ウォルフ波動FX・トップシークレットアカデミー【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

FX-Katsu完全引退?!「ウォルフ波動FX・トップシークレットアカデミー」

 

こんにちは。

 

FTK管理人の君川です。

 

 

一般社団法人 日本投資家育成機構より、FX-Katsu氏
講師引退を懸けた最新FXオファー
「ウォルフ波動FX・トップシークレットアカデミー」
リリースされました。

 

一般社団法人 日本投資家育成機構はクロスリテイリング株式会社
や、株式会社Logical Forexなどと同じ、投資関連の商品を販売する
クロスグループの子会社です。

 

今回のオファーの講師を務めるFX-Katsu氏がオファーを出す際には
この日本投資家育成機構からリリースされていることが多い
という印象です。

 

ただ、ご存知のようにFX-Katsu氏は
数多くのクロスグループのオファーに登場しています。

 

トレーダーや講師としてよりも、むしろ、
オファーのインタビュアーやセールスマンとしての
性格の方が強いと言えるでしょう。

 

 

これまでもFX-Katsu氏は一般社団法人 日本投資家育成機構より
スキャルピング関連のオファーをいくつかリリースしており、
その際も「完全引退」や「最後のプロジェクト」と宣言していましたが
結局今日まで引退せずに次々とオファーを連発しています(笑)。

 

クロスグループは、残念ながら派手で過激な広告内容に反して、
中身のない稼げないオファーを連発しており

引退宣言をしつつ引退しないなど、宣言を守らないというのが
ここ最近の実情となっており、中でもFX-Katsu氏が手がけるオファーは
その筆頭だと言っていいでしょう…。

 

FX-Katsu氏がこれまでリリースした商品について、先程紹介した
「完全引退」を懸けたオファーを含めて、当サイトで既にいくつか
検証・レビューを行っております。

 

FX-Katsu氏が監修してきたオファーの実態や、
クロスグループの謳い文句と実際の内容との乖離ぶりを
より詳細に理解いただけると思いますので、
ぜひ併せてご覧ください。

 

 

FX-Katsu億トレーダー・養成アカデミー【検証と管理人評価】

 

「超」秒速スキャルFX・成功のイデア【検証と管理人評価】

 

 

そして、今回もランディングページの冒頭から

 

・相場の未来を100%予測
・勝率100% 93.3%を記録!
・1週間で500万円
・5分足で驚異の一撃90pips, 100pips
・月利600%、週利400%達成

 

などど、クロスグループの広告ではお馴染みですが、
ありえない数字を並べて稼げるオファーである
ということを全面に押し出しています。

 

5分足で100pips近く、ドル円であれば1円近くの値動きが発生することは
余程の大きなニュースがなければ基本的に発生しません。

 

そういったことを平気で書いているというのが実情です。

 

 

また、相場の未来を100%予測と謳っておきながら、
ランディングページ上で掲載されている取引履歴を見ると
普通に負けトレードを連発しています。

 

 

 

 

これらの矛盾点から、既にランディングページの内容や、商品
そのものが全く信用ならないことがお分かりいただけるでしょう。

 

既に本当に稼げるか疑わしさしか残らない今回の最新オファー
「ウォルフ波動FX・トップシークレットアカデミー」
ですが、ここからは商品の具体的な内容について検証していきます。

 

 

 

ウォルフ波動の使い方すら学べるか怪しいコンテンツ内容

 

「ウォルフ波動FX・トップシークレットアカデミー」は、
商品名の通り、ウォルフ波動と呼ばれるトレード手法について
解説したFXオファーとなっています。

 

ウォルフ波動とは、金融商品のチャートにしばしば現れる
「ウェッジ」と呼ばれるパターンを用いて、今後の値動きを予測する
というトレード手法です。

 

 

 

 

例えば、上昇トレンドの場合、高値の切り上げ具合が
安値の切り上げ具合よりも弱い場合、上昇の勢いが弱いことを示唆し、
その後は安値を結んだトレンドラインを下回りトレンドが終了する
という傾向にあります。

 

ウォルフ波動は、このウェッジのフォーメーションにおいて、
最後の高値で逆張りのエントリーを行い、最初の高値と2番目の安値の
延長線上で利確を行うことで値動き分の利幅を狙うトレード手法です。

 

 

一方、ウォルフ波動の考え方はあくまでトレンドに対して
逆張りの手法であり、トレンドフォローと比べると
リスクのある手法であるため、オシレーター系などの
その他の分析手法と組み合わせるのが一般的です。

 

しかしながら、「ウォルフ波動FX・トップシークレットアカデミー」では、
ウォルフ波動の手法のみの紹介にとどめており、逆張りの手法に対する
リスクヘッジは一切されていないようです。

 

 

 

 

また、チャート上に掲載されている買いや決済ポイントと、
獲得金額を示した画像も、とてもウェッジとは思えないポイントで
エントリーしていたり、ウォルフ波動の考え方を用いているとは
思えない
決済タイミングとなっておりとてもいい加減です。

 

恐らく適当にチャート画像を抜き出して
いかにも利益が出せるように見せたかった
ということなのでしょう…。

 

 

そして、ウォルフ波動で掴める値幅はあくまでトレンドの初動の一部
のみですので、100pips前後の値幅を獲得するのは不可能です。

 

そもそも、5分足などのスキャルピングで、100pips前後の値幅を
獲得するというのがあり得ない話ですが…(苦笑)。

 

以上の経緯から、「ウォルフ波動FX・トップシークレットアカデミー」
では、ウォルフ波動の正しい使い方が学べるとはとても思えません。

 

 

 

優位性の高いトレード手法は学べない可能性あり…

 

「ウォルフ波動FX・トップシークレットアカデミー」の内容は
ウォルフ波動の手法に特化しており、その他のトレード手法を
ほぼ一切取り扱っておりません。

 

そもそもウォルフ波動はその他の分析手法と組み合わせるのが
一般的ですので、メインの手法であるウォルフ波動すら
正しい使い方を学べる可能性が低い
と言わざるを得ません。

 

結論、「ウォルフ波動FX・トップシークレットアカデミー」に
参加したとしても、何一つ学ぶことがないかもしれません。

 

優位性の高いトレード手法を学ぶことは
夢のまた夢だと言えるでしょう。

 

 

そして今回の商品の価格ですが、

 

298,000円(税込)

 

という、コンテンツ内容にそぐわない高い価格設定です。

 

まぁいつもどおりの価格設定といえばそれまでですが、
コンテンツ内容やロジックの優位性などを見ても
これほどの高い価格設定に見合ったものとは言えません。

 

 

また、ウォルフ波動というトレード手法の性質上、ライントレードなどと
比べてそれほどエントリーチャンスが来る訳でもありませんし、
大きな値幅を狙える手法でもないため、ウォルフ波動を学ぶだけに
30万円近い金額を払う価値もそもそもないでしょう。

 

また、ウォルフ波動の分析を行うためのラインの引き方や
高値安値の分析についても、トレード初心者がいきなり学ぶには
やや難易度が高いと思います。

 

ランディングページ上の煽り文句に流されることなく、
まずは一通りのトレード手法や基礎知識を網羅した書籍や商材で
トレードを学び、何度も実践する方が
よっぽど勝てるようになる近道です。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問合せください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

FTK 掲示板(お気軽にお問い合わせ・口コミなどご投稿ください)

内容をご確認の上、送信してください。

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31