EVOLUTION(エボリューション)【検証と管理人評価】

EVOLUTION(エボリューション) 検証記事サムネイル画像

 

EVOLUTION(エボリューション) 評価

 

商材概要

 

株式会社Logical Forexの自動売買EA最新作「EVOLUTION(エボリューション)」を検証

 

こんにちは。

 

FTK管理人の君川です。

 

 

株式会社Logical Forexより、完全自動・1年以内に
資産1億円を実現するという、にわかには信じがたい自動売買(EA)
「EVOLUTION(エボリューション)」
が販売されました。

 

株式会社Logical Forex、ならびに同社が属するクロスグループは
年収数億円、勝率100%といったオーバーな運用実績や、
一度限り100名のみといった限定感をアピールして、
ランディングページの閲覧者へ煽るのが特徴ですが、

 

実際には書かれているようには稼げないといった悪い評判が目立ち、
また過去のオファーの焼き直しや再販も平気で行われるというのが実情です。

 

投資関連のオファーの中でも特に、株式会社Logical Forexおよび
本オファーのランディングページの内容は注意して読む必要があります。

 

 

なお、今回の自動売買(EA)「EVOLUTION(エボリューション)」は
金子哲也氏が開発されたとのことですが、ランディングページ上では
過去にファイナンシャルスクールの運営などを行い、

・総勢3万人以上の成功者を輩出してきた
・ニュース番組への出演やメディアからの取材が殺到

といった一見華々しく見える経歴が紹介されていますが、

 

その割にインターネット上での金子哲也氏に対する評判が
ほとんど見当たらないという不自然な状況です。

 

地方局のテレビ番組やインターネット上のメディアに対しては、
出稿料を支払うことで広告を打つことができるので、
過去の実績として迂闊に信用することはできません。

 

また、過去に金子哲也氏が手がけていたFinancial LABOという
FX自動売買(EA)は、同じく今回の「EVOLUTION(エボリューション)」
の開発に携わった加藤行俊氏が代表を務める株式会社ワクレボから
販売されていましたが、

 

株式会社ワクレボは2019年にハイパーマーケティングホールディングス株式会社
という社名から変更した会社で、転売のスクールなどを運営している
いわゆる副業系の情報商材屋です。

 

この会社の運営していたスクールの評判も良くはありませんし、
関わっている会社からは今回のオファーに対して良いイメージが持てません。

 

 

また、過去に金子哲也氏と加藤行俊氏は株式会社Logicak Forexから
「Xtreme One(エクストリーム・ワン)」という自動売買EAを販売していますが、
こちらに関しては当サイトで検証しておりますので、併せてご確認ください。

 

Xtreme One(エクストリームワン)【検証と管理人評価】

 

 

ここまでの情報からは「EVOLUTION(エボリューション)」が
書かれているとおりに稼げるかEAだと期待を寄せることができませんが、
具体的なEAのロジックやコンテンツ内容について検証していきます。

 

 

 

「EVOLUTION(エボリューション)」はクオンツ分析を採用した2つの自動売買EAを運用

 

「EVOLUTION(エボリューション)」には、

 

・利益最速の完全自動EA「Astral – アストラル – 」
・利益無限の完全自動EA「Eternal – エターナル – 」

 

の2つのEAが実装されているとのことです。
具体的には、

 

「Astral -アストラル-」は100万円を元手に運用した場合、
1年以内に資産1億円の臨時所得を取得することのできる利益最速の完全自動EA

 

そして「Eternal -エターナル-」は、1億円を元手にした場合
毎月350万円、年間4200万円の安定収入をもたらす自動売買EA

 

となっています。

 

まずは「Astral -アストラル-」を用いて資産を1億円に増やし、
その後「Eternal -エターナル-」を用いて毎月350万円の収入を得るというのが
「EVOLUTION(エボリューション)」のポイントのようです。

 

この2つのEAについてはもう少し掘り下げてみます。

 

 

Astral -アストラル-

 

「Astral -アストラル-」は移動平均線のGC(ゴールデンクロス)や
DC(デッド・クロス)が発生し、トレンドが開始した後に
狡猾なヘッジファンドや機関投資家らが発生させるという、
トレンドと逆方向への値動きの際に、トレンド方向にポジションを持つことで
トレンドの波動の分だけ大きく利益を獲得するとのことです。

 

トレンド発生からしばらくした後に発生する反転のポイントを
「EVOLUTION(エボリューション)」ではビッグバン・ポイントなどと大袈裟に、
そして「EVOLUTION(エボリューション)」独自の手法であるかのように
表現していますが、要するにただの押し目買いと戻り売りです。

 

また、このビッグバン・ポイントを「Astral」ではクオンツ分析で導き出した
特殊なインジケーターを用いて捉えるとのことですが、

 

本EAがそもそも本当にクオンツ分析を用いているかどうかは
疑問が残ります。

 

クオンツ分析とは膨大なデータや高度な数学分析を用いて金融商品の価格決定や
ポートフォリオ運用などに役立てる分析手法のことですが、

 

ぶっちゃけ、為替データを使って定量的に分析していますと言ってしまえば
ほぼクオンツ分析していますのように捉えられなくもありません。

 

 

例えば、最近ではマーケットの魔術師奥村尚氏のトワイライトゾーンが
為替の値動きではなく、リスク・リターンに着目して標準偏差を使って
相場を分析していましたが、これもクオンツ分析だと言えます。

 

トワイライトゾーンの場合は、このようにリスク・リターンを分析している
ということを明言していますが、今回の自動売買については、
何をどう分析しているのかは一切不明となっています。

 

 

また、ビッグバン・ポイントでエントリーしてから決済まで
たった数分で数百万の利益を獲得すること自体、
軍資金100万円程度ではまずあり得ないでしょう。

 

 

FTK EVOLUTION(エボリューション) 検証画像1

 

 

Eternal -エターナル-

 

続いて「Eternal -エターナル-」は、「Astral -アストラル-」で得た資金を
安定的に運用する自動売買EAとのことですが、

 

トレードの手法は「Eternal -エターナル-」と同様にトレンドフォローでありつつ、
トレンド発生の初動から終了までをピンポイントで獲得することができるとのことです。

 

こちらも

 

・トレンド発生の角度、瞬間的強さ
・トレンド形成の速度・過熱感
・トレンドの強さ、継続性

 

の3つを、クオンツ分析により導き出した複数の特殊なインジケーターにより
捉えるとのことですが、先程の「Astral -アストラル-」と同様に
どのような値をどのような数学的手法を用いているか、クオンツ分析の詳細は
非公開となっています。

 

「クオンツ分析」という言葉を、自動売買EAの優位性を示すための
説得材料にするために無理矢理使っているようにしか思えません。

 

そして、既存のオシレーター系ツールで測れるような指標を
わざわざクオンツ分析で独自で計測し直す必要性もそもそもないでしょう。

 

 

他にも、2つ目の自動売買EAである「Eternal -エターナル-」には

 

トレンドの調整と思いきやダマシであったケースを回避するため、
騙しの危険性がなくなるまで独自の基準でエントリーを行わない
オリジナルシステム「FakeSkip System」や、

 

独自の基準で理想的な損切りを行い最大ドローダウン6.41を達成するという
リスクコントロールシステムが実装されているとのことですが、
そのロジックの具体的な詳細は明らかにされていません。

 

クロスグループおよび株式会社Logical Forexは自動売買EAや
投資関連オファーでは、肝心のトレードロジックの部分を、
機密性が高いなど何かしらの理由で非公開にしがちで信用できませんが、

 

少なくとも「FakeSkip System」はトレンドの初動から終了までを
クオンツ分析を用いて把握することができるという
1つ目の「Eternal-エターナル-」の機能と矛盾
しています。

 

 

FTK EVOLUTION(エボリューション) 検証画像2

 

 

こちらは「FakeSkip System」のシステムに関する説明の画像で、
下落かと思いきやダマシというケースを「FakeSkip System」は危険性
がなくなるまでエントリーしないというように説明していますが、

 

こちらの画像はダマシ以前にそもそも下落トレンドから上昇トレンドに
トレンド自体が転換しています。

 

そもそもダマシの説明となっていない時点で「EVOLUTION(エボリューション)」の
記載内容は信用できないということになりますが、
そうでなかったとしても「Eternal -エターナル-」では
トレンドの転換を把握できないということになります。

 

「EVOLUTION(エボリューション)」のシステムは、実際の仕様は
書かれている内容とは異なっているか、トレードのプログラム同士が
矛盾している可能性が高く、少なくとも稼げる自動売買EAとして
期待や信用を寄せることは難しいでしょう。

 

 

 

「EVOLUTION(エボリューション)」検証結果 まとめ

 

「EVOLUTION(エボリューション)」はクオンツ分析を採用した
自動売買EAと、さらに2つの自動売買EAを組み合わせることで
即金性と安定性の両方を担保した自動売買オファーとのことですが、

 

世間で認知されているような高度な分析手法である
クオンツ分析がそもそも実装されているかどうか怪しく、
またわざわざ自動売買EAにクオンツ分析を実装する必要もあまり感じません。

 

また、「Eternal -エターナル-」は即金性を、
「Astral -アストラル-」は安定性を追求した自動売買EAとのことですが、
どちらもトレンドフォロー型のEAとなっており、わざわざ2つを切り離す
必要性も感じませんし、理由自体も説明されておりませんでした。

 

クオンツ分析という言葉を使い、2つのEAを組み合わせると表現することで、
稼げる自動売買EAだとそれっぽく演出したいだけでしょう。

 

ランディングページの内容は演出だけで、実際には中身のないような
自動売買EA、およびオファーであるようにしか思えません。

 

 

そして気になる今回の「EVOLUTION(エボリューション)」の価格は

 

327,800円(税込)

 

とのことですが、そのほかの自動売買EAと比較しても
これだけ高い参加費を支払ってまで参加する価値は感じません。

 

さらにダメ押しでツッコむと、冒頭で「ほぼ勝率100%」と記載がありますが、
月単位で勝敗表では月単位で負けている月があります。

 

ほぼ勝率100%ではないのでしょうか…?

 

 

FTK EVOLUTION(エボリューション)

 

 

このように、今回のオファーには至るところに矛盾点があります。

 

もしかすると、このランディングページを書いているライターが
あまりにも無能で自分が書いていることが分かっていないだけかもしれません。

 

しかし、少なくとも煽るだけのコピーライターであることは
間違いありませんので、信頼性といういう意味は不十分です。

 

今回はクオンツ分析を特に売りにした自動売買EAでしたが、
それらしい表現や演出に安易に魅力を感じるのではなく、
自動売買の性能やロジックに対して有効性があるのかどうかを
しっかりと考えてから購入を検討を検討してください。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問合せください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

FTK 掲示板(お気軽にお問い合わせ・口コミなどご投稿ください)

内容をご確認の上、送信してください。

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930