AppBank株式会社取締役CCO)
Anton Dzyatkovskiy (Platinum Listing)

 

and…GACKT OSHIRO (SPINDLE Chief Strategist)

 

 

 

各界の著名人が参戦するビッグイベントということで、
イベント開催目前にはネット上でも大きな反響を集めていましたし、
当ブログ読者様の中にも足を運ぼうと考えていた方も多かったのではないかと思います。

 

当然、私も参加するつもりでいましたが、
当日直前になって急きょイベントの開催中止が発表。
※厳密には開催延期

 

これだけの面子が一堂に会する機会は滅多にないだけに
非常に悔やまれる結果となりました。

 

 

「BLOCK ONE powered by SPINDLE」が延期することとなった主な理由は
会場のキャパシティーにたいして約4倍以上の参加希望者が集まったためとのこと。

 

現在は公式ページからイベント開催延期の詳細を確認することができます。

 

「BLOCK ONE powered by SPINDLE」【緊急告知:イベント開催延期のお知らせ】

 

 

2018 年 5 月 1 日幕張メッセにて開催予定の「BLOCK ONE powered by SPINDLE」は、無料招待枠 3,000 人の会場キャパシティーに対し、イベント登録フォームに 12,000 件以上の応募がありました。

 

会場に自由に入場できる方式を採用していたため、このまま開催を続行しては混乱・大事故を招く危険な状態になると判断し、お客様の安全を第一に考慮し止む無く開催を延期する事になりました。

 

イベント開催を楽しみにされていた皆様には心からお詫び申し上げます。
今回の「BLOCK ONE powered by SPINDLE」は、我々の事業の説明・上場等の発表を実施する予定でしたが、こちらが予想していた人数を大幅に上回る反響により、SPINDLE の上場前に日本でのカンファレンス開催に際し、万が一の事故が起きた場合、上場に悪影響が出ることを内部関係各所で懸念事項としてあげられました。

 

つきましては、「BLOCK ONE」の開催日程・場所を上場後に変更させて頂きます。
また、Conference Airdrop Program を実施予定しておりましたが、今回の変更により、お申込み頂きました全ての皆さまに Airdrop を付与させて頂きます。

 

「BLOCK ONE」の開催日程が確定でき次第、ご登録頂きました皆さまには、ご連絡を差し上げます。楽しみにされていた多くの方たちには非常に申し訳ない気持ちでいっぱいですが、事故が起こってしまっては上場前に本末転倒な事となります。
そのような事はホルダーの皆さまも望んでいない事だと思っておりますので、何卒、ご理解・ご協力を頂けましたら幸いです。引き続き、SPINDLE の応援をよろしくお願い致します。

 

SPINDLE 運営事務局

 

 

 

「BLOCK ONE powered by SPINDLE」への参加は完全無料となっており、
会場はキャパ3000人の幕張メッセ国際展示場。

 

当日は会場へ自由に出入りすることができる方式を取っていたため、
収容キャパシティーをはるかに超える数の来場者が訪れると
混乱や事故を招く危険性があると判断したことから
イベントの開催を急きょ延期にするという判断を下したというわけですね。

 

そして、今回のイベント中止についてGACKT氏は以下のように表明しています。

 

 

今回のイベント楽しみにしてくれていたSPINDLEホルダーの皆さん、そしてSPINDLEを応援してくれていて当日会場に足を運んでくれようとしていた皆さん、ギリギリまで頑張ってくれている関係者の皆さん、今回、運営本部の判断で来場者の安全を第一に考え、苦渋の決断で延期を決定しました。

 

理由は、公式発表した通りで、会場キャパに対し4倍以上もの応募があり、尚且つ自由に入場できる方法であった為、このままでの開催は危険と運営本部が判断したからです。

 

ボク自身も、参加するのを本当に楽しみにしていたイベントだけに残念でなりませんが、運営本部のこの英断を支持します。

 

 

音楽ナタリー/GACKT出演の仮想通貨カンファレンス、来場希望者多数で中止に

 

 

 

「BLOCK ONE powered by SPINDLE」の中止には多少の違和感もある

 

「BLOCK ONE powered by SPINDLE」の開催中止を惜しまれる声が多い中、
個人的には若干の違和感を感じているのが正直なところです。

 

そもそもの話ですが、実業家としての大城ガクト氏はもちろんのこと
それ以前にタレントやミュージシャンとしてアジア圏で高い知名度を誇る
GACKT氏が登壇するイベントなわけですから、相当数の来場が見込めることは
想像に難しくはないはずです。

 

 

参加費無料で誰でも自由に出入りできる方式をとっていたことに関しては
参加者からすれば良心的なイベントと受け取ることができますが、
今回のように予想をはるかに上回る数の応募が募った際
そういったスタンスではイベントの開催自体が難しくなるというのは
誰にでもわかることだと思います。

 

ましてAppBankのマックスむらい氏
Bitcoin.comの代表ロジャー・バー氏なども登壇するとなれば、
GACKT氏のファン層だけでなく、それ以外の層からも多くの需要が集まることは必然。

 

 

それであるにも関わらず、出入り自由、参加費無料、
たった3000人のキャパシティーの会場でイベントを開催するというのは
運営側の計画性が少々足りなかったのでないかと言わざるを得ません。

 

それ以上のキャパシティーの会場を確保できなかったのであれば、
せめて先着申し込み者のみの募集や、抽選での募集など
入場を制限してイベントを開催する方法はいくらでもあったはずです。

 

その上で、イベントの様子を後日ネット上で配信するなどすれば
当日参加できなかった人にもカンファレンスの内容を
無料で視聴してもらうことができるわけですからね。

 

 

とはいえ、今回のイベント開催を通してさらに大きな注目と話題を集めた
ガクトコインことSPINDLE(スピンドル)ですが、
このままでは“話題性だけで盛り上がる仮想通貨”になってしまいそうな気もします。

 

SPINDLE(スピンドル)の利益性や信頼性についてはまだ未知数なところがあり、
今回のカンファレンスで投資する価値のあるIOCなのかを判断できる
良い機会になるかと思っていただけに
イベントが中止となってしまったことは私も非常に残念でなりません。

 

 

また、「BLOCK ONE powered by SPINDLE」が改めて開催されるスケジュールや
最新情報等は今のところまだ発表されておらず、
今後どのような展開を見せるのかは不明ですが
関係者には各界の影響力がある人物も多いことは事実ですし、
個人的にも興味深く思っていることは正直なところですので、

 

GACKT氏をはじめ、SPINDLE(スピンドル)の今後の動向には
私も注意深く調査と情報収集を行っていきたいと考えています。

 

 

当ブログには今回の件に関するお問い合わせも増えており
読者様の中にもSPINDLE(スピンドル)へ注目している人も多いようですので
今後、何かしらの進展があった場合は最新情報を
いち早くシェアさせて頂きますので
当ブログの記事を定期的にチェックしておいて頂ければと思います。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

 

コメント