ショットガン投資法【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

10日働くだけで1億円稼ぐ、人気講師 相場師郎

 

本日は、相場師朗の人気商材、ショットガン投資法について検証したいと思います。

 

相場師郎氏は、20歳から株取引を始め、
売買歴はなんと37年以上になるというベテラントレーダー。

 

ショットガン投資法以外にも、多くの株式投資商材を販売しているため
情報業界では講師としての知名度も高い人物であり、それなりの著名人です。

 

ちなみに、ショットガン投資法以外に、

 

・7step株式投資メソッド
・相場ゼミ
・株トレード道場
・株は技術だ、一生モノ!

 

などのオファーを手掛けており、
現時点で最も最新のオファーがショットガン投資法です。
(とはいえショットガン投資法の公開は2018年の事ですが)

 

 

ちなみに、当ブログで相場師郎氏のオファーを検証するのは今回が初めてです。

 

そのため、まずは彼がどんな人物か
その経歴について簡単にお話しておきたいと思います。

 

 

トレード歴37年以上の株職人。“株匠” を目指している。
20歳で株の売買を始めてから20年間、
「日本郵船」1銘柄のみの「売り」「買い」に集中、大きな利益を重ねる。
その後、宮本武蔵が洞窟に籠もるかの如く、チャートと建玉の研究に没頭する。

 

現在も、チャートと建玉の操作のトレード手法をさらに極めるべく精進を重ねており、
日本株、米国株、イタリア指数、イギリス指数、ユーロ指数、金、原油、コーン、FXなど、
どの市場でも大きな利益を生み出している。

 

研究発表の場として、投資塾「株塾」を主宰。
塾生は増加し続け、今やアジア最大級となる。
講演活動にも積極的で、その場は日本のみならず、
米国、台湾、イギリス、ドイツ、フランス、シンガポールなどにも広がる。

 

ラジオNIKKEI「相場師朗の株は技術だ!」でキャスターを務める。
松本大学 総合経営学部講師。

 

引用元・経歴・プロフィール | 相場師朗 公式サイト

 

 

 

これまでのオファーで謳われてきた経歴などによれば
国内外の金融機関でファンドマネージャーやディーラーを経験した後、独立し
これまで、2,500人以上の弟子を育て上げているそうです。

 

また、自己資金の運用をメインに株トレード技術の講演活動を行い、
その範囲は海外にも及んでいるとのこと。

 

メディアへの露出も少なくなく、ラジオ日経にてMCを務めたり、
大手投資情報会社や大手証券会社で講演会の講師を務めるなど、
自身の発言だけではなく株技術の啓蒙を依頼されることも多い方のようです。

 

 

加えて、自著も多数出版しており、全国で開くセミナーは常に超満員

 

受講枠の待ちが約10カ月の講座もあるとのことで、
1日セミナーのギャラは1,000万円を超えるそうですが、
もしこれが本当なら、トレーダーとしての収入よりも
講師としての収入の方が勝っているように思います。
苦笑

 

 

人によっては、講師業の方が稼げるので
そちらに専念してトレードを辞めてしまう人も少なくないようですが
相場師郎氏の場合はどうなのでしょうか?

 

セミナーで1日1,000万円稼げるということは、10日働けば、1億円です。

 

トレードより圧倒的に効率的ですし、リスクもありません。

 

公に公開されていないため、判断できないところではありますが
現在の相場師郎氏の収益バランスは、
トレード or セミナー講師、どちらの方がメインなのか気になるところです。

 

 

ちなみに、「相場師郎」という名は、もちろん芸名で本名は不明です。

 

 

 

ショットガン投資法とはどのような投資法なのか?

 

相場師郎氏の代名詞と言えるのが「うねり取り」です。

 

ショットガン投資法は、うねり取りを短期トレードにチューニングした、
資金の少ない初心者でも手軽に投資をスタート出来るよう考案された手法とのことです。

 

有料講座では、相場流トレードの基礎を学ぶ「基礎講義」
実践ですぐ使える技に絞ったトレーニングを行う「実践セミナー講義」
2パートが用意されていて、ステップバイステップで相場師郎氏の手法を
習得するための環境が整っているとのこと。

 

具体的なカリキュラムは以下の通り。

 

【基礎講義(120分)】
・株価の流れは予測できる
・短期トレードの新常識「ショットガン投資法」
・ショットガン投資法に必要な道具 <その1>
・ショットガン投資法に必要な道具 <その2>
・ショットガン投資法に挑戦してみよう

 

【実践セミナー講義(220分)】
・実践に特化した「ショットガン投資法」のトレーニング

 

 

ショットガン投資法の特徴をざっくりと言えば、

 

“チャートの中の、もっとも角度が高く
 オイシイところだけを短期間でしっかりと狙って取る”

“チャートがこの形になったらエントリー、
 この形になったらエグジットを繰り返すだけ”

 

といったところでしょうか。

 

 

ランディングページでは、
以下のチャートが例として載せられています。

 

 

 

 

ローソク足と移動平均線だけを見て、エントリーや手仕舞いの判断を行います。

 

表示する移動平均線は、主に5日・20日・60日線3本

 

このようなチャートの「型」が、数十パターン存在するとのことで、
相場の状況に合わせて、現在の相場がどのパターンかを判断し
意思決定していくわけです。

 

 

ローソク足と移動平均線のみを使ったストラテジーであり、
「非常にシンプル」と言うよりは、何の目新しさも無ければ
“手法”と言うまでもない、むしろトレードの基本と言うレベルの内容です。

 

移動平均線の考え方やその手法については、
一般書籍やネット上の記事、Youtube動画でも基礎的なものとして
当たり前に学べるノウハウとなっています。

 

ですので、商材の価値は、手法というよりは、
数十パターンあるとされる、チャートの「型」の精度に委ねられます。

 

 

 

期待外れ?? ショットガン投資法はありきたりの手法

 

いきなりですが、相場師郎氏の販売しているしている情報商材
「株は技術だ!一生モノ!32400円」は、
書籍「株は技術だ!(ぱる出版)1680円」とほとんど同じ内容です。

 

両方買った人ならわかるでしょう。

 

ノウハウが同じなのですが、商材で学ぶとなると非常に割高になっています。

 

これは購入者としては満足度が低くなってしまうポイントですね。

 

 

ショットガン投資法においては、
内容がほとんど似通った書籍は出ていないようですが、
ネット上の口コミや、購入者・実践者の評判、評価などを見てみると
お世辞でも高評価を得ているとは言えず…

 

むしろ、「ありきたり」や「ぼったくり」といった
否定的なネガティブな意見の方が多くみられる印象を受けます。

 

 

さらに、ショットガン投資法のサポートは
相場師朗氏が直接指導してくれるわけではありません。

 

購入後のサポートはウイニングクルーのスタッフが行うことになっています。

 

最近は、講師本人が直接サポートを対応してくれる商材が増えており、
そういったフォローアップ環境を提供することが
情報業界でのスタンダードになってきています。

 

 

ひと昔前の投資商材であれば、バイトで雇ったのかと思うような
知識が全くないスタッフが対応するのが当たり前でしたが
今の時代、講師本人がサポート対応にあたっていないというのは
“時代遅れ感”は否めないところでしょう。

 

それでいながら、販売価格は消費税を入れると6万越えです。

 

参加者からの評判も良いとは言えず、相場師郎氏の実績も無し。

 

 

人気講師のオファーというだけあり、
ショットガン投資法はロングヒットを続けている商材ですが
諸々を踏まえると、あまり大きな期待はできないのかな
というのが正直なところです。

 

今後、購入を検討をしているのであれば、まずは書籍の方に目を通してみて、
その上で、再度検討してみることをおすすめします。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

 

FTK 掲示板(お気軽にお問い合わせ・口コミなどご投稿ください)

内容をご確認の上、送信してください。

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FXトレード研究会(通称:FTK) 管理人自己紹介

FTK管理人(メンバー別紹介)

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031