海外FXをおすすめしない噂は本当か?

 

海外FXをおすすめしない噂だけが一人歩き

 

こんにちは。FTK管理人の藤田です。
いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

ネット上で度々目にする
「海外FXはおすすめしない」という噂。

 

こうした口コミの中には
実際に詐欺被害に遭われた方も当然いるでしょうが、
中には根拠を提示せず批判ばかりするケースもみられます。

 

ポジティブな意見よりもネガティブな意見の方が
信ぴょう性があると考えてしまいがちですが、
日本国内のみならず世界に目を向けてみると
海外FX業者を利用して勝ち続けているトレーダーも少なくありません。

 

 

今回はそんな「おすすめしない噂」にフォーカスして
一人歩きしているであろう噂が果たして真実なのか、
そうでないのかを検証してみたいと思います。

 

 

先日の検証記事をお読みになった方でしたら
海外FX業者を利用する上でのメリット・注意点について
一定のご理解をいただけているはずですので、
否定的な考えだけが先行するとは考えにくいんですけどね(笑)

 

 

予めお伝えしておきますが、
私は決して海外FX業者を推奨しているわけではありません。

 

「国内FX業者は絶対に安全、海外FX業者は危険」

 

このようにお考えの方を真っ向から否定するつもりもなく、
単純に双方のメリット・デメリットをきちんと理解して
業者選びの判断材料にしてもらいたいという思いが強いだけです。

 

 

FXをおすすめしない噂にはどんなものがあるのか

 

近年では海外FX業者を利用される
国内トレーダーの数も増え続けておりますが、
セキュリティー面やサービス面含め
会社によって大きな差があるのも事実です。

 

例えば先日も少し触れた信託保全の有無だったり、
日本語に対応しているかというところも
長期にわたって利用する上では必要不可欠ですよね。

 

 

では、そういったことも含め
海外FXをおすすめしない噂を一部取り上げると

 

・日本国内の金融庁に未登録である
・信託保全が義務化されていない
・出金を拒否されるリスクがある

 

割合として多いのはこの辺りでしょうか。

 

 

まず金融庁に未登録、だからおすすめしないという噂です。

 

こちらに関しては実際のところ海外FX業者が
日本のライセンスを取得するメリットがないので
それだけを理由におすすめしないというのは
正直、浅はかな気がします。

 

日本国内でライセンスを取得すれば
最大レバレッジの規制やゼロカットシステム、
ボーナス特典などといった制度を設けられなくなります。

 

 

加えて、比較的知名度の高い海外FX業者ともなれば
日本国内で取得するよりも遥かに難易度の高い
海外のライセンスを取得しているケースがほとんどです。

 

そう考えると世界基準の要件を満たしていることになるため
極端な話「国内のFX業者よりも安全面が担保されている」とさえ言えます。

 

 

次に挙げた信託保全の有無についてですが、
海外FX業者では信託保全が義務化されておりません。

 

その代わり

 

・投資家補償基金
・投資家資金補償保険

 

に加入しているところも多く、
業者によって条件に多少の差はあるものの
トレーダー側に必ず資金が返還される仕組みですので
この点もおすすめできない理由としては不十分です。

 

 

3つ目に挙げた出金拒否のリスクですが、
一部の海外FX業者の中にはトレーダーの資金を持ち逃げしたり
明確な理由もなく出金を拒否するケースを度々目にします。

 

ですがこうした事案の場合
初めから詐欺目的で運営しているところが多く、
海外の厳しいライセンスを取得している海外FX業者では
ほぼほぼ起こり得ないことなのです。

 

もちろん国内FX業者と海外のそれとでは
出金依頼をしてから実際に出金が完了するまでに
かかる日数には差があるものの、

 

業者の規約に則って利用してさえいれば問題なく出金可能なので
過去に悪質な業者に資金を持ち逃げされたトレーダーが
憂さ晴らしに拡散している可能性が高いといえます。

 

 

そもそも論にはなりますが、
国内トレーダーのユーザーを数多く抱える
メジャーな海外FX業者で、仮に出金拒否が相次げば、
業者側の評判が悪くなるのは明白です。

 

日数がかかっても数千万円単位の出金依頼にも対応する
良心的な海外FX業者は確実に存在しますので、
ネガティブな意見だけを鵜呑みにして悪だと決めつけるのは
少々気が早いのではないでしょうか。

 

 

噂は結局噂でしかない。見極めが肝心

 

海外FX業者に関するネガティブな噂に
敏感に反応してしまう方が少なくないと思いますが、
一つ一つ嚙み砕いてみるとエビデンスが不足しており
所詮「噂程度」でしかないことがお分かりいただけると思います。

 

もちろんそうした噂の中には、本当に詐欺被害に遭い
注意喚起をしているケースがあるかも知れませんが、
もし本当にそのような被害が相次いでいるとしたら
日々のニュースで取り上げられても何ら不思議ではありません。

 

もっというと、海外FX業者に対する規制や国内トレーダーの利用禁止など
金融庁が何らかの形でアクションを起こすはずです。

 

ですので噂はあくまでも噂程度に留めておくぐらいが
ちょうど良いのではないでしょうか。

 

 

つまり、最終的にはご自身の見極めが肝心ですので
悪い噂を鵜呑みにして海外FX業者をハナから悪だと決めつけるのは
非常にナンセンスだと言いたいのです。

 

 

海外の厳しいライセンスを取得し
安全性の担保された海外FX業者が増えている一方、
運営側の透明性が低く、いかがわしい業者も一部存在します。

 

繰り返しになってしまい大変恐縮なのですが、
安易な考えでいかがわしい業者で口座開設をしたがために
ご自身の大切な資金を持ち逃げされたり
出金を拒否される可能性もゼロではありませんので、

 

悪い噂に該当するような海外FX業者に遭遇しても
一切関わらないという強い考えを持っておくべきですね。

 

 

また

 

・オフィスをしっかりと構えているか
・ペーパーカンパニーではないのか

 

これらも業者選びには重要な要素となってきます。

 

 

ペーパーカンパニーとは
登記されているが実態のない会社を指すわけですが、
実際にオフィスを構えていないということは
事業実績がなく潤沢な資金を保有していない可能性が高いといえます。

 

ですので少しでも怪しいと感じた際には
記載されている住所を検索して所在地を確認したり、
オフィスを訪問した方の口コミを探してみるなど
ご自身でも積極的に情報収集に努めるべきです。

 

実態のないペーパーカンパニーであれば
十中八九まともな業者であるはずがありませんので、
詐欺被害を未然に防ぐことにも繋がりますからね。

 

 

最後に海外での実績がほとんどないのに
国内トレーダーを集めている海外FX業者も注意が必要です。

 

こうした業者は海外での運営をしているようにみせて
実は日本国内のみで活動している悪質な業者の可能性があります。

 

こうしたブローカーに入金してしまうことは
ご自身の大事な資金をドブに捨てる行為に等しいので、
口コミサイト等で事前に下調べを行うことで
詐欺業者の思惑を回避することができます。

 

 

「火のないところに煙は立たぬ」という諺があるように
大なり小なり被害に遭われた方は確かに存在するので、
海外FX業者をおすすめしない声が一定数あるのも頷けますが、

 

国内FX業者よりもメリットを享受できる点もありますので
普段から積極的な情報収集を心がけることが何より大切ですね。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問合せください。

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

FTK 掲示板(お気軽にお問い合わせ・口コミなどご投稿ください)

内容をご確認の上、送信してください。

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2023年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
2023年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031