トレーダー和也監督 カルテット・テクニック・アカデミー【実践検証報告(2/3 – 4)】

 

 

商材概要

トレーダー和也監督 Quartet Technic Academy(カルテット・テクニック・アカデミー)【ご購入者特典】※コンテンツ追加のお知らせ

Quartet Technic Academy(2/3) 手法+1リターンムーブ

本日もトレーダー和也監督 カルテット・テクニック・アカデミーの
実践報告記事を更新したいと思います。

 

これまでの検証報告記事は以下になりますので、
まだ目を通していない方は、こちらも参照下さい。

 

トレーダー和也監督 カルテット・テクニック・アカデミー【実践検証報告(1/22 – 24)】

 

トレーダー和也監督 カルテット・テクニック・アカデミー【実践検証報告(1/21)】

 

トレーダー和也監督 カルテット・テクニック・アカデミー【実践検証報告(1/17)】

 

今回の記事で報告させて頂くの実践結果は、2月3日、4日のものになります。

 

 

まずは、2月初日の3日正午

 

相場は、先週末までの下降トレンドから少し反発を見せている揉み合いの状況です。

 

このような状態では、5つの手法どの条件がいつ来てもおかしくはない状況です。

 

環境認識を行った上でエントリー条件を待ちます。

 

 

和也式のトレードにもだいぶ慣れてきたので、
環境認識も、ものの数分で完了します。

 

いつものようにチャートを開きながら、日々の作業に取り掛かります。

 

この日は、週明け、そして月明けということもあり、
方向感もまだなく、大きな動きは見せていません。

 

 

そんな中、エントリーチャンスに近づいては来るものの、
惜しいところで相場が折り返しまうというのを繰り返しました。

 

なかなかもどかしい相場です。

 

 

そのまま日本市場が終了し、そろそろ動きが出てくるかといったところ、
そこまで大きな値動きではありませんが、
上昇傾向となってきたところ、リターンムーブのエントリー条件が到来。

 

 

【↑画像クリックで拡大できます】

 

※矢印のところでエントリー
※MT4の配置等もカルテット・テクニック・アカデミー専用のものにしております

 

 

矢印のポイント15:43に、1ロット(100,000通貨)で、買いエントリーを行いました。

 

私は作業をしながらの待機という形でしたので気にはなりませんが、
今回はチャートをチェックしだしてから約3時間半の待ち時間となりました。

 

和也式の手法は、エントリー条件が明確で限定的ですので、
スキャルピングと言っても、状況次第ではこのくらい待つこともあります。

 

 

上昇からの一端の押し目というポイントで、
リターンムーブの条件となり、反発を狙っての買いエントリーとなりました。

 

エントリー後下降は止まらず、2分程で損切り条件が重なり損切り決済

 

 

【↑画像クリックで拡大できます】

 

※チェックマークで決済

 

 

結果は以下の通りです。

 

 

【↑画像クリックで拡大できます】

 

 

2.4pips損失で100,000通貨のトレードなので、2,400円の損失となりました。

 

 

今回が、和也式の手法を実践し始めてから、初めての負けトレードになりました。

 

和也式の手法は、反転しやすいポイントがエントリーポイントになっているわけですが、
それと同時にその価格帯を割ると相場が走りやすい為、
しっかりと損切りを行うことが重要です。

 

今回は、わずかに接触した後、反転。

 

その後利確ポイントを優に超えていく動きとなり、
初心者などは“損切りしたことを悔やんでしまいがち”な展開となりましたが、
そのように考えるのはあまりよろしくはありません。

 

 

私はトレードに慣れているので即、損切りを行えましたが、
初心者や、あらかじめ損切りルールをしっかりと把握できていないと、
損を膨らせてしまう可能性があります。

 

ここでは、魔法の言葉「さあ次!」頭の切り替えが必要です。

 

 

 

uartet Technic Academy(2/4) 手法+1リターンムーブ

 

結局、昨日(3日)の相場は、終日あまり大きな動きもなかったため、
夕方までチャートを見ていましたがトレードすることはなく終了させました。

 

続く4日正午、チャートを開くと強い上昇をしたところでした。

 

この時間では比較的強い上昇です。

 

このような状況では、
手法②ディサイドストラテジー、手法③トレンドストラテジーの条件が訪れやすいです。

 

さらに、強いトレンドの際には、手法④ファイナルストラテジーもチャンスとなります。

 

 

14時台にディサイドストラテジー、トレンドストラテジーの条件に近づきましたが、
かなりトレンドが強く、エントリー条件には届かず、相場はさらに上昇していきます。

 

こうなってくると近い時間に、
かなりの高確率でファイナルストラテジーの条件が訪れます。

 

 

そして15:44。ついにその条件が到来。

 

あくまでも和也式の手法を実践しているだけですが、
自分で狙ったかのようなジャストタイミングで、自信をもってエントリー。

 

 

【↑画像クリックで拡大できます】

 

※矢印のところでエントリー
※MT4の配置等もカルテット・テクニック・アカデミー専用のものにしております

 

 

矢印のポイント15:44に、1ロット(100,000通貨)で、売りエントリーを行いました。

 

今回は初めての「ファイナルストラテジー」手法でのエントリーとなります。

 

 

ファイナルストラテジーは、トレンド終盤で逆張りエントリーを行うものになり、
普段私自身も逆張りは行いますが、それとは当然条件が違うため違和感はありますが、
エントリー条件は明確です。

 

そしてエントリーから4分後、逆行しかけたところで、反転

 

そこからは1分足で陰線続きとなり、決済条件に到達しました。

 

 

【↑画像クリックで拡大できます】

 

※チェックマークで決済

 

結果は以下の通りです。

 

 

【↑画像クリックで拡大できます】

 

 

2pips獲得で100,000通貨なので2,000円の利益となりました。

 

正直なところ、まだまだ相場は下がると見ており、その後更に下降してきましたが、
トレーダー和也氏の手法の完全再現に重きを置いているため、
欲を出すことなく条件通りに決済しました。

 

結果的に更に下降していきましたが、
決済ポイントでは若干もみ合い、反転する雰囲気も出ていましたので、
改めて和也式の精度の高さを感じさせられましたね。

 

 

以上、今回の実践報告は、2月3日、4日の2日分の実践結果でした。

 

 

 

今回のトレードのおさらいと、カルテット・テクニック・アカデミーの評価再確認

 

改めて、今回のトレードのおさらいをしてみたいと思います。

 

前述しましたように、初日は相場の方向感が定まらず、
小さいボラティリティの中でのエントリーとなり、初の損切りとなりました。

 

実際のトレードでは、損切り後、数pipsのところでの反転となったので、
惜しいトレードとなりました。汗

 

とはいえ、損失も許容範囲内

このくらいの損であれば、初心者でも気兼ねなく損切りすることが出来ると思います。

 

 

そして、4日には初の「ファイナルストラテジー」でのトレードが行えましたが、
今回はほぼ天井を捉えており、
ストレスなく綺麗に利益を刈り獲ることが出来ました。

 

 

私自身現役のトレーダーですが、自身のトレードに干渉しない場面では、
トレーダー和也氏の手法をこれからも取り入れていきたいと思っています。

 

もちろん、この手法をメインストラテジーとして運用していくことも
十分安定した成果が期待できると思いますし、
すでに、メインの手法が確立しているトレーダーであれば
私のようにサブの手法として活用することもかなりおすすめできます。

 

それだけ、汎用性に富んでおり、
場面場面に対応したストラテジーの数々には
他のFX教材にはない裾野の広さを実感できるはずです。

 

 

カルテット・テクニック・アカデミーは、最近のFX商材の中では、
極めてクオリティの高い裁量トレードマニュアルだと思っています。

 

情報業界の市場は、主に初心者を対象としていることから
“手軽さ”や“簡単さ”を重視した、シストレ商材が多いのですが
実際のところ、それ系の商材ではあまり良い結果を聞きませんし、
何より自分自身で稼いでいく力を身につけることができません。

 

 

対して、和也式トレードはロジック、根拠、リスク管理等
全てが明確であり、理論立てて解説されており
自分の力で、市場から利益を生み出す技術を体系的に学習することができます。

 

さらに、肝心の手法も、ほとんど条件やルールを覚えてトレードするだけ。

 

これまでの当ブログの実践報告の内容は、
個人的な裁量を加えることなく、完全にルールに従って行った結果ですので
和也式トレードの期待値を、明確にご判断頂けることと思います。

 

 

さらに言えば、和也の法則や環境認識は相場の本質を捉えており、
1つ1つのトレード手法も、かなり再現性が高いものとなっています。

 

正直なところ、これを学ばない理由はありません。

 

ここれまで複数回に渡り、検証を行ってきた中で
私自身、トレーダー和也氏の手法は一過性の検証目的ではなく、
長期的に実用性のある手法であると確信を持つことができたことから、

 

カルテット・テクニック・アカデミーの評価を
引き上げるべきだという判断に至りました。

 

これまで、「A+ランクの商材」としていましたが、
今回の実践報告より、「Sランクの商材」へランクアップしたいと思います。

 

Sランクの商材

 

 

また、カルテット・テクニック・アカデミーでは会員へ向けて
勉強会やオンラインセミナー、個別指導などの
充実した学習環境も“無料提供”されていますし、
正直、ここまでやっているFXオファーは他にはありません。

 

さらに、現在は自身のYouTubeチャンネルなども開設し、
その活動の幅も大きく広がってきています。

 

 

カルテット・テクニック・アカデミーに限らず
今後のトレーダー和也氏の活動には要注目しておきたいところですね。

 

 

また、既に告知させて頂いておりますが、当ブログ読者様には
和也式トレードにおいて有利な限定特典コンテンツ
複数ご利用頂ける環境もご用意しております。

 

これから参加される方は、合わせてご活用されることをおすすめします。

 

トレーダー和也監督 Quartet Technic Academy(カルテット・テクニック・アカデミー)【ご購入者特典】※コンテンツ追加のお知らせ

 

 

正直、FXで今一つ結果が出せていない人は
一度目を通してみる価値のあるトレードマニュアルだと言っていいでしょう。

 

まだ入手していない方は、是非検討されてみてください。

 

 

また、当ブログでは、
カルテット・テクニック・アカデミーに限らず
商材の購入相談も受け付けています。

 

購入しようかどうか迷っている…
FXの経験が少なく自分一人で判断できない…

 

などなど、どんな質問でも構いませんので
(もちろんそれ以外の相談でもOK)
自身の資産運用についてお悩みの方は、
以下より直接お問い合わせ頂ければと思います。

 

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

トレーダー和也監督 Quartet Technic Academy(カルテット・テクニック・アカデミー)【ご購入者特典】※コンテンツ追加のお知らせ

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930