北田式・フィボナッチ・アカデミー【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

クロスリテイリング講師 北田夏己氏による高額オファーが登場

 

約2週間ほど前から、北田夏己氏による新作の
ローンチオファーがスタートしています。

 

ローンチタイトルは「FX魔法学校」というもので
神すらあざむく究極の錬金術という、
今回も派手なマーケティングが実施されていましたが、
つい先日、フロントオファーの全貌が明らかになりました。

 

 

正式な商材名は、北田式・フィボナッチ・アカデミー

 

1日わずか、2、3分のスキマ時間で237連勝(勝率100%)という記録を
叩き出しているということで、現時点で多くの方が注目しているようです。

 

当ブログには、ローンチの段階で
「今回の手法には期待できそうですか?」といった
お問い合わせがいくつか届いています。

 

 

ちなみに、北田夏己氏といえば
過去にグローバル・ドリームFXというFX商材を手掛けています。

 

グローバル・ドリームFXは、ローソク足の形状(パターン)だけで
トレンドを判断するプライスアクションロジックで、
こちらの手法は、357戦 352勝(勝率98.5%)を記録すると
謳われていたことから大ヒットしたFX商材です。

 

 

しかし、実際にこの手法で結果を出せた方は多くないようで
ネット上の口コミなどでは、どちらかと言えば
否定的な意見の方が大多数を占めています。

 

まぁ、357戦 352勝(勝率98.5%)という数字を信じて購入したのに、
全く結果が伴わなければクレームが殺到するのも無理はありませんよね…

 

当ブログでも検証を行っていますが、
諸々の理由から購入はおすすめしていません。

 

詳細は以下よりご確認頂ければと思います。

 

グローバルドリームFX【検証と管理人評価】

 

 

前作のFX商材で、あまり高評価を得られなかった北田夏己氏ですが、
今回の北田式・フィボナッチ・アカデミーで
汚名挽回することができるのでしょうか?

 

 

 

フィボナッチリトレースメントを利用したトレンドフォローロジック

 

北田式・フィボナッチ・アカデミーで公開する手法は、
フィボナッチリトレースメントを使用したトレンドフォローです。

 

ロジックの核心部分までは公開されていませんが、
ローンチの段階でも、その大部分が解説されています。

 

 

トレードルールは非常にシンプルで、専用のツールのサインに従い
IFO注文を入れて、エントリー~決済(または損切)までを自動で行うだけ。

 

また、肝心のフィボナッチに関しても、オリジナルのツールにより
ライン自動描写されるとのこと。

 

 

 

ローンチ動画や、北田式・フィボナッチ・アカデミーの
ランディングページでも、ラインを引く作業、エントリー判断の作業などが
“ほぼ自動化”できることについてだけピックアップされており、
人によっては『超簡単に稼げる手法』に映るかもしれません。

 

しかし、本当にツールに従うだけで良いのであれば、EA十分なハズ。

 

北田夏己氏曰く、EAにしないことで、相場変化に合わせられる
とおっしゃっていますが、EAにしてしまったら相場の変化へ
全く合わせられなくなるというわけではないのでちょっと極端だな…と思いますね。

 

サイン通りのトレードで237連勝(勝率100%)を記録しているのであれば
サインツールにする意味はむしろなく、
基本的にEAで稼働させ、実践者の判断でサインツールに切り替える
というシステム構築のほうが理に適っているのではないでしょうか?

 

逆に、サイン判断や、自動描写されたフィボナッチ優位性の判断を
実践者に委ねる、つまり裁量にすることのほうが
勝てる人、勝てない人のが大きく出てくるように思います。

 

 

ちなみに、今回の手法は、
ダウ理論「高値切り上げ、安値の切り下げ」トレンド判定を行い
フィボナッチリトレースメントで
エントリーポイント探っていくのではないかと思わえれます。

 

現在のトレンドが上昇なのか、下降なのかを見極め
その上で、直前までの動きが一旦止まり(調整局面に入った時)、
その調整局面がどこまでいくのかを探っていくということです。

 

また、フィボナッチリトレースメントは
サポレジラインとしても機能しやすいため、
各ラインの挙動をみながら反転(調整)を確認した上で
エントリーすることで、より高い精度でフィボナッチを活用することができます。

 

 

 

 

北田式・フィボナッチ・アカデミーのトレード場面を見ると
「高値切り上げ、安値の切り下げ」によるトレンド判断から
エントリーしていることがわかりますね。

 

 

 

北田式・フィボナッチ・アカデミーは価格に見合ったオファーなのか?

 

冒頭でもお話しましたが、北田式・フィボナッチ・アカデミーは高額です。

 

現時点での販売価格は、298,000円(税抜)

 

 

北田夏己氏のフィボナッチロジック、エントリーサインツール、
ライン自動描写ツールを受け取れるだけでは、あまりにも高すぎます。

 

しかし、このオファーが高額なのは、北田夏己氏による「リアルセミナー」
「オンラインセミナー」といった直接指導コンテンツが含まれているためです。

 

単純にマニュアルやツールを提供するだけではなく、
講師本人が基礎的なノウハウから、実践的なアドバイスまで
リアル、オンラインを通して直接指導してくれるのは嬉しいポイントです。

 

 

北田式・フィボナッチ・アカデミーの手法は
一見、サインに従うだけで勝てるように見えますが、実際は「裁量」は必須。

 

つまり、ルールを知っているだけ、サインを使っただけでは
「勝てない手法」ということになります。

 

ですから、それを補填する意味で、北田夏己氏のセミナー
実践的なトレード技術を身につけ、トータルで手法をマスターしていく
“トレードスクール”のようなオファーに仕上がっているわけです。

 

 

ちなみに、北田夏己氏が今回の手法で237連勝(勝率100%)を
達成したという証拠が公開されています。

 

 

 

MT4の取引履歴のキャプチャが掲載されていますが、
こちらがリアルかデモかが判断できないのが残念なところ。

 

もしも、リアルトレードの成績であれば、相当凄いです。

 

また、237連勝(勝率100%)ということですが、
“ぶっ通し”でトレードして達成した成果でないのも微妙です。

 

 

4月から9月までしているようですが、
トレード期間のわりにはかなり空きがあります。

 

これでは、本当の意味で“連勝”ということはできません。

 

さらにいえば、本当はここで掲載している以外のトレードでは
負けていたのかもしれません。

 

つまり、「勝ったトレードだけ」
ピックアップしている可能性がゼロではないということです。

 

勝った場面だけを並べれば、まるで連勝していかのように魅せるのは
難しいことではありませんし、特に経験の浅い初心者の方なら
疑問に感じることなく、真に受けてしまう人も多いでしょう。

 

もちろん、北田夏己氏が実績をねつ造しているというわけではないですが
このムラのあるトレード実績が、どうしても不自然に感じてしまいます。

 

現時点で掲載されているデーターだけでは、
本当の意味で「連勝している」というにはちょっと無理があるでしょう。

 

 

そう考えると、今回のオファーに約30万円も支払うことの意味
あまり見いだせなくなってきますね。

 

もちろん、そういった諸々を抜きにして
『北田夏己氏のセミナーでどうしても手法を学びたい!』
という方であれば、参加してみてもいいかもしれません。

 

ただ、個人的には、あまり大きな期待禁物かなと思いますね。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

 

FTK 掲示板(お気軽にお問い合わせ・口コミなどご投稿ください)

内容をご確認の上、送信してください。

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FTK管理人(メンバー別紹介)

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031