スローライフFX【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

新しいスタイルのトレード方式?!「スローライフFX」

 

こんにちは。

 

FTK管理人の君川です。

 

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

前回は安田浩之介氏から発売されているCFD取引の
情報商材オファー「CFDの教科書」について
検証させていただきました。

 

その際、販売者の安田浩之介氏についての紹介時に
同氏から販売されているFX情報商材のオファー
スローライフFXについて触れさせていただきましたが、

 

こちらについても検証依頼の声をいただきましたので、
今回はスローライフFXについて検証していきます。

 

 

改めて、今回のスローライフFXの販売者である
安田浩之介氏について触れさせていただきます。

 

インフォトップにて、前回ご紹介したCFDの教科書という
CFD取引全般を取り扱う情報商材、
またサブスクリプションビジネスの運用方法や
競艇の投資方法に関する情報商材もリリースしているようです。

 

情報商材の販売の傍ら、福岡県の直方市にて建設業を営んでいる
ようで幅広くビジネスを手がけている印象を受けますが、
インターネット上で安田浩之介氏の個人としての
トレーダーとしての実績や活動を確認することはできませんでした。

 

 

販売者の安田浩之介氏の詳細についてや、これまでリリースした
商品の品質に関しては、前回のCFDの教科書の検証記事が
参考になりますので、こちらをぜひご覧ください。

 

 

CFDの教科書【検証と管理人評価】

 

 

トレーダーとしての実績が確認できない以上、今回もランディングページ上の
情報のみでスローライフFXの購入価値を判断せざるを得ません。

 

ランディングページの冒頭では、

 

・全く新しいスタイルのトレード方式
・ゆったりした流れの中で勝利を狙いにいく
・最大月収3,700,000円

 

といったコピーや実績が並んでおり、仕事の片手間で
気楽にトレード収入を得られるような印象があります。

 

 

スローライフFXというオファー名の通り、
トレードのスタイルは日足や週足といった長めのスパンでの
トレード
を行うようです。

 

スローライフFXは果たして本当に、ゆったりとした感覚で
月収3,700,000円を達成できるほどのオファーなのでしょうか。

 

ここからはスローライフFXの気になる具体的な
コンテンツ内容について検証していきます。

 

 

 

「スローライフFX」は長期保有・トレンドフォロー型の感覚的トレード

 

スローライフFXは複雑なテクニカル分析を一切使わず、
視覚的・感覚的なトレードを重視するようです。

 

具体的には、日足・週足といったスイング・長期保有型で
トレンドフォロー型のトレード
を行うといったもののようです。

 

 

 

 

上の画像のように、明らかに一方向にトレンドが発生している
といった通貨ペアに対して、感覚的に順張りでエントリーする

という手法のようです。

 

 

このように、難しいテクニカル分析を用いることなく
初心者でも簡単に感覚的なトレードを行える場面を
ランディングページでは「ある法則」と称していますが、
残念ながらこの「ある法則」についてはランディングページ上では
非公開
となっています。

 

また、ナンピンによって、あるポイントでポジションを買い増し、
売り増しすることによってより大きな利益を狙うとのことですが、
こちらもランディングページ上では非公開どころか、
紹介されている実証データからも推察することができません。

 

 

 

 

こちらはユーロ円でのトレードの実践データの画像ですが、
買いエントリーと決済ポイントが矢印で明示されてはいるものの
そのエントリー基準は画像からは明確に推察することはできません。

 

水平線トレードか、プライスアクションかはわかりませんが、
少なくともこれらのテクニカル分析を用いている時点で
初心者が簡単に再現できるような感覚的なトレードではありません。

 

画像では下降トレンドから上昇トレンドに転じて、その後再度
下降トレンドに転じるという二度のトレンド転換が発生していますが、
トレンドの初動から終点を初心者が感覚的に理解して掴むというのは
至難の業
です。

 

熟練したトレーダーでも、これだけ精度の高いトレードを行うには
少なくとも上記で用いたテクニカル分析の手法や、
本商品では用いないと説明しているMACDや移動平均線などの
ツールによる分析が必要だと思います。

 

むしろ、感覚的にエントリーするトレーダーならば、
買いエントリーと紹介されているポイントでは下降トレンドが
続いていると判断して、売りのエントリーをするのが
普通なのではないでしょうか。

 

 

 

 

そのほかの実証データについても、冒頭に紹介されたような
トレンドフォローとは名ばかりで、トレンドの初動から終点を
掴むような極めて技術を要するようなエントリーと決済となっており、
具体的なエントリーの根拠に乏しく再現性がかなり低い
と思われます。

 

 

 

「スローライフFX」は再現性・有効性の低い感覚的トレード

 

 

スローライフFXは、初心者でもわかるようなトレンド相場において
長期スパンでのトレンドフォローを行うことにより
大きな値幅を取りに行く感覚的トレードとのことですが、

 

その実態は感覚的というよりも単純にエントリー根拠に乏しく
素人の勘と思えるほど再現性の低く、実際には稼げないような
トレードロジックであるように感じます。

 

当然、FXの世界というのは素人の勘で利益を上げられるような
甘い世界ではありませんし、リスク管理もせずに根拠のない
感覚的なトレードを繰り返していると、資金がすぐに底を尽きて
しまいます。

 

 

前回ご紹介したCFDの教科書でも、テクニカル分析を用いることなく
明らかに勝てるようなトレンド相場でのエントリーや
ファンダメンタル材料を用いたエントリー手法を売りにしていましたが、

 

本商品の販売者である安田浩之介氏は、単純にテクニカル分析の
技量や知識に乏しく、感覚的なトレードを売りにしたオファーしか
販売できないのではないでしょうか。

 

また、ランディングページ上で紹介されている実証データの
エントリーポイントについても、今回のスローライフFXと
CFDの教科書のどちらも、ランディングページの説明に都合の良いような
トレンド相場の場面を選んで切り取っているだけ
のような印象です。

 

 

CFDの教科書【検証と管理人評価】

 

 

ランディングページ冒頭の最大月収3,700,000円という数値実績は
スローライフFXのノウハウ実践者の一ヶ月間の最大月収とのことですが、
こちらも実際のトレード履歴はなく、証拠がありません。

 

商品のトレード手法も再現性が低く、トレードを再現したところで
ランディングページ通りの利益が狙えるような証拠が一切ありませんが、

 

初心者にありがちな根拠のない感覚的なトレードは資金を溶かすだけ
ですので、しっかりと根拠を持って勝てるトレードができるような
知識と技術を身につけたいという方は購入を控えた方が良いでしょう。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問合せください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

FTK 掲示板(お気軽にお問い合わせ・口コミなどご投稿ください)

内容をご確認の上、送信してください。

コメント一覧
  • ユーザー

    感覚的に順張りで儲かるって(笑)
    堂々とエアプ無知晒して恥ずかしくないのかな??

    匿名さん
  • ユーザー

    はじめまして、こちらの掲示板に投稿するのは初めてです。自分はFX初心者なんですけど、マニュアルがシンプルで誰でも実践できそうな印象を持っていながらもマニュアルが結構なボリュームのようなので途中で挫折してしまわないか心配になってます。そのへんはいかがでしょうか。

    質問です。さん
  • ユーザー

    セールスページ見てても収益性にまったく根拠がないですね

    誤魔化しようがない実績と言ってなんで過去チャートなのか意味不明です笑

    匿名さん

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031