KIRIN 麒麟【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

マイナー通貨ペアEAの第二弾「KIRIN 麒麟」

 

こんにちは。

 

FTK管理人の君川です。

 

マイナーな通貨ペア「GBP/CAD」というものを選択しなが
安定的に好成績を生むことで話題になった自動売買EA
「神龍」をリリースした株式会社グローバルイノベーションから、
第二弾のEAが発売されました。

 

第二弾の商品の名前は「KIRIN 麒麟」とこれまた
前回同様中国の伝説上の生物の名前から名付けられており、
今回取り扱う通貨ペアもAUD/CADとこれまた
マイナーな通貨ペアとなっています。

 

 

なお、前回はEAでは一般的なナンピンを用いた
トレンドフォロー型の手法が採用されていましたが、
今回はリスクを限りなく抑えた安定的な運用を目的とした
EAとなっているようです。

 

「心に平穏を保ったまま運用できるEA」というコンセプトから、
「太平の世に現れる」という中国の伝説上の聖獣の麒麟にあやかって
商品名が決められたとのことです。

 

 

なお、今回の自動売買システムの開発者は
前回の商品と同様若林よしたか氏という方ですが、

 

インターネットで調べた限りでは
FXトレーダーとしての実績は確認できず、前回販売した
神龍についての評判のみとなります。

 

 

そして気になるのが、前回若林よしたか氏及び
株式会社グローバルイノベーションが販売した
自動売買EA「神龍」ですが、インターネット上の情報を見る限りでは
平均月利約10%というEAの実力や、経済指標の配信
LINEでの口座開設やEA導入に関する充実したサポート体制もあって
まずまずの評判だったようです。

 

それだけに気になるのが第二弾となる今回のEA「KIRIN 麒麟」
ですが、果たしてその優位性はどうなのでしょうか。

 

 

 

「KIRIN 麒麟」はAUD/CADで安定的な運用を実現

 

冒頭でお伝えした通り麒麟が取り扱う通貨ペアは
オーストラリアドルとカナダドルのみを対象としており、
日本では取り扱う証券会社がかなり限定された
マイナーな通貨ペアとなっています。

 

通貨の組み合わせによって値動きの特徴に大きく差が出るため
トレードで収益を得るにはその通貨ペアの特徴に
我々トレーダーが柔軟に対応する必要がありますが
それだけに気になるのがAUDとCADの通貨としての特徴です。

 

 

 

 

通貨の値動きの特徴はその国の政治経済財政的基盤などと
相関がありますが、オーストラリアとカナダはどちらも
先進国として経済的に安定している上に、国家の財政的基盤が
天然資源の輸出となっています。

 

いわゆる資源国通貨同士のペアということですね。

 

 

また、天然資源の輸出品目に関しては
どちらも鉱物資源石炭が大きな割合を占めるため、
オーストラリアとカナダの経済状況は他の国同士と比べて
強い相関関係があり、それゆえにAUDとCADも相関があるため
値動きは小さく、長期的にみてレンジ相場となる傾向にあります。

 

そして、今回の麒麟はトレンドフォローによって
大きく利益を狙うというよりは、リスクを抑えて
安定的にコツコツ利益を得ることを目的としたEA

 

このようなEAのコンセプトを考慮すると
AUD/CADを対象としているのは最適かもしれません。

 

 

また、ランディングページにも記載がある通り、
複数の通貨ペアを取り扱うのではなく、
一つの通貨ペアの値動きに特化して開発することによって、
EAの裏側のロジックの精度を高めることができる
という開発側の利点もありますね。

 

また、FXトレードでは過去の値動きのパターンから将来の
値動きを予測するテクニカルな分析だけでなく、

 

経済指標の発表などのイベントに応じて取引を控えたり、
長期的なトレンドを予測するファンダメンタルな分析も
必要となりますが、1つの通貨ペアに限定することにより
利用者が対応するイベントを限定でき、その分精神的に
安定したトレードができるとのことです。

 

 

 

「KIRIN 麒麟」の運用実績

 

そして、気になるのは「KIRIN 麒麟」の実際の運用成果です。

 

ランディングページでは麒麟はレンジトレンド両方に対応した
2WAYヘッジトレード
と記載がありますが、
麒麟がチャート上でエントリーしたポイントを示す
具体的な証拠画像はなく、残念ながら
手法の具体的な内容を知ることはできません。

 

 

手法を知ることが出来ない以上、
バックテストフォワード実績など
ランディングページ上で公開されている運用実績から
EAの実力を判断せざるを得ませんが、

 

ランディングページでは2020年1月から2021年6月までの1年半
100万円の証拠金で約296万の結果となっている様です。

 

月利に変換すると7%前後なので、安定運用型のEAとしては
まずまずの成果なのではないでしょうか。

 

 

 

 

そして気になるのが公開されているデータの信ぴょう性ですが、
どこかの大手FX情報商材販売会社に代表されるような
取引履歴のレポートにモザイクがかかったり、数値隠されている
EAが多い中で、バックテスト上の取引履歴は
全て公開となっています。

 

また、前回のオファーである神龍のリリース時には
神龍で実際に運用しているデモ口座を公開していたものの、
第三者による悪用が確認されたとのことで
非公開になったそうです。

 

 

ランディングページでは

 

「嘘偽りのない運用成果を公開」
「自信があるからこそごまかし用のないデータを公開」

 

など、かなり強気な物言いが要所要所で感じ取れますので、
折角ならば何かしらの形でフォワード実績を公開して
いただきたかったですが、以上の経緯を踏まえると
ある程度信憑性はあるように感じます。

 

 

 

基本のサポート体制と配信コンテンツ

 

自動売買EAということで購入を検討されている方の中には
FXトレードについて初心者や未経験者の方も少なからず
いらっしゃると思いますが、気になるのはEA導入までの
サポート体制です。

 

麒麟のコンテンツは

 

・証券会社口座開設&入金マニュアル
・VPSレンタルマニュアル
・EA設置マニュアル
・FX自動売買ソフト(麒麟)の提供

 

サポートは

 

・無期限、回数無制限のLINEサポート

 

となっています。

 

 

口座開設や入金からVPSのレンタル、EAの設置と
初心者にとってはステップが多く
多少ハードルが高い内容となっていますが、
無期限・無制限のLINEサポートにより
初心者でもトレードが開始できるような体制が
整っていると言っていいと思います。

 

 

また、値動きに影響を与える可能性のある、
取引を控えた方が良いニュースの際には
同様にサポートLINEから配信がある様です。

 

この点は、既にある程度トレードに馴染みのある方でも
有用なコンテンツなのではないでしょうか。

 

 

EAのロジックの全容は掴めませんが、値段も19,800円
EAの商品の中ではまだ手の出しやすい価格となっています。

 

また、サポート体制もある程度整っており、
AUD/CADという通貨ペアの性質上、他の通貨ペアと比べると
大きく勝つこともなければ、大負けする可能性も少ない
と思いますのでので、このEAに興味を持ったといった方は
試しに購入を検討されてみても良いかもしれません。

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問合せください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

FTK 掲示板(お気軽にお問い合わせ・口コミなどご投稿ください)

内容をご確認の上、送信してください。

コメント一覧
  • ユーザー

    どうやら実際に運用している口座アカウントは非公開らしいです
    この時点でアウトですね
    myfxbookでユーザーに確認させることだってできるはず

    匿名さん

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

FTK管理人(メンバー別紹介)

FXトレード研究会(FTK)お問い合わせフォーム

FXトレード研究会(FTK)お問い合わせフォーム

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031