滝澤伸悟プロデュース WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

4年間自己流でチャート分析し、150万円を1800万円に増やした専業トレーダー滝澤伸悟氏

 

自己流の裁量判断で勝ち続けている専業トレーダーという人は少なくありませんが、
そういったトレーダーの多くは、知り合いのトレーダー間のみで情報を共有し
あまり公の場に出てこない人がほとんどです。

 

稀に情報商材という形で自分の手法を公開する人もいますが
全体でみればそういったトレーダーは数パーセント程度なのではないかと思います。

 

さらに言えば、専業トレーダーと謳っていても実際は勝てていない
“シロウト同然のトレーダー”が手法を販売しているケースもあるようです。

 

そう考えると、本当に成果を出している専業トレーダーの手法を学べる機会というのは
ほとんどないと考えていいかもしれませんね。

 

 

そんな中で、今年に入ってからインフォトップ経由で、
ある専業トレーダーの手法が公開され、結構な注目を集めているようです。

 

その専業トレーダーというのが、
本日検証を行うWINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)の講師
滝澤伸悟氏という人物です。

 

ちなみに、ランディングページでは滝澤伸悟氏のパスポートが公開されています。

 

 

 

驚くことにモザイク処理などが一切されておらず個人情報がだだ漏れです。

 

中には専業トレーダーを名乗り、キャラクターを演じて手法を販売している
商材販売者もいるようですので、実際に実在する人物であるという証拠を
しっかりと開示する姿勢は評価することができるかと思いますが、
ここまでしてしまって大丈夫なのだろうか…と心配になりますね。

 

 

そんな滝澤伸悟氏は、4年間自己流でチャート分析を行った末
“5ステップ”のシンプルなトレード手法で
150万円を1800万円に増やすことに成功したとのこと。

 

また、滝澤伸悟氏は自身の手法を「正攻法トレードロジック」と謳っており
平均月利は15.7%、平均勝率は66.9%という成績を得ているそうです。

 

その成績を裏付ける証拠として2016年2月から2017年6月いっぱいまでの
約1年半にわたるフォワード実績が公開されており、運用データを見る限りでは
リアルに結果を出しているトレーダーだということが確認できます。

 

 

 

FX商材の多くは、どれだけ魅力的な数字を謳っていたとしても
講師の実績を公開しているものはほとんどありませんので、
こういった情報開示には好感が持てます。

 

さらに言えば、「正攻法トレードロジック」と謳う
滝澤伸悟氏の発言もあながち嘘ではないといことがわかりますね。

 

 

WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)は裁量手法ですので
実践者全員が全員同じ結果を得られるとは限りませんから、
中にはフォワード実績を開示する必要は
ないんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、
それでも本当に勝っている証拠を公開する姿勢は評価できます。

 

信ぴょう性のあるデータを公開しないで“勝てる手法です”
謳っているオファーよりも、滝澤伸悟氏のように正々堂々と
勝っている証拠を開示しているオファーの方が「信用できる」
ということについては言うまでもないかと思います。

 

 

パスポートの公開については大丈夫なんだろうか…と思ってしまう反面
しっかりとフォワード成績も公開しているところを考えると
非常に真面目で真摯なトレーダーさんなんだなということが分かりますね。

 

 

 

WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)手法検証

 

実はWINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)のロジック
ランディングページ上でほとんどが語られています。

 

手法としては極めてオーソドックスなトレンドフォローで、
基本デイトレードでの運用となります。

 

 

■WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)概要

 

・ロジック
押し目買い・戻り売り

 

・リスクリワード
「損失:利益=1:2」

 

・使用インジケーター
オリジナルサインツール&複数の移動平均線

 

・時間足
推奨時間足は15分足
(他に1分足、5分足、30分足、1時間足、4時間の運用が可能)

 

・通貨ペア
推奨通貨ペアはドル円、ユーロドル、ユーロ円、ポンドドル、
ポンド円、豪ドル米ドル、豪ドル円の7通貨ペア
(設定次第で全ての通貨ペアで運用が可能とのこと)

 

・エントリーチャンス
1通貨ペアあたり1日約2~3回前後
(運用通貨を増やすことでさらに多くのエントリーチャンスを
期待することができる)

 

 

WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)の
特徴をまとめるとこんな感じになります。

 

複数の移動平均足を使った王道的なトレンドフォローで
専用のサインツールと併用してエントリー判断を行い、
エントリーと同時にOCO注文を入れます。

 

 

ランディングページではWINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)の
最大の特徴はサインツールにあり、サインとアラートにより
トレンドの転換点を自動で知らせてくれるとのことです。

 

 

 

こちらがWINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)のサインツール。

 

・上向き矢印(赤)は上昇トレンド
・下向き矢印(青)は下降トレンド

 

このサイン(アラート)を受け取ってから、
滝澤伸悟氏のエントリールールに従って
条件と一致していればエントリーとなります。

 

損切ラインは「資産の3%以下」と指定。

 

決済方法はOCO注文の他に、大きなトレンドが発生した際には
トレーリングストップで含み益を延ばしつつ目視でトレンドを追いかけ
移動平均のデッドクロスでの手動決済も用意されています。

 

 

また、エントリーの際に執行時間足と上位足による
マルチタイムフレームでのトレンド分析が推奨されており、
オーソドックスなトレンドフォローの基礎ともいえる戦略へ
コツコツドカンを回避する工夫や、
より明確なトレンド判断を行う工夫が加えられています。

 

 

ロジックだけを見れば王道的で特別目新しさのない
トレンドフォローように見えるかと思いますが、
やはりこの手法のキモはサインツールと、
インジケーターのパラメーター
滝澤伸悟氏独自の裁量判断にあるかと思います。

 

ただ、個人的に気になるのは移動平均足をベースとした
トレンドフォローの場合、移動平均足の性質上
どうしても遅行してしまうという点が挙げられます。

 

サインツールが何をベースとしているのかはわかりませんが
ツールの精度を判断する基準としてこの辺は重要なのかなと。

 

 

また、この手法において1分や5分足といった
短期の時間足で運用することにメリットを感じない
というのが正直なところでしょうか。

 

とはいえ、資金管理テクニックやマルチタイムフレームの考え方、
リスクを限定したなかで利益を延ばすテクニックなど
トレーダーにとって必要なトレードスキルを
学習できる手法となっています。

 

ロジックもルールもシンプルかつ王道的であるため
どちらかと言えば初心者向けの手法だと言えますが、
トレンドフォローが何たるかを学び
さらにワンステップ上の応用スキルを身に付ける教科書
として考えることができるのではないかと思います。

 

 

WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)へ参加するメリット

 

手法とは直接関係ありませんが、
WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)には
参加するにあたってのメリットがいくつか存在します。

 

その1つが、滝澤伸悟氏による直接サポート

 

 

WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)では
メール、電話、スカイプの3つの手段でのサポート窓口が設けられており
いずれも滝澤伸悟氏本人会員一人一人へ対応してくれます。

 

 

最近はメールサポートに加えて電話サポートを
設けている商材も増えてきているようですが、
この価格帯の商材でスカイプサポートを設けているものはほとんどありません。

 

というか、現状で出回っているFX商材の中で
ここまで徹底したサポート環境を用意しているのは
WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)だけでしょう。

 

いずれもサポート期間は6ヶ月間と長期に渡っており
電話&スカイプサポートは1人あたり1日30分と結構なボリュームです。

 

 

この記事の冒頭でもお話ししましたが、
WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)のランディングページでは
フォワード実績を開示していることから滝澤伸悟氏が
リアルに勝てているトレーダーであることは疑いようがありません。

 

つまり、WINDING ROAD FX(ワインディングロードFX)で
サポートを受けるということは、現在も勝ち続けている専業トレーダーから
直接アドバイスを受けることができる貴重な機会でもあるわけです。

 

この点はオファーへ参加するメリットとして非常に高く評価できるでしょう。

 

 

そして、次に評価できる点は滝澤伸悟氏本人による
特典の無料ウェビナー配信サービスが設けられているという点です。

 

現状のウェビナー配信サービスのスケジュール全3話となっていて、

 

1話では基本のベースを固めるための「手法の細かな解説」
2話ではオリジナルツールを使用した「実践でのトレード解説」
3話ではワンランク上の「応用トレードテクニック解説」とのこと。

 

正直これだけの特典コンテンツを無料で提供するというのは驚きです。

 

 

先ほどの滝澤伸悟氏本人による電話&スカイプサポートに加え
ウェビナー、つまりウェブセミナーが無料で受けられるというのは
ほぼ投資塾や投資セミナーなどの高額オファー並み
コンテンツ内容と言っていいでしょうね…。

 

わずか数万円程度のFX商材でこれだけのコンテンツを
提供するというのはちょっと規格外といえるでしょう。苦笑

 

 

また、インフォトップでリリースされてから
早くもランキング1位を獲得しているほどの人気ぶりですので、
王道的なトレンドフォローの学習書を探しているという方や
実践で結果を出している専業トレーダーから直々に手法を学びたいという方は
購入してみる価値のあるFX商材だと言えるでしょう。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

 

コメント