FX-Katsu スキャルピングトレーダー養成アカデミー【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

FX-Katsu氏によるFXスクールが開校

 

クロスリテイリング株式会社、
一般社団法人 日本投資家育成機構でおなじみの講師
FX-Katsu(鈴木克佳)氏によるFXスクールが開校しました。

 

日本投資家育成機構はつい最近も“元ホームレストレーダー”という
異色の経歴を持つ本庄翔悟氏によるバイナリーオプション、FX兼用の
サインツールが販売されたばかりですが、
前作の発表から間髪入れず、早くも新作を発表。

 

 

しかも、今回は数万円のFX商材ではなく
参加費50万円もする高額のFXスクールです。

 

ランディングページでは、同社を代表する講師
FX-Jin氏も登場しており、今回のスクールは
FX-Katsu氏とFX-Jin氏が3年の歳月をかけて作り上げた
スキャルピングロジックとツールを提供してくれるとのこと。

 

 

また、FX-Katsu氏は“引退覚悟”で今回のスクールを開校したそうで
そうとうな力の注ぎようだと感じさせられる内容に仕上がっています。

 

ランディングページでは

 

・年収1億円も自由自在
・たった2週間で464万円
・勝率95.53%
・成功率100%

 

といった、桁外れの数字が掲載されており
良くも悪くもクロスリテイリンググループらしい
インパクトのあるページに仕上がっています。

 

 

ちなみに、今回はFX-Katsu氏の取引口座2週間分公開されています。

 

 

今回の手法の「2週間で464万円」「勝率95.53%」という数字は
この検証結果のことのようです。

 

今回はかなりの高額オファーであることに加えて
3年の歳月をかけて作り上げた手法ということですから
直近2週間以外の実績も公開されるかと思いましたが、
残念なことにそれより過去のデータは確認できません。

 

3年の歳月もかけて作り上げたのであれば、
もう少し長期の実績を公開できると思うのですが…

 

まさか、ロジックの構築とツールの作成に3年かかって、
検証は2週間していないというオチだったら笑えませんからね。

 

どちらにしても50万円もする高額オファーにしては
公開されている実績結果のボリュームがあまりにも少なすぎますし、
現時点でFX-Katsu氏が謳う、収益勝率“アテ”になりません。

 

 

 

学べるのは2種類のスキャルピング手法

 

FX-Katsu スキャルピングトレーダー養成アカデミーへ参加し
教えてもらえる手法は、1分足の「ハイスピードスキャル」
5分足の「マジックスキャル」という2種類のスキャルピング手法です。

 

ハイスピードスキャル ロジック概要

 

 

ハイスピードスキャルは、押し目・戻りでしかける
レンジ相場に特化した1分足スキャルピングロジックです。

 

推奨通貨ペアはドル円、ユーロドル、ユーロ円、ポンドドル、ポンド円、
オージー円、オージードル、NZ円、NZドルの9通貨ペア

 

時間足は1分足の超短期で、エントリーサインの方向に従ってエントリー
エントリー後はOCO注文で決済となります。

 

また、1日のエントリーチャンスはだいたい200回くらいとのことです。

 

 

マジックスキャル ロジック概要

 

 

マジックスキャルは、レンジブレイクでしかける
トレンドフォローブレイクアウトロジックです。

 

推奨通貨ペアはオージー円、オージードル、ユーロ円、ユーロドル、
ポンド円、ポンドドル、ドル円の7通貨ペア

 

時間足は5分足で、ハイスピードスキャル同様
エントリーサインの方向に従ってエントリー
エントリー後はOCO注文で決済となります。

 


 

レンジではハイスピードスキャルでコツコツと
利益を積み重ねていき、レンジブレイクからの
トレンド発生でマジックスキャルで大きく利益を狙うという
2段階の利益獲得ポイントが用意されていることになります。

 

手法としては極めてオーソドックス

 

無裁量手法ではありませんから、サインの取捨選択必須ですが
ツールをベースにトレードすることが前提ですので
手法の優位性は付属のサインツールの精度に左右されます。

 

しかしながら、先ほども触れたように
今回の手法の検証結果は“たったの2週間分”しか公開されていません。

 

裁量が入るため、全員が全員同じ結果を期待できるわけではありませんが
公開されている実績のボリュームだけでは
ツールの優位性判断することはできないと言っていいでしょう。

 

 

 

魅力的なサポート環境が用意されている点は評価できる

 

オーソドックスかつ目新しさのないロジックに加えて、
わずか2週間分の実績しか公開しておらずツールの優位性が不透明なことから、
今回の手法に関してはさほど大きな期待はできなさそうですが

 

参加者へ用意されているサポート環境は非常に充実しており
そういった点に関しては「スクールとして期待」できそうな気がします。

 

 

ちなみに、FX-Katsu スキャルピングトレーダー養成アカデミーの
受講期間は1年間となっていて、この1年間で2つの手法の
実践的なノウハウを学んでいくことになります。

 

注目するべきは、オンラインだけではなく、
FX-Katsu氏と実際に会えるリアル学習コンテンツでしょう。

 

オンラインコンテンツだけでも、特別ミーティング&勉強会、
毎週のオンラインセミナー(全48回)、回数無制限サポート、
FX-Katsu氏のトークショー配信(3ヶ月に一度)
など
参加者にとってうれしいサービスが用意されていますが、

 

リアルコンテンツでは、毎月のリアルセミナー(全12回)、
毎月の特別懇親会(参加権)、集中トレーニング合宿(参加権)、
入学式セミナー(4月27日(土)都内にて実施)、入学式懇親会
など
FX-Katsu氏から直に指導を受けらえるはもちろん、
他のスクールメンバーとコネクションを広げることも出来るようになっています。

 

 

さらに、コミュニティ専用のLINEグループを利用し
リアルタイムで情報を共有することができたり、
FX-Katsu氏との個別ラインで一対一で直接コンタクトを取ることも。

 

 

 

このようにスクール受講期間の1年間は、オンライン、リアルを通して
常にFX-Katsu氏から最新情報を受け取りつつ指導を受け、
他のメンバーと情報共有することができるようになっているため
そういった部分を考えれば、さすが50万円だけの価値はあるなと思いますね。

 

 

 

FX-Katsu氏のファンならば参加してみてもいいかも?

 

FX-Katsu スキャルピングトレーダー養成アカデミーは
プロモーションスタート時から、かなり力が入っているなと感じていましたが
これだけのサポート環境を用意していることを考えれば納得かもしれません。

 

手法に限っていえば、値段に対してかなり微妙ですが…

 

ハイスピードスキャルとマジックスキャルを目的とするのではなく
FX-Katsu氏から実践トレード指南を直接受けるという目的であれば
そこまで悪くないのではないかと思います。(それでもちょっと高いですが)

 

毎週、毎月のペースでオンラインセミナーやリアルセミナー
らには懇親会や合宿などといったリアルタイムの学習コンテンツが
更新されていくわけですから、スクールとしてのクオリティ申し分ないでしょう。

 

とは言っても、
FX-Katsu氏のファンでない人がこのスクールに参加しても微妙でしょうね。

 

 

このスクールの魅力は、何と言ってもFX-Katsu氏からの直接指導です。

 

公開される手法に“確かな優位性がある”と判断できる情報が公開されていれば
人を選ぶことなくおすすめすることはできるかと思いますが、
流石に2週間しか検証してない手法を学ぶために
50万円を支払おうなんていう人はいないと思います。

 

 

FX-Katsu スキャルピングトレーダー養成アカデミーへの
参加を検討している人は、例外なくFX-Katsu氏のファンの方だとは思いますが、
もしも参加するのであれば、このスクールに何を求めるか
冷静に考えてから決断することをおすすめします。

 

くどいようですが、手法の優位性が不透明な以上
ランディングページで謳われているような、年収1億円を自由自在に稼げるとか、
2週間で464万円稼げるとか、勝率95.53%で勝てるといった部分には
大きな期待を寄せないことが無難でしょう。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

 

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031