プラチナラインシグナル配信(Platinum Line FX)【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

加藤ムネヒサ氏監修のクロスリテイリングの新商品「プラチナラインシグナル配信(Platinum Line FX)」

 

 

こんにちは。

 

FTK管理人の君川です。

 

コロナによる情勢不安や不透明な経済・政治動向からか、
副業やFXトレードで副収入を得ようとする方がどんどん増えているようです。

 

その需要に応えるようにか、FX情報商材のリリースも後を絶ちませんが、
残念ながら広告通りの運用成果が得られない、中身のないFX情報商材のリリースが
かなり紛れている
のが現実です。

 

このような中身のないFX情報商材を間違って高値でつかまされることのないよう、
FX情報商材を購入する際にはその価値をしっかりと見定める必要があります。

 

 

ということで今回はクロスリテイリング株式会社から販売されている
「プラチナラインシグナル配信(Platinum Line FX)」について検証・レビューさせていただきます。

 

勝率7~8割、月収200万円、年収2400万円と、これまた本当かどうか
目を疑うような成績がランディングページの冒頭から目を引きます。

 

今回の「プラチナラインシグナル配信(Platinum Line FX)」
最も成功した凡人、こと加藤ムネヒサ氏の監修となっています。

 

クロスグループの投資関連商品はこれまで、クロスリテイリング以外での
活動や経歴が不明の方が監修されているケースがほとんど
ですが、
今回の商品を監修している加藤ムネヒサ氏に関しては
見覚えのある方も少なからずいらっしゃるかもしれません。

 

加藤ムネヒサ氏はFXゴールドナビというFX情報商材の検証・レビューサイト
を運営されており、他にもブログやYouTubeなどのメディアで
テクニカル分析の解説をされています。

 

ランディングページの配信画像でも、FXゴールドナビの運営者と同一である
ことを窺い知ることができます。

 

 

 

 

過去には株式会社LTCMから「モンスタースキャルFX」という
1分足スキャルピングの情報商材をリリースしています。

 

一方、前回は市場オープン直後の、大きな値動きの発生するタイミングを
狙い撃ちし、1分足のローソク足の形状でエントリーを判断する
プライスアクションの手法を取り扱っていましたが、

 

今回はラインブレイク後を狙いトレンドの初動でエントリーする
典型的なライントレードの手法を取り扱うコンテンツとなっています。

 

 

「モンスタースキャルFX」については過去に
当ブログでも検証しておりますので、今回の商品を検討されている方は
加藤ムネヒサ氏や本商品の有効性を確かめるためにも
ぜひ過去の記事をご覧ください。

 

モンスタースキャルFX【検証と管理人評価】

 

 

なお、今回の商品に関してやはり気になるのは
「プラチナラインシグナル配信(Platinum Line FX)」が果たして
本当に儲かるのか?というところです。

 

既にご存知の方もいらっしゃると思いますが、
商品の販売元であるクロスリテイリング株式会社
冒頭で少し触れた通り、

 

・勝率100%
・努力・センス一切不要
・完全自動のほったらかしで、10万円を1億に

 

などといった誇張気味なキャッチコピーとは裏腹に
ロジック・実績が不明で、結局思うような成績を残さない
自動売買EAやFX情報商材を連発している
といった状況です。

 

インターネットの検索エンジンでクロスリテイリングと入力すると
サジェスト表示に「勝てない」や「詐欺」といった言葉が
並ぶことからクロスリテイリングの商品の評判の悪さを
垣間見ることができると思います。

 

 

一方、今回の商品の監修者がFXゴールドナビの運営者である
加藤ムネヒサ氏と、ある程度名の通ったトレーダーであることから
本商品について注目が集まっているようです。

 

吉と出るか凶と出るか?今回の注目のタイアップコラボ
「プラチナラインシグナル配信(Platinum Line FX)」ですが、
ここからは商品の手法とその有効性について検証していきます。

 

 

 

「プラチナラインシグナル配信(Platinum Line FX)」のコンテンツはごく普通のライントレードとトレードシステム

 

「プラチナラインシグナル配信(Platinum Line FX)」
相場の高値・安値水準を結んだ水平線のブレイクアウト後の
大きな値動きを狙った典型的なライントレードの手法となっています。

 

 

 

 

チャートには何度か水平線状の同じ価格帯で値動きの方向が反発することがあり、
この価格帯は多くの投資家が注目し、ストップロスの設定をするため、
この価格帯を超えて値動きが推移した場合は大量のロスカットが発生して
値動きが大きく動きやすくなっています。

 

この水平線をブレイクしてチャートが推移したタイミングで順張りのエントリーを
行うことで、期待できる大きな値動き分の利益を狙うのがライントレードの概要ですが、
ラインを超えた後に、再びラインを越える前の価格帯に推移する
「ダマシ」が相場ではしばしば発生します。

 

 

一方、加藤ムネヒサ氏が本コンテンツで解説・配信するこの水平線はダマシが
ないということで、この水平線を今回の商品名にも用いられている
「プラチナライン」と呼ぶそうですが、何を以て加藤ムネヒサ氏が
プラチナラインと通常の水平線を区別しているか、そのロジックは非公開となっています。

 

このロジックを背景に収益を狙うのがライントレードの手法の概要ですが、
「プラチナラインシグナル配信(Platinum Line FX)」はこのラインの
ブレイク直後ではなく、確実にラインを越えて推移した段階でエントリーし、
10pipsという少なめの値幅を確実に取りに行く
というロジックとなっています。

 

加藤ムネヒサ氏がどのようなロジックでダマシか、
ブレイクアウトかを判別できるプラチナラインかを判別しているか、
そもそもプラチナラインが実際に有効かは分かりませんが、

 

確実にラインを越えて推移した段階でエントリーし、
10pipsという少なめの値幅を確実に取りに行く
手法は
ラインブレイクかダマシかに関わらず勝てる手法ですので、
そもそもこの商品を買うことで、加藤ムネヒサ氏が
確実にブレイクアウトと断言できるプラチナラインという手法を
身につけられるかすら怪しい
です。

 

プラチナラインという手法自体、存在しないという
可能性の方が高いのではないでしょうか。

 

 

そして、ランディングページでは毎日10万円の収益を狙うと謳っていますが、
本商品のランディングページが指すプラチナラインが発生するのは
せいぜい1日1~2回となっており、また10pipsで10万円の収益を
狙うには日本円で約1000万円の資金を動かす必要があります。

 

一般的にはレバレッジの設定は高くてもせいぜい10倍ですので、
元手となる軍資金は100万円必要となります。

 

普通のサラリーマン、主婦でも半年で1200万円、年間で2400万円と
ありますが、これだけの軍資金を用意でき、なおかつ毎日10pips
勝ち続けるというのは現実的ではなく、誇張された広告内容と言えるでしょう。

 

 

また、プラチナラインシグナル配信(Platinum Line FX)では
1日最低1回の加藤ムネヒサ氏によるライン配信が行われ、
加藤ムネヒサ氏の配信内容に基づき、本商品オリジナルの
トレードツールを用いて「ほったらかし」でトレードを行うとのことです。

 

しかし具体的には、加藤ムネヒサ氏が配信内容で発信した価格帯で
購入者ご自身がラインをチャート上に引き、売買のボタンを押すという
内容になっています。

 

一度でもFXトレードに触れたことのある方ならご存知だと思いますが、
これは一般的な為替取引所において指値注文するのと作業内容は
全く一緒ですので、これを
「専用システムで完全自動・ほったらかしトレード」というには
あまりにも大げさ
です。

 

 

 

「プラチナラインシグナル配信(Platinum Line FX)」でランディングページ通りの
成果を得られる期待は薄い

 

 

「プラチナラインシグナル配信(Platinum Line FX)」は水平線ブレイク後の
大きな値動きを、ブレイクを明確に確認した後に10pipsだけ取りに行くという
着実なトレードロジックを採用していますが、

 

ロジックの手法そのものはごくごく基礎的なライントレードとなっており、
また1回に得られる値幅も小さくチャンスも実際のチャートではそれほど多くないため
ランディングページ通りの運用実績を達成するのは非現実的に感じます。

 

また、完全自動・ほったらかしトレードと謳う商品コンテンツは、
実際には加藤ムネヒサ氏が配信内容で発信した価格帯で、
商品の購入者自身がエントリーを行う手動トレードツールとなっており、
キャッチコピーと商品の実際の内容が完全に乖離しています。

 

そして残念ながら、プラチナラインという手法自体そもそも存在しないという
可能性がかなり高いです。

 

 

ランディングページ通りの成果が期待できないどころか
プラチナラインそのものが存在しないとなると、もはや購入する意味が見出せませんが、
気になるのはやはりプラチナラインシグナル配信(Platinum Line FX)
価格設定です。

 

プラチナラインシグナル配信(Platinum Line FX)の価格は

 

327,800円(税込)

 

と、クロスリテイリングではもはや定番となっている業界屈指の
高価格設定となっています。

 

 

商品で取り扱われているトレードロジックはごくごく一般的な
ライントレードである上、本商品オリジナルの専用システムも
一般的な取引所の売買システムとほとんど変わりません。

 

業界では比較的知名度のある加藤ムネヒサ氏の配信コンテンツが
同封されているとはいっても、ごく一般的なトレード手法と
トレードシステムに30万円という価格設定は
流石に高すぎる
ような印象です。

 

「1日10万円を狙う」、「完全自動・ほったらかしトレード」といった
ランディングページのキャッチコピーもあまりにも現実に即しておらず
詐欺がかっているようにも感じますので、商品の購入を検討されていた方は
もう一度よく考えてみてください。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問合せください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31