Phoenix Trend FX(フェニックス・トレンド FX)【追加検証と新管理人評価】

 

 

商材概要

 

もはや定番!またもトレード履歴捏造疑惑!!

 

みなさま、こんにちは。

 

FTK管理人のキャプテンです。

 

今回検証するのは、クロスリテイリング株式会社から販売されている
Phoenix Trend FXというFX商材です。

 

なぜかこのクロスリテイリングさんの商材レビューを依頼されることが
非常に多いのですが、もはやFXの商材のレビューというよりは、
詐欺商材の検証に近くなっている気がします。

 

さて、今度はどんな誇大表現が散りばめられているのでしょうか…苦笑

 

 

まず、 この商材のコンテンツホルダーは脇田輝明氏という
まだ若い方のようです。

 

ランディングページの自己紹介には大学を中退後、独立し、
その後エンジェル投資などに興味を持ち失敗した結果、
FXの世界に入ったとあります。

 

しかし、ご自身のトレーダーとしての実績は明確には書かれていません。
いくつかトレード実績が掲載されていますが、これまた同じように疑わしい点があります。

 

 

 

 

 

 

クロスリテイリングのコンテンツホルダーさんですが、
どうもイスラム教徒さんがたくさんいるようですね…

 

この商材のトレード履歴もまたスワップが発生しているトレードにもかかわらず
最終的には計算されていないようです。

 

 

今まで結構な数のクロスリテイリングさんの商材を検証してきたかと思いますが、
毎度毎度おかしなトレード履歴を出しているにも関わらず商材販売を続けているようです。

 

しかも、金融庁の投資助言のライセンスを持っていてこの有様というのは、
日本の法律のおかしな一面がまたここにも現れているような気もします。

 

金融庁の一つの役割として投資家の保護があると思いますが、
このような怪しい業者をほっておくほどゆるゆるの制度の運用に
一体どんな意味があるのでしょうか?

 

ライセンスを与えてること自体が信じられないレベルです。

 

いずれにしてもこのような甘さ、おかしさが日本ぽいなぁと感じます。

 

これだけ客観的におかしいトレード履歴を大々的に謳っているにも関わらず、
金融庁が発行したライセンスを持ち続けられるということに私は疑問があります。

 

購入者がいるからこそ事業が続いているという前提に立つと、
購入者の方はそこに気づかない初心者の方か、もしくはそれ以外のポイントを重視して
商材選びをしている
可能性もあると思います。

 

 

話がずれてしまいましたが、購入する側がそのあたりを気にしてないのであれば
おそらくその手法そのものに価値があるのかどうかという観点と
コンテンツの内容が価格に見合うのかという点を重視しているように感じますので
その視点でレビューして参りたいと思います。

 

 

いずれにしてもこの脇田氏という若者のトレーダーとしての実績は不明で、
何者なのかは正直わかりません。

 

もはや、このランディングページのトレード履歴や実績についてコメントするのは
時間の無駄なような気もしますが、ランディングページでうたわれている

 

勝率95.7%
年間1億3800万円

 

この数字は投資資金が100億あって年間に数回しかトレードしない限り
まず不可能な数字だと思います。

 

 

このランディングページに並べられているトレード履歴や実績は
全てかなり怪しいとした上で、一体どんな手法とコンテンツ内容なのかという点を
検証していきたいと思います。

 

 

 

エリオット波動とグランビルの法則をミックスさせたサインツールでの取引手法

 

さて、このPhoenix Trend FX(フェニックス・トレンド FX)の手法に関してですが、
エリオット波動グランビルの法則をミックスさせたサインツールを使う手法です。

 

 

 

 

エリオット波動というものはトレードを、特にテクニカル分析を
一通り勉強された方であれば聞いたことはあるかと思います。

 

全くの初心者の方向けに極めて簡単に説明をすると、

 

『チャートの動きはエリオット波動で定義された動き方をする』

 

と言うものです。

 

 

エリオット波動は上昇と下降を端から形成されそれでひとつの周期とする考え方で
さらに言うと一つの波の中にちいさな波動がありフラクタル構造となっている
というのが特徴です。

 

また、最初の上昇波推進5波と呼び、それにつながる下降波調整3波と呼びます。

 

 

 

 

基本的にエリオット波動を使ったトレードでは
一番足の長くなる第3波を捉えようとするものが多いのですが、
この商材では第5波を狙うとしています。

 

そして、その理由は第3波のエントリーが難しいからとのことです。

 

 

私からしてみると、エリオット波動自体の論理論は非常に面白いものですし、
日本語の良書もありますので勉強してみるのは良いかとは思います。

 

しかし、そもそもこれはアメリカの株式市場をベースに作られた理論であり、
かなり古い理論ですので、 FXに適用するのはなかなか難しい理論です。

 

数年前にエリオットのブームがありましたが、今は、はっきり言って、
専業トレーダーの中ではめったに使われることのない手法になっています。

 

 

というのも、エリオット波動の解析を手動で行うのは、かなりのスキルが必要とされ
現状においては、ほとんど解析プログラムによって判定をする手法が主流となっています。

 

主にアメリカの会社がその解析プログラムの販売をしているのですが、
解析プログラムを用いた分析でさえ、第何波の可能性が何%といった
確率に落とし込むまでしかできず、現時点で第何波に当たるとか
ということは明確には言えないのです。

 

 

現にこのランディングページに実際のチャートの上にエリオット波動が書かれていますが、
かなり、大雑把な分析しかできておらず、丸印で囲った場所のように
かなりの反発があってもそれは無視せざるを得ないようだことが分かると思います。

 

 

 

 

いずれにしてもエリオット波動は、時間軸が短くなればなるほどその判定が難しくなるため
デイトレやスキャルピングには全く不向き
であることが分かると思います。

 

 

次に、 グランビルの法則についてです。

 

 

 

 

グランビルの法則は非常にシンプルなもので
移動平均線とローソク足の交差の仕方によってエントリーをするというもので、
一般的によく使われているものです。

 

また、その有効性も高く、手法の一つとして知っておいた方がいいものにはなります。

 

 

ただし、この手法の欠点としては、

 

・短い足でのエントリーチャンスの信頼性が低くなりがち
・信頼性の高いエントリーを待つとトレード機会が減る

 

と言う点があります。

 

 

この商材の手法はエリオット波動の5波とグランビルの法則の組み合わせでサインを出す
とのことですが、 少なくとも本当にこの組み合わせにおいて
信頼度の高いサインを出すにはかなりエントリー機会が減ると思われ、
ランディングページに書いてある月に350回のチャンスは
まず来ないと思って間違いないです。

 

仮に月に350回ですから1日平均17.5回のエントリーサインを出すのであれば、
短い時間足を使った、かなり信頼度の低い組み合わせで出している
ということになると思います。

 

 

 

毎度おなじみ上げ底のコンテンツ内容

 

さて、これまた既に結論の出た感のある
Phoenix Trend FX(フェニックス・トレンド FX)のコンテンツ内容ですが
以下のようになっています。

 

 

 

 

1.脇田式ロジック集中講座
2.ワキタ式 FX 集中講座
3.パーフェクトE×Gサイン
4.マルチタイムE×Gチェッカー
5.マネージメントE×Gツール
6.究極の3大ツール徹底ガイドマップ
7.超・実践的リアルトレード動画(全5本)
8.会員限定プレミアムオンラインセミナー全3回
9.徹底チャート・トレーニング
10.完全フローチャートマニュアル
11.特別フォローアップ動画
12.スペシャルサポートセット

 

特典1.スタートダッシュ Q & A オンラインセミナー
特典2.エリオット波動論スペシャル対談動画
特典3.損切りを最小限にするテクニック
特典4.エントリーを厳選するトレード極意
得点5.三種の神器インストーラー
特典6.フェニックストレード FX メール講座
特典7.フェニックスラジオ

 

 

これもどこかで見たような、クロスリテイリングさんの商材では多い
当然必要なものばかりが書いてあるだけも関わらず、
モリモリに盛ったコンテンツ内容になっているように思います。

 

 

現在公開されているロジックを見る限りでは、
エリオット波動とグランビルの法則を使ったこの手法では
精度の高いエントリーポイントでサインを出そうとすると
非常にチャンスが少なくなると思われます。

 

また、逆にチャンスを多くしようとすると信頼度が下がってしまい
当然ながらランディングページで謳われているような
勝率95.7%や年間1億3800万円は実現できないと言えます。

 

そもそも実際に億単位の資金を運用している人間から言わせると
年間1億3800万円を勝率95.7%で実現するなんて到底できません。

 

この時点で書かれている内容について信頼がありませんので、
参加する価値というのは低いと思います。

 

 

なお、グランビルの法則については書籍やネットの情報でも
十分学習することができます。

 

毎回同じことを言っている気もしますが、
恐らくうまく機能しないであろうFXとは相性の悪いエリオット波動を使った
インジケーターに頼るよりは、その資金で良書を買ったり、
実践トレードに使った方がよっぽど投資対効果が高いと思います。

 

それでは今回のレビューはここまでとさせていただきます。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

 

FTK 掲示板(お気軽にお問い合わせ・口コミなどご投稿ください)

内容をご確認の上、送信してください。

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FTK管理人(メンバー別紹介)

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930