本気のFX【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

片手間で月収100万円稼ぐFXサインツール

 

読者様からの検証依頼です。

 

本日レビューするのは年収3000万円以上
稼いでいるというFXトレーダー橋本邦芳氏
本気のFXというFXサインツールです。

 

ランディングページへざっと目を通しましたが
かなり派手な謳い文句が掲載されており、
パッと見たところ、某大手販売者のオファーなのかな?
と思ってしまうようなデザインに仕上がってします。

 

派手な謳い文句や、ランディングページの構成当
例のFX商材業者をかなり意識していることがわかります。

 

 

まぁそんな話はさておき、本気のFXは
ツールのサインに従ってトレードするだけという
お手軽トレードシステムです。

 

つまり、無裁量サインツールということです。

 

 

この手のサインツールを見ていつも思うことが、
無裁量で勝てるならどうして最初から
EAとして販売しないのか?ということ。

 

結局、手動でトレードすることでシステム通りの運用を
100%再現することはできなくなりますし、
無裁量で勝てるツールを手動化することにメリットはないと考えています。

 

 

出だしからあまり否定的な意見は述べたくありませんが、
無裁量と謡っているにも関わらず
手動運用となっているツールの多くは

 

“結局裁量判断が必要不可欠”

 

というパターンがほとんどです。

 

おそらく、今回の本気のFXも裁量を加えることが
前提として作られているはずです。

 

それを踏まえて、ツールの詳細を見ていきましょう。

 

 

 

本気のFX ロジック&トレードルールを検証

 

本気のFX、ランディングページでは
無裁量でのトレードで勝率90.1%を記録し、
月間平均1,123pipsを獲得していると謳っています。

 

ロジックは押し目買い・戻り売りを狙う
トレンドフォロースキャルピング手法で、
執行時間足は1分足と5分足。

 

トレード通貨ペアに対象制限はなく
「全通貨ペア」での運用が可能とのことで、
1通貨ペアあたりのエントリーチャンスは1日で30~50回だそうです。

 

本気のFX 概要

 

・ロジック:押し目買い・戻り売りトレンドフォロー
・執行時間足:1分足、5分足(スキャルピング)
・推奨通貨ペア:全通貨ペア
・トレードチャンス:1通貨ペアあたり1日30~50回
・勝率:90.1%

 


 

 

トレードルールは特に説明不要なくらい単純で、
矢印サインのが表示されたらその方向へエントリー、
その後エントリーしたサインと同じ色の
☆マークが表示されたところで決済するだけ。

 

ランディングページへ本気のFXのトレードが掲載されていますが、
こちらからどのようにトレードするか確認できます。

 

 

 

具体的な説明がなく、若干不親切さを感じますが
単純に矢印方向エントリー☆マークが出たら決済するだけなので
特別説明は不要ということなのでしょう。

 

 

また、本気のFXではメインのサインツールに加え
短期トレンドの強弱を示す「ボラティリティーpowerゲージ」という
補助ツールも付属されています。

 

 

 

このツールは相場の勢いトレンドの強さ
1~5段階で表示してくれるもので、
全てのブロックが黄色になっていれば
高確率なエントリーサインと判断することができます。

 

逆に黄色になっているブロックが少なければ
少ないほど、サインの優位性は低くなり
エントリーを見送ったほうが良いと判断します。

 

 

こちらの「ボラティリティーpowerゲージ」
意外と使い勝手がよさそうですが、
この補助ツールが用意されていることからわかるように、
本気のFXでは

 

「裁量によるサインの取捨選択」

 

が必要だということになります。

 

つまり、愚直にサインに従ってエントリーするだけの
無裁量ツールではないということを
この補助ツールの存在が暗に示しているわけですね。

 

 

本気のFXは本当に勝率90.1%、月間平均1,123pipsを実現できるのか?

 

少なからず裁量が必要であることがわかった
本気のFXですが、裁量を加えることを前提としても
本当に勝率90.1%月間平均1,123pipsを実現できるのでしょうか?

 

ランディングページには2018年1月~10月までの
月間の実績データが掲載されていますが、
残念ながら“信ぴょう性”が高いデータとは
言えないものとなっています。

 

 

 

このように、各月の取引履歴を全て確認できるよにはなっておらず
最終的な「結果」だけが掲載されています。

 

もちろん、この程度の画像であれば
いくらでも手を加えて修正することは可能ですし、
あたかも“本当に勝っている”かのように
見せることは難しいことではありません。

 

 

もちろん、本気のFXの実績が
ねつ造されたものだと断言するわけはありませんが、
本当にこれだけ素晴らしい結果を出せているのであれば、
確信の持てるトレード実績を開示してほしいものです。

 

FXで年収3000万円も稼いでいるという橋本邦芳氏であれば、
現状のランディングページへ掲載されている情報だけでは
不十分であることがよくわっているはずです。

 

 

やはり、無裁量で勝てるシステムを
EAではなくサインツールで販売するということは
それなりの理由があると考えてよいでしょうし、

 

なにより、サインの取捨選択(裁量)を考慮した
補助ツールを併用してトレードする必要があることなど
もろもろを考えると、あまり大きな期待はできないFX商材かと思います。

 

 

公開されているトレード実績信ぴょう性も低く
ツール、手法の優位性証明する情報も
ほとんど開示されていないことを考えると
安易に購入することはおすすめできないオファーですね。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

 

コメント

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031