最強の手法?禁断の手法?両建てについて解説します

 

両建て戦略とはどういうことなのか

 

通常のFX取引では、「買い」か「売り」か、どちらかのポジションを保有しますが、
両建ては、同一通貨ペアで「買い」と「売り」両方のポジションを同時に保有します。

 

同じタイミングでエントリーすることもあれば、
タイミングをずらしてエントリーすることもあります。

 

両建ては、その戦略、目的によって、状況は違ってきますが、
損益を固定することが可能になります。

 

この「両建て」には賛否の意見があり、

 

両建ては「最強の手法」だという意見や、
両建ては「損益を相殺しているだけで意味がない」等と、

 

真向違った意見があります。

 

 

それでは実際、どちらが正しいのでしょうか?

 

今回は、様々な意見のある「両建て」について、
具体的な手法や、メリットやデメリットについて、詳しく解説していきたいと思います。

 

 

 

健全な両建て戦略 = 長期的なトレンドを捉え、短期の戻りを狙った両建て手法

 

両建て手法を肯定するトレーダーの間で最も活用されている戦略に、
長期的なトレンドを捉えた中で、短期的な戻りでも逆方向のエントリーを行い、
往復で利益を取っていくという手法があります。

 

 

【↑画像クリックで拡大できます】

 

 

まずは、長期的な上昇トレンドを捉え、買いポジションを保有します。

 

トレンドは、短期的な調整を入れながら、
安値の切り上げ、高値の更新を重ね、上昇してきます。

 

 

通常のトレードでは、戻りの場面で利益確定を行い、
途転(ドテン)エントリーを行うか、押し目買いを行うのが普通かと思います。

 

しかし、両建て戦略では、その短期的な調整、戻りの場面で買いポジションを決済せず、
反対ポジションである売りエントリーを行うことで、
短期的な戻りからも利益を狙うといった戦略です。

 

 

また、長期的な「買いポジション」に対して、
短期的な「売りポジション」を保有することで、
「買いポジション」に対するリスクヘッジとしての目的も持ち合わせています。

 

両建てすることで、その時点での「買いポジション」利益を固定できたり、
一時的な目減りを、「売りポジション」の利益で相殺することが可能になります。

 

この戦略は、長期的なトレンドが継続する場合、
且つ、それを捉えられた場合にとることが可能な方法です。

 

 

 

禁断の両建て戦略 = 損益を固定するための両建て手法

 

次の手法は、両建てを行う人の中で
おそらく最も多くの方がとっている手法になるかと思います。

 

この手法は、戦略というよりも『苦肉の策』といった手法になるかと思います。

 

 

通常のトレードでは、上昇を見越して「買いポジション」を保有

 

その後、相場が逆行した場合には損切りを行います。

 

 

しかし、この両建て手法は、
そこで損切りを行わずに新規に同量の「売りポジション」を建て、
両建て状態にすることで、損益を固定させる方法です。

 

その時点で双方の損益は、固定され、
その後、相場がどちらの方向へ動いたとしても損益は固定されます。

 

 

この目的は、最初にエントリーした「買いポジション」
強制ロスカットを避けることになりますが、
これは同時に失敗を受け入れられない場合に取る行動とも言えます。

 

つまり、「売りポジション」を入れるタイミング次第では、
往復で損失を抱えてしまうことになります。

 

所謂、往復ビンタと呼ばれるものですね。

 

 

 

この方法では、「売り」のトレードでうまく利益を取っていけなければ、
意味がないものとなっていますので、この手法をポジティブに捉えたとしても、

 

“最初の「買い」の失敗に対して、更にリスクを負う代わりに
「失敗を帳消し」にするチャンス”

 

となるもので、「売りのタイミング」でさらなる失敗を重ねた場合、
損失を減らすことができす、その後、身動きの取れない状況にもしてしまう恐れのある
「禁断の手法」と言えるでしょう。

 

身動きの取れない状況に陥ってしまった場合、
更には機会損失までも生んでしまいますので、
この方法は得策とは言えないといった意見も多く、私自身も同様の意見です。

 

 

 

両建てのメリットとデメリット

 

それぞれの手法で解説した通り、両建てのメリットには、

 

・長期トレンドの中の短期的な戻りを利益に変える
・損益を固定化できる

 

というところを挙げることができます。

 

 

そして、デメリットとしては、

 

・スプレッド(手数料)が2倍になる
・スワップ金利がマイナスになる

 

といった面も持ち合わせています。

 

 

 

安易な両建ては危険だが、使い方次第では有効に成り得る

 

一般的に、両建てに関しては、
「一度損切りしてポジションを立て直すべき」という否定派の意見が多いです。

 

確かに、後者のような失敗を受け入れない形での両建ては、
本質的には良いトレードとは言えないと思います。

 

しかし、あらかじめ明確な戦略の基に行う両建てに関しては、
有効に活用することも実際のところ可能だと思います。

 

もちろん、通常トレードで、
長期トレンドを捉え、トレンドフォローしていく中、
調整局面では決済、途転エントリーを行うことが出来るのであれば、
それが資金効率的にも一番良いことは言うまでもありません。

 

 

しかし、両建て手法では、長期的なトレンドに乗った状態で含み益があるからこそ、
逆方向の局面を積極的に狙っていくことが可能になります。

 

さらに反対ポジションは、
トレンド方向のポジション対してのリスクヘッジにもなります。

 

レートの戻しで含み益が目減りしても、両建てによって相殺できるわけです。

 

つまり、「両建て戦略」は売買の連続性を維持しつつ
短期的な局面でのチャンスを狙う高度な戦略として有効なのです。

 

 

ですが、あくまでも両建ては、明確な戦略の基、行うものであり、
後者のような両建ては、リスクを倍増させる可能性も秘めています。

 

両建ては、その使い方によって、カンフル剤とすることも、
出口のない危険な麻薬ともなりえる手法になります。

 

実際のところ、後者のような活用法は、
初心者や負けトレーダーが行っていることが多い手法かと思いますので、
もし両建てトレードを行う場合には、
明確な戦略をもって行うことを強く主張しておきたいと思います。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

 

FTK 掲示板(お気軽にお問い合わせ・口コミなどご投稿ください)

内容をご確認の上、送信してください。

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FTK管理人(メンバー別紹介)

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031