『先読みRCI』RCI6入門【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

RCIだけで未来の相場を先読み?!「『先読みRCI』RCI6入門

 

こんにちは。

 

FTK管理人の君川です。

 

 

情報商材やオンラインサロンに参加したいという方は、
必ずしもトレードを一から始めたいという初心者の方だけではないでしょう。

 

トレンドラインやレジサポライン、出来高やオシレーター系ツール、
一通りの知識は身につけたものの、いざトレードを実践しようと思うと、
どのように各種ツールや指標を使えばいいかわからない
という方も少なくないのではないでしょうか。

 

例えば、トレンドフォローのように、ある特定の手法を身につけるためや
その手法の精度を高めるためにインジケーター等を探すものの、
どのオファーに参加すればいいか悩ましいという声も多く耳にします。

 

特定の手法に関するサインツールやオファーの検証依頼も
当サイトに多く届いておりますが、今回はそのようなご依頼に応える形で
RCI手法特化型システムトレーダーMax氏のFXオファー
「『先読みRCI』RCI6入門」について検証したいと思います。

 

 

RCIは日本語で「順位相関指数」と呼ばれるオシレーター系指標の一つで、
時間と価格の相関関係の強さを測定することでトレンドの方向性や強さを
測定することができるため、オシレーター系指標の中でも
比較的多くのトレーダーから支持されています。

 

RCIは-100%から100%の間で推移しますが、
0%より上にRCIが推移している場合は上昇トレンド、
下に推移している場合は下降トレンドと判断できます。

 

また、80%以上に位置する場合は買われすぎ、
-80%以下に位置する場合は売られすぎの目安と判断するのが一般的です。

 

 

 

 

一方でこれはオシレーター系指標に共通する問題ではありますが、
RCIを描画・計算する対象の期間についてはトレーダー自身が、
自身の取り扱う通貨やトレードスタイルに応じて有効性が発揮されるよう
柔軟に設定を変更する必要があります。

 

また、1つの期間のRCIだけを見るのではなく、
短期や中期・長期と複数のRCIを描画し、それぞれのRCIの位置関係から
トレードの判断を行う手法が一般的であり、なおさらRCIの有効的な使用方法を
見つけ出すのが困難となっています。

 

 

トレーダーによって使用方法が異なるRCIですが、
今回のオファーの講師を務めるシステムトレーダーMax氏は
FXトレード歴15年で使用するテクニカル指標はほとんどRCIである一方、
10本ものRCIを用いてトレードを行い、10本のRCIを駆使した結果用いるサインは
合計12個にのぼるというRCI特化型のFXトレーダーです。

 

また、こちらもオシレーター系指標共通ではありますが、
ローソク足での実際のチャートの推移に比べると値動きと遅れて連動することで
売買の判断が遅れるというRCIの欠点
をなくし、将来を予測したトレードを行う
「先読みRCI」という手法を開発されたそうです。

 

RCIをメインの手法としてトレードされてきた方による
RCIの欠点を克服した独自の手法を身につけられるということで
期待感の高まる今回のFXオファー「『先読みRCI』RCI6入門」ですが、
ここからはその手法についてもう少し深掘りして検証してまいります。

 

 

 

「『先読みRCI』RCI6入門」は必ずしも初心者向きとは言い難い

 

「『先読みRCI』RCI6入門」は5分足と4時間足を対象に、
6本のRCIを用いてトレードを行う手法となっています。

 

先程のトレーダー紹介ではシステムトレーダーMax氏は
普段は10本ものRCIを用いるとのことですが、今回のオファーでは
初心者でも理解できるように6本のRCIに限定し、またそれに応じて
用いるサインもNo.1とNo.10に限定されています。

 

RCIの本数と使用サインが限定されたとはいえ、
本手法を身につけるための想定時間は3-4週間、
またPDFマニュアルのページ数も160ページにのぼるとのことです。

 

 

そして今回のオファーで学ぶことのできる「先読みRCI」の特徴ですが、

 

・環境認識不要
・マルチタイムフレーム分析不要
・1枚のチャートでトレード判断が完結するため、多数ペア観察可能
・システマティックなトレードで70-80%の勝率

 

の4点が大きな特徴とのことです。

 

環境認識やMTF分析不要、ルールに基づいたシステマティックなトレードで
70-80%の勝率を達成することができるとのことですが、
裏を返せば「先読みRCI」以外のテクニカル分析の手法を
身につけることは殆どできない
でしょう。

 

 

なお、ランディングページによると本商品の購入をお勧めするのは

 

・自分の力でチャートを読み取れるようになりたいFX初心者
・利益の出せるオシレーター系指標の使い方がわからない方
・今まで勝てるトレードができなかった方

 

の3点に当てはまる方とのことです。

 

確かにRCI一本で15年近くトレードを行ってきたシステムトレーダーMax氏から
先読みRCIの手法を用いることで、RCIを用いた相場分析の手法を学べる
可能性は大いにある
とは思います。

 

また、本オファーの参加者に対しては、購入者サイトにて
システムトレーダーMax氏に対して直接トレード手法に対する
質問を行うことができるとのことですので、先読みRCIの手法を
着実に身につける環境も十分に整っていると言えるでしょう。

 

 

一方で、FXトレーダーとして重要なのは、ただ勝てるだけでなく、
どれだけ稼ぐことができるかも大切になってきますが、
最終的にトレードで利益を最大化させるには、RCIだけでなく、
先読みRCIが必要としない環境分析やMTF分析の技術も必要
になってくると思います。

 

RCIを用いてある程度相場の雰囲気を掴むこともできますが、
やはり正確に相場の雰囲気を掴み、将来の値動きを予測するためには
ダウ理論やライントレード、プライスアクションなどの
その他の基本的な理論や技術も必要になるでしょう。

 

なお、今回の参加費用は54,800(税込)円とのことですが、
先ほどからお伝えしている通り、これからトレードを学ぶFX初心者が
最初に購入する商品としてお勧めできるかと言われると
必ずしもそう言い切れない印象
です。

 

稼げるRCIの手法や、正しいRCIの使い方を身につけたいという方は
本オファーの購入を検討してみても良いかと思いますが、
真に稼げるトレーダーになるためには損失を最小限にして
利益を最大限にするためにもその他の基礎的な理論も
併せて勉強されることをオススメします。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問合せください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

 

商材概要

FTK 掲示板(お気軽にお問い合わせ・口コミなどご投稿ください)

内容をご確認の上、送信してください。

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930