「ジャパニーズ・ドリームFX」【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

これで億万長者になれなかったら藤田昌宏氏、講師引退?!「ジャパニーズ・ドリームFX」

 

こんにちは。

 

FTK管理人の君川です。

 

 

クロスリテイリング株式会社から、参加者全員を億万長者に導くという、
藤田昌宏氏が講師引退をかけて監修する最新FXオファー
「ジャパニーズ・ドリームFX」
が販売されました。

 

「FXアポロ計画」というタイトルで事前告知を打っていましたが、
ついにその全容が明らかになった形です。

 

 

藤田昌宏氏といえば今回の商品の販売元であるクロスリテイリング株式会社や、
株式会社Logical Forex属するクロスグループ専属のFXトレーダーで、
これまでも数多くのサインツール、情報商材や
自動売買EAオファーを同グループより販売してきました。

 

講師紹介によると元機関投資家として1万人以上の指導実績があるとのことですが、
インターネット上には教え子の実際の感想が一切見られない他、
機関投資家としてのキャリアが一切公開されていない
という
不自然な点が見受けられます。

 

また、クロスグループの商品はどれも詐欺とも捉えられないような
過大な運用実績の表現に反して、実際はむしろ稼げないどころか
資金を大きく失うという芳しくない評価が目立つのが実情ですが、
藤田昌宏氏監修のオファーもその例に漏れず、ランディングページの
記載内容と実際の商品のクオリティと運用結果にはかなりの
乖離
が見られる様です。

 

藤田昌宏氏が過去にリリースしてきた商品について、当サイトで
既にいくつか検証済みですので、藤田昌宏氏の監修する
オファーの実情を詳しく知るためにも是非ご覧ください。

 

 

キングダムFX【検証と管理人評価】

 

スマート・リターンFX【検証と管理人評価】

 

スマート・プロフェッショナルFX【検証と管理人評価】

 

 

なお、今回の商品で藤田昌宏氏は参加者全員に1億円を稼がせる
ことを宣言しており、実現しなかった場合は講師業を引退する
とのことですが、講師業引退宣言で商品の信頼を得ようとするやり口は
クロスグループではお馴染みの手法
となっています。

 

同グループの専属トレーダー兼講師であるFX-Katsu氏が引退宣言を
オファーをリリースするたびに毎回行っていることからも
お分かりいただけると思います。

 

 

FX-Katsu億トレーダー・養成アカデミー【検証と管理人評価】

 

 

藤田昌宏氏の講師業引退宣言含め、その他にも
「完全自動EAを超えて再現率100%」や、過去に無裁量の自動売買EAを
連発しているにも関わらず「EAだけに頼る稼ぎ方はほぼ間違いなく破綻する」と
記載内容がこれまでの行動と矛盾しているあたりから、

 

ランディングページの記載内容は信用性に欠け、
ただ稼げるオファーであることをアピールするために
都合の良い言葉を並べているだけということが
お分かりいただけると思います。

 

 

とはいえやはり会社としての知名度やオーバーな広告内容から
興味を持たれる方も多いのか、当サイトに対して検証依頼を
いただいておりますので、ここからは商品の内容について
より具体的に検証してまいります。

 

 

 

2つのロジックでリスクを最小限に抑えたトレードを行うらしいが…

 

「ジャパニーズ・ドリームFX」は、

 

1.ムーンショット・リバーサル
2.NR7・メテオ

 

の2つのロジックを用いて1億円を目指すとのことです。

 

 

ムーンショット・リバーサル

 

 

 

「ジャパニーズ・ドリームFX」は、相場を4種類に区分し、
1つ目のムーンショット・リバーサルではこのうちの
「正常なトレンド相場」を集中的に狙うとのことです。

 

「行き過ぎたトレンド相場」と「正常なトレンド相場」の違いが
気になるところですが、要するに「正常なトレンド相場」とは
一定の幅で上昇と下落を繰り返す、チャネルを構成する相場のことのようです。

 

「ジャパニーズ・ドリームFX」では、この正常なトレンド相場を
見分ける方法として「NY市場の終値」を用いる様です。

 

 

 

 

具体的には、NY市場の過去3日分の終値が、画像の通りV字を形成する場合、
ムーンショット・リバーサルのチャンスの前提条件となる様です。

 

NY市場の終値に注目する理由や、このV字の形状を重視する理由については、
「膨大な検証の結果」として詳細を伏せていますが、
チャネルを用いたトレードにおいてNY市場の終値に注目し、
また3日分の終値だけでチャネルの構成条件とする本ロジックに
根拠と優位性があるとは思えません。

 

 

またこの3日分の終値を見て、トレード対象となるかどうかを
チャート上にボックスを自動描画することで再現性を高めるとのことですが、
そもそもこのボックスを根拠にエントリーすることと、
チャネルを用いたトレード手法に整合性がありません。

 

 

 

 

チャネルラインを用いたエントリーの場合は、チャネルを構成する
2本のラインを描画し、その上下限で反転を見込んだ
逆張りのエントリーを行うのが一般的ですが、
ボックスの上限で買いエントリー、下限で売りエントリーする
ムーンショット・リバーサルのロジックはチャネルラインを用いた戦略と
何ら関係がないように思えます。

 

 

また、「ジャパニーズ・ドリームFX」ではリスクを最小限に抑える工夫として、
最大3つのポジションを保有するトリプルポジション戦略を
自動売買EAの機能として採用しているとのことです。

 

 

 

 

具体的には、1つ目のポジションが損失を生んでいる場合は2つ目のポジションを、
1つ目のポジションの倍のロットで保有し、この2つのポジションの合計が
損失を生んでいる場合は3つ目のポジションを、
1つ目のポジションの3倍のロットで保有する様です。

 

なお、3つ目のポジションを保有した際には、あえて若干マイナスに
なるように設計しているとのことです。

 

仕様上、2つ目のポジションまではナンピンを行い、
3つ目のポジションからは1つ目と2つ目のポジションと逆の方向で
エントリーし両建てでエントリーする戦略のように見受けられますが、
トータルで勝ちトレードを目指しているわけでもないにも関わらず、
2つのポジションを損切りせずに両建てを行うことに優位性はない
ように思います。

 

むしろ、不用意に取引コストを増やし、ロスカットに追い込む
リスクを増やしているだけなのではないでしょうか。

 

こちらの機能も膨大な検証を経て辿り着いたとのことですが、
論理性に欠けており優位性のあるトレード戦略とは思えません。

 

「ジャパニーズ・ドリームFX」のランディングページはやたらと
「膨大な検証」という言葉を繰り返しますが、どの戦略もロジカルでなく
具体的な検証結果も掲載されていないため、ただただ購買意欲を煽るためだけに
用いられているような印象で、実際にはその様な検証は行われていないような気がします。

 

 

NR7・メテオ

 

「NR7・メテオ」では、一定の小さい価格幅でチャートが推移し、
ブレイク後に価格が大きく動く様な相場を「正常なレンジ相場」として
集中的に狙うとのことです。

 

レンジ相場では、レンジを構成する2つの水平線の上下限で
価格の反転を見込んだ逆張りのエントリーを繰り返すのが
一般的なトレード手法ですが、

 

ランディングページのロジック紹介画像によるとレンジ相場ではなく、
結局はレンジブレイク後のトレンド相場を狙うようです。

 

 

 

 

レンジ相場を狙うという表現が誤解を招きやすいですが、
仮にトレンド相場を狙うにしても、チャネルを構成しない、本オファーが主張する
「リスクの大きい行き過ぎたトレンド相場」を狙っており、
矛盾が生じていることに変わりはありません。

 

 

 

 

「ジャパニーズ・ドリームFX」は、以上の2つのロジックそれぞれに対し
EAが用意されており、購入者はシーンに合わせてEAを選択し、
ロットを入力しエントリーを行うとのことですが、

 

「ジャパニーズ・ドリームFX」のEAロジックは、論理的な整合性に欠けた
矛盾だらけのトレード戦略と資金戦略である様に思えます。

 

当然、このようなお粗末なクオリティのFXオファーに、
全ての参加者に1億円を約束できるようなパフォーマンスは期待できません。

 

 

 

「ジャパニーズ・ドリームFX」及び藤田氏に宣言通りのパフォーマンスと引退は期待できない

 

「ジャパニーズ・ドリームFX」は、一定の値幅で推移する
正常なトレンド相場を狙う「ムーンショット・リバーサル」と、
一定の小さな値幅で推移する正常なレンジ相場を狙う「NR7・メテオ」の
2つのロジックを用いて、全ての参加者を1億円へといざなう
「アポロ計画」のような革新的なプロジェクトとのことですが、

 

リスクを最小限に抑える安定した稼ぎ方と称する割には、
詰めの甘いポジション戦略であったり、「NR7・アポロ」の狙う相場は
本オファーがリスクが大きいとして否定した「行き過ぎたトレンド相場」である
というようなリスク戦略の詰めが甘く矛盾だらけで論理性に欠けた
トレードロジック
となっています。

 

 

このようにあまりにもお粗末な今回のFXオファーですが、
参加費用は

 

298,000円(税込)

 

と、そのクオリティから考えもつかないような高価格設定です。

 

参加者全員どころか誰一人として1億円の利益を約束できなさそうな
今回のFXオファーですので、監修者である藤田昌宏氏には宣言通り
稼げない場合には、しっかりと引退していただきたいものですが、
常に言葉と行動が一致しないクロスリテイリング及び藤田氏に
残念ながら反省と引退は期待できません…。

 

 

「稼げなければ講師引退」「膨大な検証」といった、
一見魅力的な謳い文句に惑わされず、論理的整合性がとれた
オファーであるかをしっかりと確認して参加を検討ください。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問合せください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031