Mebius-UV(メビウス-UV)【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

FX・バイナリーオプション・日経225全てに対応したインジケーター

 

こんにちは。
FTK管理人の君川です。

 

さて、今回検証するのは、株式会社ケンコンサルティングから
販売されているMebius-UV(メビウス-UV)について
検証・レビューしていきます。

 

 

Mebius-UV(メビウス-UV)は
FX・バイナリーオプション・日経225の全てに対応している
MT4専用裁量トレード用インジケーターです。 

 

U字・V字の波形を確認するだけで
エントリーポイントを視覚的に的確に捉えることができる
というもののようです。

 

今回の販売者は、株式会社ケンコンサルティング小林憲司氏
という人物で、これまでにいくつかMT4のインジケーターを公開してきた方です。

 

今回のような移動平均線を中心とした
オリジナルインジケーターを開発するのを得意としているようです。

 

 

以前も同様に、FX・バイナリーオプション・日経225まで
すべてに対応しているインジケーターとして
Mebius(メビウス)というものを発売しておりましたが、

 

そちらも継続して公開しているようですが、
恐らくMebius(メビウス)という商品を改良したものなのかもしれません。

 

しかし、以前の募集ページを見る限りではほとんど同じのため
何をどうアップデートしたのかは分かりません。

 

 

Mebius(メビウス)の方は期間限定で値段が19,800円となっており
Mebius-UV(メビウス-UV)は29,800円のため
値上げのために違う商品として公開したのか
と勘ぐってしまいます。

 

事実はどうであれ、このあたりは募集ページにも記載しないと
私のように解釈してしまう人も出てくるかと思います。

 

 

それでは具体的に早速検証を進めて行きます。

 

 

まず、株式会社ケンコンサルティングについてですが、
googleなどで検索すると会社のホームページが上がってきます。

 

そのサイトによると、仮想通貨のマイニング事業やマイニングのマシンの販売、
レンタルサーバーやドメインなどの取得
といった事業を行っている会社のようです。

 

 

 

基本的に元はシステム関連の会社で、サーバーの構築やシステム開発を
主な生業としており、その傍らでMT4に関するプログラム開発も始めた
ということなのかもしれませんね。

 

公開されている住所はほぼ個人のマンションのような場所でしたので、
恐らく社員がいるかいないかくらいの小規模な形で
サービスを展開されている方だと思います。

 

 

なお、代表の小林憲司氏については、ネット上を検索すると、
今回のMebius-UV(メビウス-UV)のようなFX情報商材か
仮想通貨のマイニング、レンタルサーバーのような情報しかなく
小林憲司氏がトレーダーとしてどの程度の成果を上げられている方なのかは
全く不明でした。

 

特にFXなどの商材はトレード手法のロジックはもちろんですが、
販売者の実績についても考慮しておく必要がありますが、
残念ながらこのオファーについてはそういった情報が一切ありません。

 

やはり、ここは判断する上でマイナスポイントになるでしょう。

 

 

 

U字・V字トレードとは?

 

さて、ランディングページの内容やこのインジケーターのロジックなど
核心部分について触れていきます。

 

Mebius-UV(メビウス-UV)ですが、インジケーターの画像を見る限りでは
移動平均線と恐らくRCIを組み合わせて作られている
のではないかと予想しています。

 

 

 

画面をご覧いただければ分かるように、
移動平均線にしても、RCIにしても複数を表示させて
その波形の交点を見ながらエントリーをする
というもののようです。

 

移動平均線ということは公開していますが、
サブチャートに表示されている、Mebius-UV(メビウス-UV)については
RCIを使っているかどうかはあくまで予想となります。

 

ただし波形を見る限りでは近いのではないかと思います。

 

もし、移動平均線とRCIを利用しているのであれば、
比較的一般的なトレード手法を採用しているのだと言えます。

 

 

手法については、U字・V字トレード法と言っていますが、
サブウィンドウのMebius-UV(メビウス-UV)の方を見ながら
トレードを行う手法のようです。

 

Mebius-UV(メビウス-UV)については、
基本的には裁量トレードの補助のためのインジケーター
という位置づけとなります。

 

 

具体的にトレードパターンとしては合計で3パターンあり

 

1.トレンドの転換点を捉える手法
2.押し目・戻り目を捉える手法
3.ブレイクアウトを捉える手法

 

ということですが、3つ目のブレイクアウトについては、
2の押し目・戻り目を捉える手法とほぼ変わらない気がします。

 

 

ランディングページではエントリーポイントについては詳しく説明はされていますが、
逆に決済ポイントや損切りについての説明は一切ありません。

 

また、インジケーター自体もかなりラインが多く複雑に見えますので、
初心者や経験が浅い方には少しとっつきにくい
インジケーターのように感じてしまうと思います。

 

 

RCIと移動平均線を使ったトレード手法なのであれば、
先程も記載しましたが、一般的なトレード手法ですので、
優位性のあるルールは作れるかもしれません。

 

ただし、このトレード手法を用いた場合の実績については、
一切公開されておりませんので、どの程度の勝率が見込めるのか
といった部分は不透明です。

 

具体的にこのインジケーターを使ったトレーダーの
口コミなどがあれば優位性が確認できるかもしれませんが、
このランディングページの情報だけでは到底判断することはできません。

 

それに、サインツールというのはあくまでも参考としては良いものの、
ファンダメンタルなどの影響によっては通用しない相場がある
ということは理解して使う必要はあると思います。

 

 

 

資金に余裕があればトライ

 

なお、コンテンツの内容を見てみると、

 

インジケーターの本体以外には、PDFマニュアル(21ページ)
かなり簡素な内容となっています。

 

このページボリュームを考えると、
恐らくインジケーターのインストール方法と
インジケーターの見方およびエントリー方法程度の
情報量しか掲載していないと考えられます。

 

そのため、初心者向きというよりは
ある程度FXトレードやインジケーターなどに慣れた
中・上級者向けの商品と言えるかもしれません。

 

なお、サポートはメール対応のみ購入から1年間ありますので、
サポート対応については普通といったところですね。

 

 

以上の内容で、販売価格は2万9800円(税込)となっています。

 

金額としては比較的手を出しやすい価格設定になっていますが
インジケーターとその使い方でこの値段というのは
少々高いとも言えるかもしれません。

 

また、もう1つ懸念点があるとするならば、
移動平均線やRCIのラインを非常に多く描画するインジケーターですので
MT4がかなり重くなる可能性がありそうです。

 

実際は購入前にサポートで問い合わせができますので、
この点についてはしっかりと確認してから
購入したほうが良いかと思います。

 

 

まとめますと、インジケーターとしては可もなく不可もなく
といったものとなりますので、格段オススメできるものではありません。

 

ロジックも実績データも公開されておりませんので、
このインジケーターだどれほどの精度を誇るのかというのも
実際に使ってみなければわかりません。

 

ただし、価格設定が比較的安価なため、
資金に余裕がある方で、こういったツールを試してみたい
という方は利用してみてもいいかもしれません。

 

 

今後も様々な商材のレビューなどして参りますので
ご興味のある方は引き続き当ブログをチェックして下さい。

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

FTK 掲示板(お気軽にお問い合わせ・口コミなどご投稿ください)

内容をご確認の上、送信してください。

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FTK管理人(メンバー別紹介)

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2021年5月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31