Monster EA(モンスターEA)【検証と新管理人評価】

 

 

商材概要

 

成長は見られますが、まだまだ甘いです

 

こんにちは。FXトレーダーのキャプテンです。

 

今回はクロスリテイリング社より販売されている
「Monster EA(モンスターEA)」についてレビューさせていただきます。

 

毎回、恒例の虚偽の可能性が非常に高いトレード利益ですが、
なんと遂に成長が見られました。

 

私のレビューでは繰り返し悪質なトレード履歴捏造の可能性を指摘してきましたが、
ほとんど同じパターンで、スワップが発生している取引にも関わらず
スワップの記録がないというものでしたが、遂に間違いに気付き
信憑性の高いデータを出してきているようです。

 

私の指摘のせいで、成長していただけたなら幸いです。
(嘘の精度を高めてしまったかもしれませんが…)

 

ただ、まだまだ甘いところがありますので、
老婆心ながらご指摘させていただきます。

 

 

 

まず、こちらは今回販売されているEAのバックテストの結果で、
10年分のバックテストをしています。

 

これはメタトレーダー4に最初から備わっているストラテジーテスター
というものを使った結果の画面です。

 

これはあくまで検証用の機能ですので実際の事は全く異なりますし
調整することでいくらでも数字は変わってきます。

 

このバックテストの結果を、あたかも実績のように謳っていますが
一番違和感があるところが、様々な通貨タイプでテストしているにもわらず、
勝率は85%前後、連勝数7、連敗数1と見事に数が揃っている
ところです。

 

 

 

さて、一方でこちらが直近の1日の利益となっていますが、
トレード回数が26回で負けが9回ですので、勝率は65.4%、最大連敗数がなんと5連続と、
バックテストとの開きがあまりにも大きいのではないでしょうか?

 

もちろん10年間のテストと1日のテストでその誤差が出ることは
十分にあり得ますが、最大連敗数などは変わりません。

 

勝率はまだしも10年間で連敗したことのないソフトが、
1日で5連敗というのは、明らかにおかしい
と言えます。

 

つまり、この時点で明らかに掲載されている実績データは整合性が取れておらず、
信憑性は低いと言えることになります。

 

もし、本当にこのEAが優秀で信頼のできるものであれば、
この辺りの整合性は取れてくると思います。

 

今回もこの時点でレビューする価値をあまり感じませんが、
いったん実績の信ぴょう性はさておき、
 

そもそも使えそうな商材なのか?
また、価格に見合う価値があるのか?

 

といった点に関して検証させていただきたいと思います。

 

 

スキャル・デイトレ・スイングのすべてに使える?

 

さて、このMonster EA(モンスターEA)ですが、
EAと付くからには、もちろん自動売買ツールなのですが、
スキャルピング・デイトレード・スイングトレード、全てに使えると
摩訶不思議なことが書かれております。

 

 

 

皆さんも、よくご存知の通りスキャルピングとは数秒から数十分間、
市場の状態によっては長くても数時間、
デイトレードは24時間以内のトレード、
スイングトレードは数日から数週間のトレード
だと思います。

 

このランディングページに記載されているようなものは
全てデイトレードの範疇に入るものですし、
そもそも、分割エントリー、分割決済のデイトレードにすぎないような気がします。

 

それを、あたかもどんなタイプのトレードでもできるような書き方をしているのが
いかにもこの会社らしいといった印象を受けます。

 

さてこのMonster EA(モンスターEA)のトレードロジックを検証していきましょう。

 

 

 

3つの王道ロジック
3つのボラティリティ判断
3つのストップ戦略
3つのターゲット戦略

 

この4つがMonster EA(モンスターEA)には組み込まれているようですが、
それぞれを詳しく見ていきましょう。

 

まず、3つの王道ロジックに関しては、

 

・ギャン
・グランビルの法則
・GMMA

 

を併用するとのことです。

 

 

グランビルの法則以外はどれもメジャーなロジックといったわけではないと思いますが
テクニカルを勉強した方はギャンやGMMAについても聞いたことがあるかと思います。

 

私もギャン・ファンの考え方は好きで、実際のトレードで使うこともよくあります。

 

しかし、どれも古典的なロジックですし、ほとんどの通貨に対して有効性で
かつ、スキャルピング、デイトレード、スイングのどの局面においても有効だとは
残念ながら思えません。

 

三つのロジックが重なり合った時に有効性はもちろん高くなると思いますが、
ランディングページに掲載されているトレード履歴が本物であるのであれば、
1日に26回もの頻度でトレードチャンスが発生するようなことはなく、
おそらくロジックそのものがどれか一つに当てはまった時のサイン表示か、
トレード履歴そのものが疑わしいと言わざるを得ません。

 

いずれにしてもギャンやGAMMAなどが特にそうなんですが、
ビジュアル的な派手さを使い、さも高等なロジックを使っているかのように見せている
演出
のようにも思えます。

 

 

 

Monster EA(モンスターEA)の高額な価格設定

 

この商材のロジックとして、先程ご紹介した王道ロジック以外にも

 

3つのボラティリティ判断
3つのストップ戦略
3つのターゲット戦略

 

などがありますが、これもこの会社特有の演出に過ぎず、
中身は特に特筆すべきものはありませんでした。

 

そして、気になるコンテンツ内容ですが、

 

 

 

以上のような内容となっております。

 

こちらも毎度おなじみ、かなりの水増しコンテンツで、
そもそもEA本体の付属品であるインストーラーやマニュアル、
サポートすらコンテンツの一つとして、出しているような形です。

 

自動売買システムのはずなのにオンラインセミナーや
フォローアップ動画などがついていますが、
一体、何をレクチャーしようというのでしょうか?

 

 

しかも、この商材が、税抜きで298,000円もします。

 

消費税を含めると327,800円もしますので、
明らかにその価値はないと言えると思います。

 

自動売買ソフトの世界的な相場感などから言っても、
せいぜい2~4万円が限界といったところでしょう。

 

結論ですが、以上のことより、この商材の価値はおそらく数万円程度が妥当で、
今回のオファーは、明らかにコストパフォーマンスが合わないため、
参加は見送るべきだと考えます。

 

それでは今回のレビューはここで終わりにさせていただきたいと思います。

 

また、引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けております。

 

過去にレビューしているものでも
私の視点からのレビュー依頼をしていただいても構いません。

 

お気軽にいつでもお問い合わせください。
今回のレビューはここまでにさせていただきます。

 

ありがとうございました。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

FTK 掲示板(お気軽にお問い合わせ・口コミなどご投稿ください)

内容をご確認の上、送信してください。

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FTK管理人(メンバー別紹介)

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031