Phoenix Trend FX(フェニックス・トレンド FX)【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

百発百中のトレンドを1秒で見破る

 

コロナウィルスの影響もなんのその。

 

どんどん新商品を出しているクロスリテイリングから、
またまた新商品が発売されました。

 

今回の商品は、エリオット波動の5波の初動を的確にとらえて、
5波のトレンドに乗って利益を伸ばしていく
という内容になっています。

 

脇田氏が百発百中と言っているのは、このエリオット波動5波で、
3波が発生し、4波の調整後に確実に発生するため、
このような表現をしているようです。

 

 

ちなみに、今回の商品は大々的にアフィリエイターを使って販売せず、
集めたリストに対して販売しているようです。

 

そのため、インフォトップランキングなどには、
登場していません。

 

 

販売価格49,800円と、最近のクロスリテイリングが
よく設定する価格になっています。

 

こうした裁量系のトレードでは、比較的高い商品と言えると思います。

 

 

裁量系トレードとお伝えしましたが、
実は、動画内や販売ページではほぼ自動でトレードができる
というような雰囲気の表現が多々出てきます。

 

明らかにこの表現からは、楽して稼ぎたいとか、
FXトレードの知識が乏しい初心者に向けて、
いかに簡単に稼げるのかということをアピールして
購入につなげる意図が垣間見えます。

 

 

Phoenix Trend FX(フェニックス・トレンド FX)では、
3つのツールが提供されており、これを使うことで、
ほぼ自動的にFXトレードができるということだそうです。

 

3つのツールというのが以下になります。

 

1.パーフェクトE×Gサイン
2.マルチタイムE×Gチェッカー
3.マネジメントE×Gツール

 

 

 

 

Phoenix Trend FX(フェニックス・トレンド FX)は、
エリオット波動の5波の発生を見極めて、
その5波のトレンドに乗って利益を得るという
トレンドフォローの手法になります。

 

このパーフェクトE×Gサインは、
Phoenix Trend FX(フェニックス・トレンド FX)のキモである
エリオット波動の5波の発生を教えてくれるツールです。

 

 

全部で2つのサインを出すようで、
1つはエリオット波動3波の終わり
もう1つはエリオット波動5波の初動
メールアラートで教えてくれます。

 

つまり、エリオット波動3波のサインが発生したら、
トレードを行う準備をして、5波の発生と同時に
トレードを行うといった具合で利用します。

 

 

 

2つ目のツールが、マルチタイムE×Gチェッカーというもので、
5分足、15分足、30分足、1時間足、4時間足、日足について、
常時監視してくれるツールです。

 

Phoenix Trend FX(フェニックス・トレンド FX)は、
短い時間足および長い時間足のどの時間足でも
使える手法ということで、面倒な複数の時間足での確認を
自動でツールが行ってくれるというわけです。

 

 

 

そして最後が、マネジメントE×Gツールで、
エントリー枚数・利確・損切りの操作を
ツールが自動的にやってくれるというものです。

 

あくまでエントリーは自分で行いますので、
この点は注意してください。

 

口座に入っている資金に合わせて、
エントリーのロット数を計算してくれて、
損切りと利確も自動でやってくれるということで、
エントリータイミング以外は何も考えないで良さそうなツールです。

 

 

このように、FXで楽して稼ぎたいと考えているユーザーにとっては、
願ったりかなったりのツールが並んでいるというわけです。

 

しかし、よくよく販売ページなどを見ていくと、
100%自動化しいては勝てない可能性を示唆している点が
いくつも出てきます。

 

この点をもう少し掘り下げたいと思います。

 

 

 

サインに従えば勝率が再現できるわけではない

 

Phoenix Trend FX(フェニックス・トレンド FX)は、
いつものクロスリテイリングらしく、誇大広告だろう
という数字が並びまくっています。

 

・勝率95.7%

 

・年間1億3800万円クラスを誰もが狙うことができる

 

・勝率100%の無敗の月は負けるストレスがない

 

・投資歴や年齢、才能やセンスは一切不要

 

まぁこのくらいにしておきましょうか(笑)

 

 

当然ながらこの数字を達成できるような手法やツールであれば、
誇大広告ではありません。

 

 

しかし、よく話されている動画を見たり、
書かれている文章を見ると、ツールに従うことで、
この数字を再現できるわけではないような
表現がいくつかあります。

 

 

例えば、この記載があります。

 

エントリーチャンスを教えてくれるツールもできましたし、
そのサインに従うだけでもトレードを始められる。

 

 

このツールのサインに従うとトレードはできるが、
同じ勝率を再現できるということは一切書いていません。

 

あくまでツールのサインは、エントリーの可能性を示唆している
というものにすぎず、そのサインを利用してトレードするかどうかは、
自分の裁量判断が必要ということになります。

 

 

また、動画内で視聴者からの質問に答えているのですが、
ツールのみで稼ぐことは可能だが、相場状況によるし、
検証時のその勝率は70~80%であると言っています。

 

 

 

これはツールのサインに従うだけでは勝てない可能性がある
ということを自分で言っているようなものです。

 

もちろんFX商材を販売するにあたって、
断定的な表現ができないのは理解できます。

 

それでしたら、勝率95.7%とは記載せずに、
70~80%と謳うべきだと思います。

 

 

毎回思いますが、こうした都合の良い数字だけを切り出して、
初心者に魅力的な数字だけを見せるような手法で
参加者を増やそうとしている時点で大したことない
ツールだと思ってしまいます。

 

本当に自信があるツールであれば、
堂々と実際の数字を公開して販売すればいいし、
そうした方が、ユーザーの満足度から評判が上がり、
販売本数も伸びる結果になると思います。

 

それをあえて、都合のいい数字でよく見せようとしている時点で、
「とにかく売れれば良い」という雰囲気を
販売者から感じてしまいます。

 

 

Phoenix Trend FX(フェニックス・トレンド FX)の
販売ページの魅力的な数字やツールを見て、
購入してみようと思われる方もいらっしゃると思いますが、
ここは一旦冷静になって、判断されることをおすすめします。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

 

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930