増田式・副業革命の株式会社アセットキューブ【クロスリテイリングとの関係性について】

 

情報業界最大手クロスリテイリング株式会社 さらなる事業拡大か

 

当ブログでも何度か取り上げている情報業界最大手の販売業者
クロスリテイリング株式会社がさらなる事業拡大を進めています。

 

C&Gホールディングス株式会社を母体とするグループ企業、
クロスリテイリング株式会社の創始者(ファウンダー)はFX-Jinこと山口孝志氏

 

また、同企業の関連企業として

 

・日本投資家育成機構
・グローバルロイズ株式会社

 

を設立し、これまでこの3社で投資関連の情報商材を
数多くリリースしてきました。

 

 

さらに平成27年(2015年)3月には株式会社アセットキューブ
という新たな法人も設立し、今や情報業界において
最も高いシェア率を誇る「情報商材販売業者」として
不動の地位を確立したと言っていいでしょう。

 

ちなみに、つい最近、株式会社アセットキューブより
「増田式・副業革命」という高額商材がリリースされましたね。

 

増田式・副業革命

 

増田式・副業革命は転売系ネットビジネスノウハウなので
当ブログで取り上げる情報商材ジャンルとは異なりますが、
株式会社アセットキューブとクロスリテイリング株式会社の
関係性について以外と知らない方が多いようなので
このタイミングで記事にまとめてみることにしました。

 

 

 

株式会社アセットキューブでは高額オファーがメインかもしれない

 

会社概要 | 株式会社アセットキューブ

 

山口孝志 代表挨拶 | 株式会社アセットキューブ

 

事業内容 | 株式会社アセットキューブ

 

株式会社アセットキューブ 概要

 

・会社名:株式会社アセットキューブ
・設立:平成27年3月30日
・住所:〒130-0013
東京都墨田区錦糸一丁目2番1号
アルカセントラル12F
・電話番号:03-6240-4727

 


 

 

 

グローバルロイズ株式会社とは異なり、株式会社アセットキューブでは
山口孝志氏が大々的に公式サイトに登場しています。

 

主な事業内容は

 

・資産運用・形成に関する投資情報コンテンツ販売事業
・投資案件に関する調査及びコンサルティング業務
・不動産の売買、賃貸、仲介、管理、保有、交換及び鑑定に関する業務
・ポータルサイト運営事業
・前各号に附帯関連する一切の業務

 

とのことですが、実際はクロスリテイリング当の法人同様
情報商材系の商材販売がメインのようです。

 

 

私が知る限り、株式会社アセットキューブで手掛けているオファーは
「増田式・副業革命」の他に、
「ビリオネア・ダイヤモンドクラブ」という投資系オファーの2つだけです。

 

Billionaire Diamond Club

 

ビリオネア・ダイヤモンドクラブはすでに募集終了となっていますが、
販売価格は198,000円と高額な部類のオファーとなっており、

 

・ニュージーランド不動産
・バリの不動産
・仮想通貨マイニング投資
・ハワイ不動産
・国内の新築マンション投資
・フィリピンのマイクロファイナンス投資
・カンボジア不動産
・コインパーキング投資

 

といったノウハウを提供してくれるとのこと。

 

講師は池田和弘氏という人物で、
「1000人規模の人たちを資産数十億円へと導いた成功請負人」だそうです。

 

『努力ゼロ、ほったらかしで10万円から試算30憶に』
『毎月100万円の安定収入』
『毎年30~40%の安定収益』
『20倍という驚異的なリターン』
『資産3億、5億円は、もはや通過点』

 

などなど、同社らしい過激な謳い文句が目を惹きます。

 

海外視察ツアーや、各地でのセミナーなど
定期的なイベントも開催されているようですが
ネット上ではビリオネア・ダイヤモンドクラブ参加者の
リアリティある口コミなどはほぼ皆無です。

 

実際に結果を出している参加者が全くでていないのか、
このプロジェクト参加者は外部へ情報を漏らさないようにしているのか
どちらかは定かではありませんが…。

 

 

 

そして、増田式・副業革命FBA(フルフィルメント by Amazon)転売と
それに付随したマイル貯蓄ノウハウを学べる高額オファー。

 

こちらも販売価格は198,000円です。

 

講師は増田和彦氏という人物で、自称「副業の神様」

 

増田和彦氏はニュース番組の特集、ラジオ出演、雑誌「BIG Tomorrow」の取材など
さまざまなメディアへの出演、掲載実績があるためご存知の方も居るかもしれませんね。

 

有名なところでは、「ガイアの夜明け(テレビ東京)」「がっちりアカデミー(TBS)」
といったテレビ番組にも出演したことがあるそうです。

 

 

そんな、増田和彦氏が手掛ける増田式・副業革命では

 

『0円からスタートしても億万長者に』
『1日たった15分のスキマ時間で』
『毎月30万円、50万円、100万円の安定収入』
『1億5000万円分の海外旅行を無料で』
『あらゆるものをタダで手に入れる』

 

といった謳い文句が掲載されています。

 

 

しかし、ビジネスモデルを考えれば
そんなに簡単に稼げるものではないことがわかります。

 

FBA(フルフィルメント by Amazon)を利用するのであれば
手数料の問題を加味しなければいけませんし、
仕入れた商品が売れ残るリスクも考えなければなりません。

 

投資と同じで、ネットビジネスでも“絶対”はありません。

 

クレジットで商品を仕入れ、クレジット決済までに
商品を売って売り上げから仕入れ分の支払いを行う。

 

そして、その支払いマイルが貯まっていきます。

 

 

確かに元手がゼロでもスタートできるビジネスですが、
仕入れた商品が決済日までに売れなかったらクレジットの支払いが滞ることになります。

 

ある程度資金に余裕があって、仕入れ分を決済できたとしても
在庫として残っている以上、FBAの手数料払い続ける必要があります。

 

理論としては成立していても、実際に誰もが実践できるか
というとそんなに簡単なビジネスモデルではないといえるでしょう。

 

他にも無在庫転売や、クレジット決済以外でのマイルを貯める
貯蓄ノウハウなどを学べるようですが、
無在庫転売は年々規制が厳しくなっていますし、
マイルを貯める方法ならネット上でいくらでも検索できます。

 

 

増田式・副業革命にしても、ビリオネア・ダイヤモンドクラブにしても
現実離れした数字と、ありえない謳い文句でセールスを行っていますが
具体的リスクについて触れていないのが気になります。

 

実際参加して、フタをあけてから
“しまった…!”となる可能性は十分に考えられるでしょう。

 

 

 

企業を束ねる人間が「在宅起訴」を受けていた事実

 

もう4年も前の話ですが、クロスリテイリンググループの創始者
山口孝志氏(FX-Jin)は、脱税の容疑で在宅起訴処分を受けています。

 

このニュースに関しては、当時多くのサイトなどで取り上げられていましたし
大手投資情報商材販売会社の会長が罪に問われているとのことで
全国的にも報道されていましたので、ご存知の方も多いはずです。

 

 

起訴 – Wikipedia

 

 

法人税約5000万円を脱税したとして2015年3月26日
東京地検特捜部在宅起訴されています。

 

2015年までの過去2年に2億円近い所得を隠していたそうですが、
山口孝志氏と共同で商材の販売を行っていた
甲斐輝彦氏という人物も同時に在宅起訴処分を受けています。

 

 

甲斐輝彦氏の罪は架空の請求書のデータ作成などをして
山口孝志氏の脱税を後援、その対価として報酬を得ていたというものです。

 

 

 

甲斐輝彦氏は、クロスリテイリング株式会社経由で
『M&Aトップエージェント育成塾』というトレーダー育成塾の
講師を務めていた人物ですが、
現在はその商材のランディングページも削除されており、
甲斐輝彦氏自身の公式ページなども閉鎖されています。

 

甲斐輝彦氏は情報商材関連以外のビジネスだと
「営業は3年でやめなさい!」「お金持ちの友達を作ろう!」などの
ビジネス系、自己啓発系本著者としても知られる人物でした。

 

 

現在はこの事件に関して、あまり話題にする人も少ないと思いますし
ここ1、2年で情報商材に興味を持ち始めた人たちは
山口孝志氏が在宅起訴されたことを知らないかもしれません。

 

クロスリテイリンググループは、情報商材業界の中でも
トップクラスの影響力を持つ販売業者です。

 

『4年も前の話だろ』と思う人もいるかもしれませんが、
これだけ影響力と規模の大きな企業のトップを務める人間として
あまりにも無責任ですし、顧客に対する裏切り行為だと断言できます。

 

ですから山口孝志氏が、過去にこのような罪を犯していたというのは
忘れてはいけない事実ですし、同グループのオファーに参加するということは
“そういった人間の会社の商品”を買うのだという意識を
忘れないようにしたいものですね。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

 

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031