モンスタースキャルFX【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

謎のトレーダーGaia(ガイア)氏の独自1分足FX手法

 

こんにちは。

 

FTK管理人の君川です。

 

最近は1分足5分足といった短い時間足でトレードをする
キャルピングの手法が流行っているような感じがしますね。

 

恐らく、すぐに手仕舞いができるということと
短時間でのトレードになるためリスクが少ない
ということが人気のようですね。

 

 

そこで、今回は以前から問い合わせの多かった
LTCM合同会社から販売されている「モンスタースキャルFX」
という、これも1分足スキャルのオファーについて
レビューさせていただこうと思います。

 

1分足のスキャルピング手法ということ
そして常識破壊のシンプルなトレード手法ということで
多くの方が注目をしているようですね。

 

 

なお、今回のモンスタースキャルFXの講師は加藤ムネヒサ氏
手法開発にGaia(ガイア)氏というの2名でタッグを組んで
販売されているものとなります。

 

加藤ムネヒサ氏に関してはすでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、
FXゴールドナビというFX情報商材の検証・レビューサイトを運営されており
他にもYouTubeなどのメディアでテクニカル分析の解説をされています。

 

一方のGaia(ガイア)氏に関してはFX歴9年
FXコンサルやセミナーへの参加を通じてFXの知見を高め、
妥協しない徹底検証とデータ集めで、今回の独自の1分足メソッド
モンスタースキャルFXに到達したとのことですが、

 

インターネット上で調べてみても過去の活動は確認できず、
トレーダーとしての実績は分からずじまいです。

 

 

Gaia(ガイア)氏が考案した独自の手法を販売するからには、
Gaia(ガイア)氏の実績は気になるところですが、
残念ながら公開はされておりませんので、

 

モンスタースキャルFXのトレード手法部分や
ロジックに関して主に検証していきたいと思います。

 

 

 

市場開始直後の波に乗る順張り1分足スキャル

 

モンスタースキャルFXのトレード手法は
1分足のスキャルピング手法となります。

 

特に、市場オープン直後のボラティリティの高まるタイミングを狙い
1分足のローソク足の形状を見て利益を抜き取る手法
です。

 

 

この時点で気がついた方もいらっしゃると思いますが、
先日検証をさせていただいた、
「ぷーさん式FXスキャルピングトレード手法 閃-せん-」
の手法とかなり似ていますね。

 

「ぷーさん式FXスキャルピングトレード手法 閃-せん-」も
ロンドン時間およびニューヨーク時間の値動きを狙い
1時間以内に利益を出す手法でした。

 

よかったらこちらの検証記事の方も合わせてご確認ください。

 

 

ぷーさん式FXスキャルピングトレード手法 閃-せん-【検証と管理人評価】

 

 

一部違う点があるのですが、モンスタースキャルFXでは、
東京、ロンドン、ニューヨーク市場のオープンのタイミングを狙うため
東京時間も加わっているという点です。

 

 

もう1点は、トレード手法そのもので、
「ぷーさん式FXスキャルピングトレード手法 閃-せん-」では、
現時点で2つのトレード手法が用意されており
大陽線1本および2本出現したタイミングでの
エントリーになっています。

 

モンスタースキャルFXでは、あくまで市場オープンのタイミングの
1分足のローソク足の形状のみに着目しており
瞬間的にエントリーするかどうかを判断します。

 

 

 

 

ランディングページではモンスタースキャルFXのメリットとして
チャンスが豊富で毎日発生する事をあげていますが、
実際は1日MAX3回とそこまでの頻度ではありませんし、

 

ロンドン・ニューヨーク市場のオープン時のエントリーに関しては
応用テクニックとして紹介されていますので、
実際には東京時間をメインとする1日1回とかなり限られたタイミング
となってしまいます。

 

また、仕事が忙しく、トレードに張り付く時間を減らしたい方に
オススメとありますが、東京、ロンドン、ニューヨーク市場の
オープンのタイミングではチャートに張り付く必要があるため、
これらの時間に取引ができない方は、そもそもこのオファーに
参加する意味はなさそうです。

 

 

なお、「ぷーさん式FXスキャルピングトレード手法 閃-せん-」では
市場オープンから1時間以内にエントリーと決済をする
ということで、モンスタースキャルFXと比較すると
よりゆっくりトレードすることができますね。

 

その分、恐らくエントリーのチャンスも多くなるため
実際は「ぷーさん式FXスキャルピングトレード手法 閃-せん-」の方が
エントリーチャンスは多くなるかもしれません。

 

 

また、ランディングページでは平均リスクリワードを1:1
平均勝率を約80.89%(89トレード中72勝)と謳っていますが、
残念ながらフォワード実績などは公開されておらず
実際の取引実績が確認できないため、再現性は不明となっています。

 

手法としては独特で面白みはあるものの、
全体的に実際の手法の内容に対してやや誇張しすぎな
表現が多いように感じますね。

 

 

モンスタースキャルFX 概要

 

・ロジック:市場オープンのタイミングの1分足のプライスアクション
・トレード時間:東京・ロンドン・ニューヨーク時間開始直後
・勝率:約80%
・リスクリワード:1:1

 


 

 

 

トレード手法のパターンの1つとしてはあり

 

モンスタースキャルFXのトレードロジックはご説明したとおり
市場オープン時に発生する大きな流れに乗って
瞬間的に利益を出すものになっています。

 

確かに市場オープン時は参加者が多く市場の方向性も掴みやすいので
理にかなった手法であるとは言えますが、その方向性を
1分足のプライスアクションのみで判断するという点については
どの程度の再現性と優位性があるのかは不明です。

 

1分足の形状のみでのエントリー判断となりますので、
複雑な環境認識やファンダメンタルズ分析などは考慮しなくても
実践できるという点ではお手軽な手法と言えそうですね。

 

 

また、値段については54,780円と安価というわけではありません。

 

「ぷーさん式FXスキャルピングトレード手法 閃-せん-」が
29,700円というところからすると、同じような手法にしては
割高感が出てしまいますね…。

 

 

また、市場のオープンのタイミングを狙った
プライスアクションの手法1点張りの商品となっており、
1回あたりの収益も10pips前後とそれほど見込めませんので、

 

FXのトレードの基礎を学びたいという方や
様々な手法を身に付けたいという方には物足りなく感じるでしょう。

 

ですが、手法としてはシンプルですし、他の手法の邪魔をするものでもなく
エントリーのタイミングも市場のオープン前後の時間帯と限定的ですので
ご自身のトレード手法をお持ちの方であっても
シンプルなルールでプライスアクションを用いたトレード手法を
1つ加えてみたいという方は手に取ってみても良いかもしれません。

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問合せください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

FTK 掲示板(お気軽にお問い合わせ・口コミなどご投稿ください)

内容をご確認の上、送信してください。

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FTK管理人(メンバー別紹介)

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031