モナコの国公カジノを潰したと言われるモンテカルロ法

 

モンテカルロ法とは何か?

 

モンテカルロ法とは、カジノのゲームで使われる手法として有名です。

 

真偽は定かではありませんが、
その昔、ある男が、モナコ公国モンテカルロのカジノで、
ある攻略法を用いて荒稼ぎし、カジノを倒産に追い込んだと言われています。

 

そういった経緯から、モンテカルロ法と呼ばれるようになりました。

 

 

ざっくりというと、賭け金をある法則に従って進めていく手法で、
法則は、数列(1,2,3~)を使っていくこと。

 

なお、この手法は配当が3倍のゲームに対して最も有効で、
2倍配当のゲームにも活用できるとされています。

 

カジノでは、ルーレットやブラックジャック、バカラなどが
2倍、3倍配当があるゲームですね。

 

 

モンテカルロ法の法則

 

1.はじめに、数列(1,2,3)を並べます。

 

2.一回目の賭け金は、数列の最初の数字(1)と、最後の数字(3)を足した、4ドルとなります。

 

3.負けたら“前回の賭け金”を、数列の末尾に加えます。(1,2,3,4)

 

4.次の賭け金は、数列の最初の数字(1)と、最後の数字(4)を足した、5ドルとなります。

 

以降も負けていった場合3~4を続けていきます。
※単に数列に+1するのではなく、前回の賭け金の単位を付け足します。

 

 

そして、勝った場合には、数列の両端の数字を消します。

 

例えば、5回目のゲームで初めて勝った場合、
5回目の勝負の際の数列は(1,2,3,4,5,6,7)となり、
賭け金は8ドル(1+7=8)です。

 

ここで数字を消す際、

 

・3倍配当のゲームの場合は、両端2つの数字
・2倍配当のゲームの場合は、両端1つの数字

 

を消します。

 

従って、

 

・3倍配当の場合、数列(3,4,5)
・2倍配当の場合、数列(2,3,4,5,6)

 

となります。

 

 

次の賭け金も、数列の最初の数字と、最後の数字を足した数字になります。

 

・3倍配当の場合は、8ドル(3+5=8)
・2倍配当の場合は、8ドル(2+6=8)

 

 

こういった法則で、この数列が全てなくなるか、もしくは1つとなれば、
モンテカルロ法の一連の流れは終了です。

 

なお、続けて行う場合は、最初(1,2,3)から行うことになります。

 

 

 

実践シミュレーション

 

モンテカルロ法(2倍配当ゲーム)
ゲーム回数 数列 ベット額 勝敗 損益 累計収益
1回目 1,2,3 4 -4 -4
2回目 1,2,3,4 5 -5 -9
3回目 1,2,3,4,5 6 -6 -15
4回目 1,2,3,4,5,6 7 7 -8
5回目 2,3,4,5 7 -7 -15
6回目 2,3,4,5,7 9 9 -6
7回目 3,4,5 8 8 2
8回目 4 終了

 

モンテカルロ法(3倍配当ゲーム)
ゲーム回数 数列 ベット額 勝敗 損益 累計収益
1回目 1,2,3 4 -4 -4
2回目 1,2,3,4 5 -5 -9
3回目 1,2,3,4,5 6 -6 -15
4回目 1,2,3,4,5,6 7 -7 -22
5回目 1,2,3,4,5,6,7 8 16 -6
6回目 3,4,5 8 -8 -14
7回目 3,4,5,8 11 -11 -25
8回目 3,4,5,8,11 14 28 3
9回目 5 終了

 

 

モンテカルロ法は、初回の賭け金が、1ではないものの、
賭け金を倍々にしていくマーチンゲール法とは違い
比較的緩やかで扱いやすい攻略法になります。

 

 

 

モンテカルロ法のFXトレードへの応用法

 

カジノで使われていたとされるモンテカルロ法ですが、
これをFXのトレードに応用していくことも可能です。

 

マーチンゲール法を取り入れたFX手法や、EAなどを、
時々目にすることがあると思いますがモンテカルロ法も同様です。

 

 

マーチンゲール法は一度の勝ちで資金を取り戻す手法に対して、
モンテカルロ法は、段階的に取り戻していく手法になります。

 

 

元々カジノのゲームに使われていた手法のため、
賭けに対して、結果は「勝ちか負け」の2つの答えのみになりますが、
これをFXに応用する場合、エントリーロットと、決済pipsを固定する必要があります。

 

FXでは、数列の掛け金を、通貨単位に置き換えて計算します。

 

そして、3倍配当と2倍配当の法則を適用するために、
リスクリワードの取り方で法則を適用することが可能になります。

 

 

3倍配当を適用する場合

 

利益:損失 = 2:1 に設定します。

 

※例
利益が20pipsであれば、損失は10pips
利益が100pipsであれば、損失は50pips

 

これにより、掛け金に対して、倍率が3倍になります。

 

3倍の倍率でトレードをする場合は、
1セット終了時に必ずプラスの利益が得られます。

 

 

2倍配当を適用する場合

 

利益:損失=1:1に設定します。

 

※例
利益が10pipsであれば、損失は10pips
利益が50pipsであれば、損失は50pips

 

これにより、掛け金に対して、倍率が2倍になります。

 

2倍の倍率でトレードをする場合は、
連勝で1セット終了しないと利益がプラスにならない場合があります。

 

 

 

マーチンゲール法との違いは?モンテカルロ法のメリットとデメリット

 

マーチンゲール法は単純に「負けたら倍賭け」を繰り返していく方法です。

 

理論上はどれだけ連敗しても、
たった1度の勝ちでプラスにできるという正に夢のような手法です。

 

しかし、マーチンゲール法は連敗時には、
賭け金が恐ろしいほどに膨らむため、現実的ではありません。

 

実際にマーチンゲール法を取り入れたEAの破城話はよく耳にします。

 

いわゆる、「コツコツドカン」といった結果を招きやすいです。

 

 

それに対して、モンテカルロ法は、投資資金の増大が緩やかで、
段階的に取り戻していくことが出来るので、
理論上、勝率が、3倍の場合は67%以上、
2倍の場合は50数%(※)以上
であれば負けないことになります。

※連勝で1セット終了しないと利益がプラスにならない場合があるため。

 

 

モンテカルロ法は、連敗していくごとにロットを追加していく手法のため、
初期ロット数は必然的に低くなってしまいます。

 

そして、エントリー枚数と、決済pipsに法則が定められているため、
相場がエントリー方向に進んだとしても、決められた数値で決済をする必要があります。

 

そのため、コツコツ型の守り重視の投資法と言えるでしょう。

 

 

なお、モンテカルロ法を完璧に取り入れる場合、FXトレードの一つの醍醐味でもある、
『大きなトレンドに乗って攻めていくこと』ができなくなってしまいます。

 

こういった一面もあるため、
エントリー枚数と決済pipsに法則を定めたモンテカルロ法だけではなく、
相場の動きを読む手法との組み合わせで優位性を高めていくことで、
より良いオリジナルの手法が見つかるかもしれません。
 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

 

FTK 掲示板(お気軽にお問い合わせ・口コミなどご投稿ください)

内容をご確認の上、送信してください。

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FTK管理人(メンバー別紹介)

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031