FX-Katsu億トレーダー・養成アカデミー2nd【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

今度は渡英を理由にFXスクールを開校

 

こんにちは。
FTK管理人の君川です。

 

さて、本日検証させていただくのは、
無料オファー案件、「エルドラド(El Dorado)」
アフィリエイターにドンドン紹介させて
メールアドレスを集めさせていたオファーの
バックエンド商品が明らかになりましたので、
その内容について検証していきたいと思います。

 

昨年も同じ時期にFX-Katsu(鈴木克佳)氏
スクールの募集があったのですが、これで3年連続となります。

 

つまり、今回のバックエンドオファー名は
「FX-Katsu億トレーダー・養成アカデミー2nd」
と毎年募集しているスクールの再募集のような形ですね。

 

 

これまでのスクールの詳細については
当ブログでも検証させていただいていますので、
こちらも合わせてご覧いただければと思います。

 

 

FX-Katsu億トレーダー・養成アカデミー【検証と管理人評価】

 

FX-Katsu スキャルピングトレーダー養成アカデミー【検証と管理人評価】

 

 

最初のスクールは参加費用50万円1年間の受講
昨年のスクールは入学金20万円に加えて月額費用2万円

 

今年は昨年と同様入学金20万円に月額2万円となります。

 

 

昨年はいつもの“スキャルピング”に加えて“スイング”
手法を追加した手法になっていましたが、
今回はさらに“デイトレ”のロジックが追加されました。

 

毎年何かを追加する形で拡張しているとも言えますね。

 

 

なお、前回も1人でも失敗者が出てしまっては
FXトレーダーとしても講師としても引退すると言っていたのですが、
今回も毎年恒例になりつつある引退宣言を行っています。

 

しかも、今回の「エルドラド(El Dorado)」は
FX-Katsu(鈴木克佳)氏がイギリスのプロップファームである
「ウルフ・オブ・ロンドン」に参加するために作ったロジックで

 

もともとはクロスリテイリング社を辞めて
そのプロップファームにプロップトレーダーとして参加する
というつもりだったようです。

 

 

しかし、美波さんを始めとするクロススタッフなどの説得で
日本に残ることを決意して、今回は日本で公開することに決めた
というストーリーになっているのですが、
ハッキリ言って、このあたりは茶番です…苦笑

 

プロップファームというのはオーナーが出資して作った
トレード会社のようなもので、そこで会社の資金を使って
成果報酬でトレードを行う人をプロップトレーダーといいますが、

 

「ウルフ・オブ・ロンドン」というプロップファームは
全く聞いたことがありません。

 

 

ネットで色々と調査してみましたが、
一切検索にもヒットしませんので、存在自体が怪しく
今回のオファーに合わせて捏造された可能性があります。

 

少なくともプロップファームの会社の情報はネット上に公開されていますし
そのトレーダーの募集も普通に行われています。

 

FX-Katsu(鈴木克佳)氏が憧れるというのであれば、
少なくともその情報はネット上に存在しないとおかしいですが、
残念ながら海外のサイトを見て回っても一切情報がありませんでした。

 

 

もちろんこういった煽りではなく、コンテンツの中身こそ重要なのですが、
コンテンツの中身で勝負するのであれば、
このような煽り方はせずに、堂々と中身で勝負してほしいものですね…苦笑

 

 

 

追加されたデイトレ手法「エルドラド(El Dorado)」

 

「FX-Katsu億トレーダー・養成アカデミー2nd」で学ぶことができるのは
これまでのスキャルピングとスイングの2種類に加えて、
デイトレのロジックが追加されて合計3種類となります。

 

・ハイスピードスキャル(スキャルピング)
・ダイナミックスイング(スイング)
・エルドラド(デイトレ)

 

すでに、ハイスピードスキャルとダイナミックスイングは
前回の検証で取り上げていますので、ここでは触れず
新たに追加された「エルドラド(El Dorado)」のみを
とりあげたいと思います。

 

前回の検証はこちらからご覧いただけます。

 

 

FX-Katsu億トレーダー・養成アカデミー【検証と管理人評価】

 

 

エルドラド(El Dorado) ロジック概要

 

今回新しく追加されたのが、ロンドンのプロップファームが
絶賛したというデイトレのロジックで、
それが、エルドラド(El Dorado)です。

 

“価格”に注目して誰もが同じように判断できる
高い再現性を誇るということですが、その詳細は不明です。

 

移動平均線を用いた環境認識を行い、
1日のボラティリティによって、エントリーと利確のタイミングをはかり
具体的なエントリーはローソク足によって判断する
ということです。

 

 

 

 

15分足を使った手法のようですので、
移動平均線を使った環境認識で相場の方向性を読み
プライスアクションによってエントリーを判断する
デイトレロジックのようです。

 

ここまでの情報では目新しいロジックというよりは
グランビルの法則のような割と一般的なデイトレロジック
なのではないかなと予想できます。

 

 

また、いつもどおりこのデイトレロジック
エルドラド(El Dorado)にはサインツールが用意されており
裁量判断なしでエントリーを行うことができます。

 

 

 

 

海外のプロップファームが絶賛したトレード手法
と言う割にはロジックも非公開ですし、
公開されている情報からは一般的な手法としか言いようがなく
正直評価の難しいものになっています。

 

 

 

毎年、評価は同じくFX-Katsu氏から学びたい人向け

 

「FX-Katsu億トレーダー・養成アカデミー2nd」では、
スキャルピング・デイトレ・スイングとすべての手法で
サインツールが用意されているということが
アピールされていますが、

 

サインツールがある=無裁量で楽して稼げる

 

と考えるのは少々危険だと思います。

 

あくまで裁量補助のためのツールと割り切り
FX-Katsu(鈴木克佳)氏のトレードに対する考え方を学ぶ
という姿勢がある方は参加を検討してみてもいいと思います。

 

 

少なくとも前回のスクール同様

 

・毎週開催のオンラインセミナー(年間48回)
・毎週提供の動画コンテンツ(年間48回)
・毎月開催のロジック・ツール開発勉強会
・リアルセミナー
・トレード添削コンサルティング

 

など、FX-Katsu(鈴木克佳)氏のトレード手法を学べる
コンテンツ量は豊富だと言えます。

 

 

ただし、ご存知のようにFX-Katsu氏はトレーダーというより
最近では動画のナビゲーターとしての役割が多く
トレーダーとしてどこまで優秀なのかは不明です。

 

ランディングページに掲載されている実績も
そのほとんどがモザイクで隠されていますので、
どこまで本物の実績なのかは分かりません。

 

 

今回のデイトレロジックについても
公開されている情報からは目新しさや独自性は感じられず
ここで身につけられるトレード手法で結果が出る
という保証はありません。

 

エルドラド(El Dorado)というトレード手法に惑わされず
またサインツールに頼らず、しっかりと裁量トレードを身につける
という目的で参加するのであれば、失敗は少ないかもしれませんが、

 

こうしたサインツールやトレード手法に期待をいだきすぎて
このスクールに参加すれば勝てると考えている方には向かず、
あくまでFX-Katsu氏が好きでその手法を学んでみたい
という方向けのスクールだと言えるでしょう。

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

FTK 掲示板(お気軽にお問い合わせ・口コミなどご投稿ください)

内容をご確認の上、送信してください。

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FTK管理人(メンバー別紹介)

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930