FX情報商材の販売者とアフィリエイターの悪質な行為

178103468

 

FX情報商材に対するイメージ

 

まず、大前提として私たちはFX情報商材に対して
あまり良いイメージを持っていません。

 

なぜならば、市場に出回っているFX情報商材のうち
全体の9割以上が嘘で固められた偽情報(偽ノウハウ)だからです。

 

 

2013年~2015年にかけて発行されてきた
大半のFX情報商材のマニュアルの中身まで実際に確かめてきましたが、
「リアルに実績のあるトレーダーの手法やツールだな」と評価できるものは
本当に片手に収まるくらいしか存在していません。

 

 

投資系の情報商材に絞ると、日本国内ではインフォトップインフォカート
代表的なASPとして挙げられます。

 

おそらく、この2つのASPでランキング上位にランクインされていた
FX商材はほぼ取りこぼしなく内容を確かめてきました。

 

 

正直な話、今現在ASPで販売中のFX情報商材の中で
優良な商品を探し当てるのは本当に至難の業だと思います。

 

まず、業界全体の仕組みを正確に把握できていないと無理でしょう。

 

 

 

FX情報商材業者とアフィリエイターの関係性

 

「なぜ、優良な商品を探し当てるのが至難の業なのか?」

 

この理由も実に至ってシンプルなものです。

 

 

現状の情報業界の構図としては、
FX情報商材を販売する業者購入者(実践者)が、
WinWinの関係性を作れているわけではなくWinWinの関係性が成り立っているのは、
FX情報商材を販売する業者アフィリエイターの間のみでの話です。

 

つまり何が言いたいかというと、
FX情報商材の販売業者とアフィリエイターは消費者を騙し
自分たちが得られる報酬だけを考えてアクションを起こしている同一犯なわけです。

 

ちょっと大袈裟な表現だと思われてしまうかもしれませんが、
これも立派な組織的犯行だと私たちは考えています。

 

 

ろくに検証なども行わずに、ただただ高額なアフィリエイト報酬に釣られて
自ら運営するブログやメルマガで大絶賛を繰り返すようなアフィリエイター
ここ最近はとくに急増しています。

 

そんな、何の根拠もない情報がネット上を埋め尽くしているため
偽の情報を鵜呑みにして、ついつい購入してしまう方が後を絶たないわけです。

 

 

ひどいケースになると、FX情報商材と抱き合わせで
海外ブローカーで口座開設まで誘導し
資金を持ち逃げされたという事件も過去にあります。

 

この手の被害は、バイナリーオプションでは多発していましたよね。

 

 

非現実的ともいえる運用実績で個人トレーダーの興味をそそり
あたかも誰でも同等の収益を得られるかのような説明を繰り返し
実際に運用がスタートすると運用失敗を理由に返金出金に応じない
というケースも珍しくありません。

 

私たちからすれば、疑いようのない確信犯なわけですが
一般ユーザーは詐欺行為だという確証まで抑えることが非常に困難なので
そこまでを計算したうえでの犯行だと言えます。

 

 

運用元から、

 

「大きなドローダウンに見舞われてしまったため」
「想定外の損失が発生したため」

 

などと説明されたときのリスク面まで予め理解しておく必要があります。

 

 

海外口座に振り込んでしまったものが、
満額戻ってくる可能性極めて低いと考えておくべきです。

 

海外ブローカーとの連絡が途絶えた時点であきらめるしかありません。

 

 

 

爆発的に売れているFX情報商材が必ずしも優良というわけではない

 

必ずしも、爆発的にヒットしているFX商材を購入すれば
成果を期待できるわけではないということをちゃんと理解しておくべきだと思います。

 

もしかすると、ここの認識がズレている方が多いのかもしれません。

 

 

あなたが、ASPのランキング上位で見つけたFX商材の中で
購入を検討している商品があったとしましょう。

 

その商品が売れている理由は大きく分けると2パターン存在します。

 

 

A:リアルにトレード成果として反映していて
 高いパフォーマンスを体感できている人からの口コミなどで
 広範囲に噂が広まり大ヒット商品となっているケース。

 

B:派手な数字(月利、年利、勝率)を謳い、
 実績や経歴などもすべて偽造のオファーに釣られ
 販売業者やアフィリエイターからの甘い謳い文句を鵜呑みにしてしまい、
 販売元の“カモ”になっている人間が続出しているケース。

 

 

これまで私たちが見てきている限りでは、ほぼ9割近く後者に該当しています。

 

 

試しに、普段あなたが利用されているASPのランキング上位に並んでいる商材の
販売ページに目を通してみてください。

 

これも当たり前のことなのかもしれませんが、
派手な数字を掲げているものほど爆発的に売れ続けています。

 

要するに、それだけ欲深い人間が大勢存在するという証拠でもあります。

 

 

もし、あなたが誘惑に弱いタイプの人間だとすれば、
まずは「なぜ、その商材が爆発的に売れているのか?」という理由を
冷静に分析すべきだと思います。

 

 

 

最終的には自己責任

 

事件レベルの商品ともなれば話は別ですが、
世間一般的に言われている悪質なFX商材を購入した結果、
被害に遭ったとしても最終的には自己責任だと考えるべきです。

 

弁護士などを通せば一部の資金を取り返すことはできるかもしれませんが、
そこにも追加費用がかかってくるため、
結果的に手元に戻ってくる金額は投資額全額というわけにはいかないものです。

 

 

今以上に楽して稼ぎたい、裁量を必要とせず稼ぎたい、
おそらくそんな欲深い考えを持っている方ほど騙されやすいタイプだと言えます。

 

楽して稼ぐことを否定しているわけではないので付け加えておくと
仮に自動売買などで運用を任せようと考えているのであれば、
しっかりと運用元の実績や経歴まで事前に確認を取るべきです。

 

あるいは、ちゃんと信用のできる人間に事前に相談すべきです。

 

 

もちろん、私たちFXトレード研究会(FTK)のメンバーの方で調査することも可能です。

 

すべては、あなたがFXとどのように向き合うつもりなのか
そのスタンス次第アドバイスできる内容も変わってきます。

 

ですので、メールでのお問い合わせの際は
あなたが気になっているFX情報商材あるいはツール名をご記載いただき
それに合わせてあなたが目標としている月や年間ベースでの収益額や
理想とするトレード環境などをできるだけ詳しくご記載ください。

 

もちろん、ご相談料などは一切いただきませんのでお気軽にお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

 

コメント

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031