Black AI・ストラテジーFX(ブラストFX)【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

流行りの人工知能を搭載したFXトレードツール

 

ここ最近、数万円程度のFX商材でも人工知能(AI)搭載を謳う
FX商材が流行ってきているようです。

 

投資は人工知能(AI)の時代に突入!

 

 

人工知能とビッグデータの相性については
以前の記事でもお話ししたことですが、
今まではヘッジファンドなどのビッグプレイヤーだけが
享受していた人工知能の恩恵を、一般の投資家でも手軽に
利用できるような時代になってきているわけです。

 

人工知能を使ったシステムの場合、一般的なのがEAですが
今回検証するのはAI搭載のFX専用サインツール
Black AI・ストラテジーFXです。

 

略称としてブラストFXとも呼ばれているみたいですね。

 

 

販売元はドラゴン・ストラテジーFXで同じみの
グローバル・ロイズ株式会社

 

今回もシステムの開発を手掛けているのはFXプログラマーユースケ氏

 

ドラゴン・ストラテジーFX【検証と管理人評価】

 

 

ドラゴン・ストラテジーFXといえば販売開始から3年に渡り
大ヒットを記録する人気のFX商材ですが、
恐らくここ数年の間で最も売れた商材なのではないかと思います。

 

そんなドラストFXの販売元グローバル・ロイズ株式会社より
新しいトレードツール、ブラストFXがリリースされたということですから
高い注目を集めるのも当然の結果かと思いますね。

 

発行元ASPであるインフォトップの売れ筋教材ランキングでは
販売からほぼ連日、ランキング首位を獲得していますし
早くも多くの購入者が出ていることがわかります。

 

 

ちなみにBlack AI・ストラテジーFXは
今回初めて表舞台に登場したというわけではありません。

 

本来はドラゴン・ストラテジーFXの購入者へのみに向けて販売されていた
いわゆるバックエンド商材という形で販売されていました。

 

なので、今回インフォトップ経由でリリースとなる前から
既にBlack AI・ストラテジーFXを購入していたという方も多いかと思いますが、
ASPからの販売がスタートしたことで、ドラストFXを購入しなくとも
Black AI・ストラテジーFX単体で購入できるようになったわけですね。

 

 

また、本来バックエンド商材というと
数十万円前後の高額な価格帯のものが一般的ですが、
Black AI・ストラテジーFXは4万円程と普通のフロント商材と
同じくらいの価格帯で販売されています。

 

もともとバックエンド商材でありながら
手の出しやすい価格設定になっているのは嬉しいポイントですね。

 

 

Black AI・ストラテジーFX(ブラストFX)のチャート検証

 

Black AI・ストラテジーFXを一言でいうなら
長期短期のRCIを使った逆張りサインツールです。

 

 

RCI関連のテクニカルが使用されているのは
チャート下部のサブウィンドウです。

 

オシレーター系のテクニカルであるRCIは
Rank Correlation Indexの略で、日本語に訳すと「順位相関指数」

 

価格そのものを計算対象とせず、期間と価格それぞれに順位をつけて
両者にどれだけの相関関係があるのかを数値化したもので
「上がり始め」「下がり始め」の時期とタイミングを捉える指標です。

 

性質としては同じオシレーター系のテクニカルである「RSI」と似ています。

 

通常、RCIは-100%から100%の範囲で計算されることが多く
価格が上昇を続ければ+100%に近づいていき高値圏と判断
下落を続ければ-100%に近づいていき安値圏と判断します。

 

RCIは価格の動きに沿って上下していくので
安値圏から上昇し始めたら「買い」、
高値圏から下降し始めたら「売り」
というように
逆張りでのトレードで用いられることが多いテクニカルです。

 

Black AI・ストラテジーFXのロジックの根底にあるのは
このRCIの概念と考えて良いでしょう。

 

 

そして、Black AI・ストラテジーFXでは
買いと売りのタイミングを矢印サインで表示し
サインが表示されたタイミングでエントリーを行っていきます。

 

 

このように、上向きの矢印サインが出た場合は「買い」
下向きの矢印サインで「売り」となります。

 

また、エントリー後はOCO注文を入れるか
人工知能(AI)による自動決済を選択することができます。

 

 

・Range
・Trend

 

という二つの自動決済ボタンが確認できるかと思いますが
「Range」は短期決済、「Trend」は長期決済となっているので
トレードを行っている時間帯やその時のボラティリティに合わせて
どちらで決済するかを選択すると良いでしょう。

 

 

推奨時間足は5分足、1日のエントリーチャンスは60~75回

 

Black AI・ストラテジーFXの推奨時間足は5分足
推奨通貨ペアはドル円、ユーロドル、ユーロ円、豪ドル円、NZドル円が基本で
対ポンド、対フランでの運用で更に大きな利益を狙えるとのこと。

 

また、Black AI・ストラテジーFXのエントリーチャンスは
1日60~75回、月に約1500回ものチャンスが訪れるということですが
これだけのエントリーチャンスを獲得するためには
先ほどの5種類の通貨ペアで、ほぼ24時間PCに張り付いていないと
実現することは難しいでしょう。

 

 

特に副業でトレードしている方などは
1つか2つの通貨ペアに絞ってトレードするでしょうし
1日のトレード時間もそこまで多くは確保できないはずです。

 

そう考えれば、専業で尚且つ常にPCに張り付きで
トレードできるような方でない限り
1日のエントリーチャンスは多くても10回程度と考えたほうが良さそうです。

 

とは言っても、それでもエントリーチャンスは多い方ですから
チャートと向き合って全くチャンスに巡り合えないということはないでしょう。

 

 

ただ、Black AI・ストラテジーFXで気になるのは
利益7:損失1という桁外れのリスクリワードです。

 

実際にこれだけの数字を出せるのであれば、かなり優秀なツールと言えますが
その証拠を裏付けるデータも開示されていませんし、
あくまでこれは最大値として考えておいたほうが良いでしょう。

 

 

Black AI・ストラテジーFXはロジックはシンプルで分かりやすいのですが、
若干チャートが見づらいかなという印象を受けます。

 

購入者の感想でも、サインが多すぎるとかトレンドでダマしが多い
といった意見があるようですが、その辺は慣れが必要でしょうね。

 

サインのダマし対策法はマニュアルに記載されているので、
まずはしっかりとトレードルールを体に染み込ませることが大切です。

 

とはいっても、損切ラインも浅く設定されていますし
しっかりとストップを入れてルールを破らずにトレードすることで
コツコツドカンを回避しつつ、着実に資産を増やしていくことができるでしょう。

 

個人的な評価としては今後に期待というところですかね。

 

 

Black AI・ストラテジーFXのランディングページでは
勝率90.37%、年間31,418pipsなどと謳われていますが
残念ながらこの数字を立証する証拠は開示されていませんので、
この数字に期待しないという方ならば
試しに購入してみてもいいかもしれませんね。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

 

 

コメント

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031