資産50億 「億り人」として人気を集める金融トレーダーKAZMAX(カズマックス)が逮捕!

 

一躍時の人となった金融トレーダーが一夜にして墜落

 

2019年11月11日、トレーダーとして、講師として人気の高い
金融トレーダーKAZMAX(カズマックス)氏
違法薬物使用の容疑で逮捕されるというニュースが報道されました。

 

「KAZMAX」 MDMA使用容疑で逮捕 人気トレーダー 本人は否認 – Yahoo!ニュース

 

 

 

ここ数日の間、様々な情報媒体で報道されていますし
すでにご存じという方も多いのではないかと思います。

 

資産50憶トレーダーとしても有名なKAZMAX(カズマックス)氏ですが
彼について知らないという人もいるかと思いますので、
まずは、簡単に彼の経歴を紹介しておきたいと思います。

 

 

生年月日:1989年8月3日(30歳)
本名:吉澤和真(よしざわかずま)
学歴:明治大学付属 中高校
明治大学 経済学部卒業
トレード歴:5年
投資ジャンル:仮想通貨、株、FX、商品先物取引、指定先物取引

 

 

もともと、KAZMAX(カズマックス)氏が
投資を始めるきっかけを作ったのは、実の父親のようです。

 

父親は革製品の会社を経営していたようですが、
どうやら、金使いの荒い方だったようで、
KAZMAX(カズマックス)が24歳の時に会社は倒産

 

そして、3億円の借金を背負うことになったとのこと。

 

この時、KAZMAX(カズマックス)氏は
すでに大学を卒業し、一般企業でサラリーマンとして働いていたようですが
サラリーマンの年収では3億ものお金は返せないと判断し、ある投資家に弟子入り。

 

最初こそ運転手という形ではあったようですが、
少しずつトレードの技術を学び、
借金で用意した800万円を元手に、株で2600万に増やしたことから始まり
その後、FXや先物取引でも結果を出し投資家として成功。

 

そして、KAZMAX(カズマックス)氏の
名前を世に知らしめることになった一番の出来事は
2017年12月末、高騰を続けていたビットコインの暴落を予想し
それが的中したことです。

 

 

これにより、KAZMAX(カズマックス)氏は一躍時の人に。

 

実践取引で結果を出し、トレーダーとして知名度を挙げていく中で、
メディアへ登場する機会も増え、自身の手法を情報商材として販売したり、
トレードサロンなどを開催して、教え子を募るようになります。

 

ちなみに、

 

結果的に、トレード開始からわずか5年足らずで3億の借金は全額返済

 

2014年から、トレード、メディア出演、商材販売、サロン運営などで
総額50憶円という資産を築いた、いわゆる「億り人」ということです。

 

 

 

KAZMAX(カズマックス)氏、違法薬物MDMA使用の疑い

 

さて、今回逮捕されたKAZMAX(カズマックス)氏ですが、
容疑は違法薬物である、MDMAの使用です。

 

 

「資産50億円」を自称する有名トレーダーの「KAZMAX(カズマックス)」こと吉沢和真容疑者(30)の資産が保釈金で丸裸になりそうだ。
吉沢容疑者は11日までに、合成麻薬「MDMA」を使用したとして警視庁渋谷署に麻薬取締法違反容疑で逮捕された。
クラブのVIPルームで“薬物パーティー”を行っていたところを通報され、その後、尿から陽性反応が出たという。
有名タレントとの交遊も報じられるなど、以前から大いにハメを外していたようだ。今後の捜査の行方は――。

 

 

-中略-

 

 

現場は東京・渋谷区内のクラブX。10日午前3時50分ごろ、クラブ内にいた男性から「和真という人がクスリを持っている」と通報があり、同容疑者が店を出たところを警察官が職務質問。
ほかにも数人の男性が一緒にいたようだが、警察官と気付くと一斉に走って逃げ出したという。

 

ひとり残された吉沢容疑者は近くの駐車場で警察官に囲まれ、その後、渋谷署に任意同行。採取した尿からMDMAの陽性反応が出たため、同日午前11時ごろ、現行犯逮捕された。

 

調べに吉沢容疑者は「身に覚えがない。男性客と乾杯をして、その時の飲み物に薬物を混入された」と否認。
所持品からMDMAなどの薬物は見つかっていない。XのVIPルームで吉沢容疑者が他の男性客とトラブルになっていたという情報もある。

 

「通報したのは吉沢容疑者からクスリを勧められた女性の知人男性。警察が到着するころには、女性は姿をくらましていた」とは捜査関係者。

 

引用元・KAZMAX容疑者がMDMA使用の疑いで逮捕 保釈金から資産バレるか – ライブドアニュース

 

 

 

 

「火の無い所に煙は立たぬ」といいますが、KAZMAX(カズマックス)こと
吉澤和真容疑者には、以前から素行の悪さや、
薬物関連の噂が後を絶たなかったようです。

 

 

犯人は吉澤和真
高3ですってたのは吉澤和真
ピアス鼻ピ
そして金髪でクラブいってボコボコにされたらしい
あいつは薬もやってる
薬のやりすぎでインポらしい
あいつモチケンしたらいろいろみつかるだろーな

 

引用元・明大中野中、高ってどんな学校ですか?【8号館】 – 5ちゃんねる

 

 

 

また、KAZMAX(カズマックス)氏は、トレーダーとして成功した後
商材販売や、オンラインサロンの運営などを行っていたと前述しましたが、
実はこれらの活動についても会員や一部の関係者から
“疑問の声”が多く挙がっていたようです。

 

特に危険視されていたのはオンラインサロン。

 

KAZMAX Trader’s Salon 概要

サービス名:KAZMAX Trader’s Salon
運営会社:PEGM株式会社
代表者:鈴木大五郎
電話番号:03-6222-3622
会社所在地:〒103-0015
東京都中央区日本橋箱崎町16-1 東益ビル3階
公式サイト:https://kabu-pro.jp/kts/

 


 

 

このサロンのトラブルについて、1から説明すると
相当なボリュームになってしまうので、
これに関する話題は、後日改めて具体的にお話したいと思います。

 

ざっくりというのであれば、このサロンは会員数が一時7000人以上にも登り
KAZMAX(カズマックス)氏が、サロン生に一斉に同じポジションを持つように指示。

 

つまり、相場動かすようになり、金融庁から目を付けられたのです。

 

サロン生の大半は、KAZMAX(カズマックス)氏に言われるがまま
一斉にポジションを持っていたのですが、「一部の限られたメンバー」は、
それを利用してさらに大きな利益を獲得していたようです。

 

かなり簡略的に言うと、一般のサロン生には10時に「買い」で指示し、
一部のサロン生は、それよりも少し早い時間、例えば9時50分の時点で「買い」
限られたメンバーだけが、荒稼ぎするというやり方です。

※ちなみに限られたメンバーには専用のLINEが用意されており
 そこでのみ限定の情報が共有されていたとのこと

 

この辺の問題に関しては週刊文春でも取り上げられ話題になっていましたね。

 

《金融庁も重大関心》資産50億円トレーダー・KAZMAX氏の手口を元側近が告発 サロン生を食い物に – 文春オンライン

 

 

さらにこういったKAZMAX(カズマックス)氏の暴挙
注意喚起するトレーダーも現れるように。

 

KAZMAXの詐欺や脅迫の事実をまとめましょう|マサ吉二段|note

 

このマサ吉さんというトレーダーさんと、
KAZMAX(カズマックス)氏とのやり取り(音声)も
現在はYouTubeなどで拡散されています。

 

 

 

ちなみに、KAZMAX Trader’s Salonの会員数は2019年9月には160人程度に激減、
販売元であり、吉澤和真容疑者がオーナーを務めるPEGM株式会社
2019年10月に日本投資顧問業協会から行政処分を受けています。

 

 

 

著名人の間に蔓延する“違法薬物” 今後摘発されるトレーダーはもっと増えるだろう

 

ここ最近も、プロスノーボーダーの国母和宏容疑者、
元タレント田代まさし容疑者など
著名人違法薬物使用所持により逮捕されるニュースが増えています。

 

KAZMAX(カズマックス)氏はトレーダーでこそありますが、
今年7月には、AKB48の峯岸みなみさんとの熱愛報道などもされていますし、
今回の事件は、芸能界にも飛び火する可能性は否定できないでしょう。

 

また、少し前の話になりますが、FXトレーダー兼FX商材販売者として
高い人気を誇る、及川圭哉氏が主宰するトレーダーチーム「FXism」のメンバー
NERO氏(本名:戸川尚作)が大麻取締法違反で逮捕されています。

 

これについて、及川圭哉氏は自身のトレードブログで以下のように発言しています。

 

【緊急のお詫び】NERO逮捕の件 – FXism 及川圭哉トレードブログ

 

 

トレーダーNEROこと、戸川尚作容疑者はシャンソン歌手としても活動しており、
母親は有名シャンソン歌手の戸川昌子さん

 

戸川尚作容疑者が大麻取締法違反で逮捕されたのは、2019年2月14日のことですが、
実は彼の逮捕はこれが初めてではありません。

 

これまで2003年、2006年と覚せい剤取締法違反で逮捕歴があります。

 

 

若干話がそれてしまいましたが、このように芸能界だけではなく
ここ数年はトレーダー界隈にも蔓延している違法薬物

 

実力のあるトレーダーがメディアへ取り上げられる機会が増えたことや、
業界人との繋がりが増えたこと、またSNSの普及により
こういった事実が明るみに出やすくなっているのでしょう。

 

インターネット上では、「匿名」での発言が可能です。

 

ですから、内部の人間や、事情を知る人間から
リークされるリスクは、一昔前より圧倒的に高くなっています。

 

さらに、自ら、「その手の話題」を投稿する人も少なくありません。

 

 

具体的に名指しはしませんが、
SNS上で「違法薬物を使用していることを示唆する内容」を
投稿しているトレーダーも増えてきています。

 

中には、情報業界有名な方などもいるようですが…

 

そういった方々が、違法薬物取締法違反で逮捕されるニュースが
次々と報道される日がくるのも、そう遠くはないかもしれません。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

 

FTK 掲示板(お気軽にお問い合わせ・口コミなどご投稿ください)

内容をご確認の上、送信してください。

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FTK管理人(メンバー別紹介)

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930