ゆっくり5分足スキャルピング【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

月利100%超えも余裕と豪語するFX裁量手法

 

読者様より検証依頼を頂きました。

 

本日検証を行うのは、『月利100%超えも余裕』とうたうFX裁量手法、
ゆっくり5分足スキャルピングです。

 

販売ASPはインフォカートで、
今田雅雄氏という人物が手法考案、販売を手がけています。

 

今田雅雄氏は現在、現在十数個のシステムトレードと
複数の裁量トレードで資産運用を行っているとのことですが、
その中でも最も利益を出せているのが、ゆっくり5分足スキャルピングだそうです。

 

 

FXトレードの中でも特に難しいのがスキャルピングですが、
それでいて初心者の方から人気が高いのもスキャルピング。

 

スキャルピングはデイトレやスイングトレードなどのように
チャートの中に規則性を見出すことが極めて難しく、
1分足などの短期足チャートは“ほぼノイズ”といって過言ではありません。

 

ですから、こういうパターンの時は次はこう動くだろうとか、
現在のトレンド、もしくはレンジはまだ継続するだろうなとか、
ここでブレイクしてトレンドが転換するだろう、
もしくはそのまま突き抜けてトレンドを継続するだろうといった
チャート分析を行うのが非常に難しいわけです。

 

 

しかしながら、短期トレードのため短時間で結果がでることや、
トレードチャンスが多いこと、ポジション保有からすぐに決済となるため
決済まで長時間待つことの精神的負担が軽いことなどから

 

『スキャルピング = 気軽に稼げる』

 

と感じる人が多いのでしょう。

 

そういった期待を胸に、スキャルピングに挑戦して
短期トレードの洗礼を受けた人も少なくないと思います。

 

そして、多くのトレーダーがデイトレやスイングトレードのほうが
スキャルピングより、より易しいことに気づくものです。

 

 

とはいえ、「簡単に稼げますよ!」という最新の手法が販売されれば
気になってしまうのが人の常というものです。

 

ゆっくり5分足スキャルピングのランディングページでは
かなり強気なうたい文句が掲載されていますが…
本当に『月利100%超え』を余裕で実現できる手法なのでしょうか?

 

 

 

ゆっくり5分足スキャルピングは押し目・戻りで仕掛けるトレンドフォローか

 

ゆっくり5分足スキャルピングの特徴は
スキャルピングでありながら「ながらトレード」が出来るという点。

 

1分足などよりも余裕をもってトレードすることができます。

 

残念ながらロジックはブラックボックスとなっており
具体的なストラテジーの詳細は不明ですが、
トレード画像を見る限りでは押し目・戻りで仕掛ける
トレンドフォローのように思います。

 

 

今田雅雄氏はクロス円、ドルストレート系
運用しているようですが通貨ペアの指定はありません。

 

また、あまりスプレッド幅のない時間帯でのトレードが推奨されており、
朝8時からチャートのチェック、9時以降からトレードを開始します。

 

トレンド発生時の押し目・戻りを狙っていきますので
9時~11時、15時~18時、21時~23時ころのトレードが理想でしょうか。

 

 

大まかなトレードルールは、5分に1回程度のチャートチェックで、
エントリー条件がそろった次の足でエントリー。

 

エントリー後はOCO注文(±10pips)を入れて自動決済を待ちます。

 

ゆっくり5分足スキャルピング 概要

 

・ロジック:押し目買い・戻り売りトレンドフォロー
・執行時間足:5分足スキャルピング
・推奨通貨ペア:全通貨ペア
・決済方法:OCO注文(±10pips)
・勝率:77.3%

 


 

 

 

公開されいてる実績はわずか1週間分

 

ゆっくり5分足スキャルピング実践者に
月利100%を実現することに相当の自身があるという今田雅雄氏。

 

また、月に数十万~数百万円の収入を目指すことが
可能ともうたっていますが、
どれだけの利益を得られるかは実践者の資金量次第…。

 

実践者によって得られる収益は一概に言えないわけですから
毎月何十万~何百万も稼げるなんて言ってしまっていいのでしょうか?

 

さらに言えば「目指す」という曖昧な表現も気になります。

 

 

その上で、ゆっくり5分足スキャルピングのランディングページで
公開されている今田雅雄氏実績を見てみましょう。

 

 

こちらの実績、運用期間は2019年2月4日~2月8日までの
わずか1週間のみのデータとなっています。

 

結果は17勝5敗(勝率77.3%)ということですが、
たった1週間のデータでは、たまたま調子が良かったところだけ
ピックアップしたのでは?と疑われても仕方ありません。

 

『月利100%』を豪語するにはあまりにも運用期間短いですし、
不親切感は否めません。

 

たったこれだけのデータでは
手法の優位性証明するのに無理がありますね。

 

 

 

ゆっくり5分足スキャルピングの収益シミュレーション

 

ランディングページでは、
今田雅雄氏によるゆっくり5分足スキャルピングの
収益シミュレーションが掲載されています。

 

 

シュミレーションの条件

 

ロット1万通貨

 

TP(利益)=10pips
SL(損失)=10pips

 

勝率は70%で計算しています。
手数料は省いています。

 

10回トレードした場合の損益シュミレーション

 

利益:1000円(10pips)×7=7000円
損失:-1000円(-10pips)×3=-3000円

 

7000円-3000円=+4000円

 

トレード1回あたりの利益=+400円

 

となります。

 

※便宜上ドル円で計算しています。

 

トレード回数は人それぞれの環境で違うと思いますが
仮に1日5トレードとして月曜日から金曜日まで週5日、月平均22日
何かの事情で出来ない日が2日あるとして月20日間とします。

 

1ヶ月のトレード回数=20日×5回=100回

 

1回あたりの利益400円×100回=40000円

 

となります。

 

1万通貨で運用すれば月約4万円です。

 

10万通貨で運用すればこの10倍になります。
月に40万円の収入なら十分生活はできると思います。

 

引用元・ゆっくり5分足スキャルピング 公式サイト

 

 

 

さらに、今田雅雄氏お勧めの運用法として、
運用開始最初の週は1000通貨でスタート、
次週は5000通貨、さらに次の週は1万通貨というように
徐々にlot数を増やしていくことが推奨されています。

 

しかし、冷静に考えて運用開始から2週間後には損益が5倍
さらにその翌週には損益が10倍になるわけですから
潤沢運用資金を持ち合わせていないトレーダーにとっては
現実的とはいえない運用法です。

 

 

先の収益シミュレーターに関してもそうですが、
今田雅雄氏のこれらの話は「上手くいったら」の話です。

 

ロジックの詳細も非公開の上、
自身の長期のフォワード実績も非公開

 

それでいて、「上手く行けば稼げます」というような
シミュレーションや運用法の解説には疑問を感じざるを得ません。

 

 

おそらく、FX初心者の方を対象に販売しているのでしょうが、
ランディングページの内容をみても、解説が不十分であったり、
不明瞭な言い回しや説明が目立ちますので、
今田雅雄氏の講師としての期待値にも不安が残ります。

 

講師自身が優秀なトレーダーで、いくら手法に優位性があっても、
講師が講師として“教えるセンス”がない人間の場合は注意が必要です。

 

“教えるのが下手な人間”は上手く人を育てることが出来ません。

 

 

絶対と言い切ることはできませんが、
ランディングページの解説や説明いい加減だったりする商材は
往々にしてマニュアルいい加減なものです。

 

もろもろを考えると、ゆっくり5分足スキャルピングの購入は
慎重に考えたほうがよさそうですね。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

 

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031