MT4とMT5。あなたが使うべきなのはどっち?

 

海外FXの取引プラットフォームとして有名なMeta Trader

 

こんにちは。

 

管理人の君川です。

 

 

普段から海外FXで実践されている方にとって
MT4やMT5はお馴染みのプラットフォームですが、
これからFXを始めようとお考えの方の中には
両者の違いを知らないという方も少なくないでしょう。

 

そこで今回は、海外FXの取引プラットフォームとして
今や絶対的な地位を確立している
MT4とMT5の違いを検証してみたいと思います。

 

いずれも海外FXにおいて
数多くのトレーダーに支持されていますが、
それぞれに実装されている機能を知ることで
ご自身がどちらを使用すべきか見えてくるはずです。

 

現状、海外FXではMT5よりも
MT4に対応している業者の割合が高いとはいえ
今後更なる機能性の向上や対応可能な業者も増えるはずなので
この機会にきちんと理解しておく必要がありますね。

 

 

それでは早速検証に移りましょう。

 

 

MT4とMT5、両者の違いを深掘り

 

MT4とMT5の検証に入る前に
まずは基本的なところから説明しておきます。

 

正式名称は「Meta Trader4(Meta Trader5)」
ロシアのMeta Quotes Software社が開発した
取引専用のプラットフォームとなります。

 

MT4は今から18年前の2005年に、
その5年後の2010年にリリースされたのがMT5。

 

先行して公開されたMT4よりも機能面で優れているのが
後者のMT5ということになるわけです。

 

MT4・MT5共にFXやCFDなどの
金融商品が取引対象となっていますが、
後者のMT5ではそれらに加えて貴金属やエネルギー、
仮想通貨までもが取引の対象となっています。

 

そういう意味では
より多くの金融商品に触れながら
投資の知識やスキルを高めたい方は
どちらかというとMT5を利用すべきではないでしょうか。

 

 

しかしながら、MT4とMT5では
対応している海外FX業者の数に違いがあり
前者はほぼ全てのブローカーで使用可能、
一方の後者はおよそ15社といわれています。

 

数ある海外FX業者の中から
最もメリットを感じられるところを選ぶならMT4、
MT5はそもそも対応している業者の数に限りがあるので
やや限定的になってしまうデメリットがあります。

 

とはいえ、これまでMT4しか対応していなかった
海外FX業者でもMT5対応というところも増えているので、
MT5をプラットフォームに採用するのであれば
対応しているか否か公式サイトで事前に確認しておきましょう。

 

 

MT4とMT5の違いとして次に挙げるとすれば、
インジケーターや描画ツールの数ですね。

 

MT4・MT5いずれも
一般的なインジケーターは搭載されているものの、
具体的な数を挙げると両者には2倍近い差があります。

 

MT5に搭載されているインジケーターが
約50種類と言われていますが、
MT4では100種類近くが使用可能です。

 

どれだけ機能が充実していても
使いこなせなければ意味がありませんが、
多角的な視点で相場を見極めるという点では

 

より多くのインジケーターを搭載しているMT4の方が
分析面では優れているのではないでしょうか。

 

 

特にGMMA(複合型移動平均線)
TEMA(3重指数移動平均線)などは
MT5にのみ実装されている機能なので
これらを相場分析に利用したいとお考えの方は
MT4よりもこちらを選択すべきですね。

 

 

加えて、表示できる時間足についても
両者には大きな違いがあります。

 

例えば、短期足を挙げるとMT4では
1分足、5分足、15分足、30分足ですが
MT5では1分足から6分足まで1分間隔で表示が可能です。

 

10分足以降は12分足、15分足、30分足と
MT4よりも選択できる時間足の種類が豊富なので
より幅広い相場分析が可能となるわけです。

 

世界中のトレーダーの中には
複数の時間足から相場分析を行う
マルチタイムフレームを採用している方も多いので、
戦略性を向上させるという面でもMT5が優れています。

 

 

メモリの消費量や動作速度にも大きな違いが

 

MT4とMT5では、普段使っているパソコンの
メモリ消費量にも大きく影響を及ぼしますので
こちらも合わせて理解しておくと良いでしょう。

 

一般的な話ですが、使用時に消費するメモリは
MT4が約60MB(メガバイト)となっており、
MT5は約150MBと約2.5倍の差があります。

 

単一で使用する際にはそれほど影響はありせんが、
複数起動して使用するなんていう場合には
相当なメモリを消費することになりますので
ご自身のパソコンのスペックと相談して
MT4・MT5のいずれかを選択するのがベターです。

 

 

また、MT4の動作速度はやや遅めで
MT5は比較的サクサク動くのが特徴です。

 

これには先ほど説明したメモリ消費量が
大きく関係してくるわけですが、
より多くのメモリを消費する方が動作速度は良くなります。

 

MT4は32bit、MT5は64bitとメモリ数が違うので、
処理が早いのは圧倒的にMT5ということになりますね。

 

 

デイトレードやスイングトレードなど
そこまでスピード感を重視しないのであれば
MT4でも十分かと思いますが、

 

取引したいタイミングで注文するなど
スキャルピングで主に実践したい方には
MT5が向いているといえます。

 

 

今回はMT4とMT5について検証しましたが、
これまでの内容だけだとどうしても
MT5にメリットがあるように感じられるかもしれません。

 

ですが、メタクオーツ社が運営する
MQL5(メタトレーダーマーケット)で実際に販売されている
EAはMT5対応のものより遥かに種類が多く、
インジケーターだけでも倍近くのラインナップが揃っています。

 

そういう意味では
インジケーターやEAを利用する際に
選択肢の幅が広がるというメリットがMT4にはあるのです。

 

 

既にご自身で決めたトレードルールに沿い
機械的に淡々と実践をこなしている方はもちろん、
数多くのインジケーターやEAを利用したいとお思いの方には
MT4を利用するのが得策ではないでしょうか。

 

機能性の面だけで言えば
MT5の方が遥かに優れているわけですが、
MT4に搭載されている機能であっても
トレード自体の不自由さというものはさほど感じません。

 

そもそもの操作方法さえ覚えてしまえば
ほぼ全ての海外FX業者でMT4が使用可能なので、
1つのプラットフォームで複数の口座を運用する方が
最終的な利便性の高さにも繋がってくるというわけです。

 

 

MT4もMT5も、それぞれに
メリット・デメリットがあるとはいえ
ご自身のトレードスタイルに応じて
使い分けるということが賢明ですね。

 

 

本日は海外FXで絶対的な地位を確立している
MT4とMT5の違いやメリット・デメリットを取り上げてみました。

 

機能面でMT5が勝っているとはいえ
海外FX業者全体で見てみると
MT4にしか対応していないところが多いため、
機能面だけでなく様々な角度から検証してみることをおすすめします。

 

最終的には、ご自身が
よりメリットを感じられる業者選びを行っていただきたいので、
今回の内容はあくまでも判断材料の一つとお考えくださればと思います。

 

 

近い将来、MT4が利用不可になるかも?

 

現在でもほぼ全ての海外FX業者で利用可能なMT4ですが、
近い将来、利用できなくなるのではないか
噂になっていることを皆さんはご存じでしょうか?

 

こちらについて、MT4のサポート終了に関する
具体的な日時については一切公開されていませんが、
2005年のリリースから18年が経過していることを考えると
MT5への完全移行が目前に迫っていると言われるのも納得です。

 

その証拠に、MT4の新機能開発は
既に終了してしまっています。

 

こうした状況から、対応可能なプラットフォームを
MT4からMT5へと変更する業者が増えていますので
単なる噂というわけではなさそうです。

 

 

例えば、2018年1月の時点で
新規の業者に対するMT4の新規契約を廃止したり、
古いバージョンのMT4が使用不可になっているなどです。

 

普段からMT4を利用しているトレーダーからすれば
由々しき事態と言わざるを得ない状況ですので、
やはり時代の流れには逆らえないということでしょう・・・。

 

 

「MT4、MT5とくれば次はMT6?」

 

などという考えが頭をよぎるかも知れませんが、
2023年現在でMT6の開発を行っているという情報はありませんし、
MT5のアップデートを頻繁に行っていることからも
新たなプラットフォームが世に出回る可能性は低いですね。

 

 

しかしながら、トレーダー目線で考えると
使い慣れていたMT4からMT5へ移行することに
抵抗を感じる方が少なくないのも事実。

 

それに先ほど取り上げたように、
MT5に移行することでインジケーターやEAの種類が
大幅に減少してしまうことは否定できないので、
使い勝手の悪さが先行してしまうのも無理はありません。

 

 

こうしたネガティブな要素はあるものの、
MT5に対応した海外FX業者が
年々増加傾向にあるのは間違いありませんので

 

MT4の完全終了に備えて今のうちから
MT5の機能に慣れておくというのも一つの手ではないでしょうか。

 

 

最近ではパソコンのみならず
スマホでFXを実践されている方も増えていますが、
MT5のアプリにはMT4に実装されていなかった
「ワンクリック注文」といった機能も追加されています。

 

そういう点では
MT4よりも利便性が高いと言えるので、
これを機にMT5の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問合せください。

 

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

FTK 掲示板(お気軽にお問い合わせ・口コミなどご投稿ください)

内容をご確認の上、送信してください。

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2023年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
2023年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031