非常識サイクル365【検証と管理人評価】

 

 

商材概要

 

朝の3分で資産8000倍?!日経225サインツール「非常識サイクル365」

 

こんにちは。

 

FTK管理人の君川です。

 

 

ウクライナ情勢による円安で危機感を感じて投資を本格的に始める方
そして、ウクライナ情勢によって株式が値下がったため
株取引や株式指数取引へ関心が高まっているようです。

 

当サイトではFXトレードから株取引、仮想通貨などのオファーまで
幅広く検証しておりますが、最近では株取引や株式指数の売買に関する
記事へのアクセスも増えてきています。

 

ということで今回は株式会社ハーモニーネットから販売された、
徳丸久重氏の日経225用のサインツール
「非常識サイクル365」
について検証したいと思います。

 

販売元である株式会社ハーモニーネットは過去にも
「名人の一手」「匠の技」といった同じく日経225関連の
オファーをリリースしていますが、

 

築50年以上の住居用アパートに会社の事務所を構えていたり、
また両オファーの講師を務めていた安西よしのぶ氏は
ランディングページでは投資歴40年、総資産8億超の
大物・重鎮トレーダーとして紹介されている割には
トレーダーとしての経歴や実力が一切確認できないなどと、
とても信頼できるとは思えない経営状況やオファー内容でした。

 

「非常識サイクル365」の講師は徳丸久重氏となっていますが、
ランディングページ上では資産5億円、メディアや金融機関各社の縁あって
現在は個人投資家のカウンセリングを行なっているとの記載がありますが、

 

メディアや金融機関各社との関係があるにもかかわらず
インターネット上で徳丸久重氏のトレーダーとしての経歴や活動は
一切確認できないのは不自然ではないでしょうか。

 

監修者の自己紹介含め、今回のランディングページの記載内容も
到底信頼できるものとは思えません。

 

また、商品の具体的な中身についても「名人の一手」については
AIを活用した自動売買サインツールと謳う割には
エクセルがベースとなった、AIとしての品質を期待できない
ロジック不明のツールであり、

 

そして日経225のサインツールである「匠の技」についても内容が、
日経225トレードの実情と乖離していたり、オファー内容に
矛盾やツッコミどころが満載であったりと、こちらも信頼性の低いオファーでした。

 

「匠の技」に関しては当サイトで過去に検証しておりますので、
株式会社ハーモニーネットからリリースされる商品の実情を知るためにも
ぜひ併せてご覧ください。

 

 

匠の技【検証と管理人評価】

 

 

また両オファーの商品の価格は今回の「非常識サイクル365」と同様に
1,000円とかなり安価なものの、実際には購入者に50万円といった
高額のバックエンドオファーが届くというものでしたので、

 

今回も高額なバックエンドのオファーが購入後に用意されている
可能性が高いでしょう。

 

 

 

「非常識サイクル365」はロジック不明でリスク管理が甘い

 

「非常識サイクル365」は、オリジナルの指数移動平均線がベースの
波動分析を元にシグナルを出し、そのシグナルにしたがって
翌日朝にシグナルの方向にエントリーすることによって、
完全放置で夕方には利益を獲得できるとのことです。

 

独自の波動分析は相場の方向性だけでなく

 

・売買ポイント
・エントリーポイント
・利益確定ポイント
・異常価格変動察知ポイント
・ロスカットポイント

 

についても把握するとのことですが、サインの点灯条件や
これらのポイントを把握する具体的なロジックは非公開で
一切不明
となっています。

 

そのため、このサインにどれだけの優位性があるのかは
検証しようがありません。

 

「非常識サイクル365」の購入者が行うことは、
①前日の夕方~当日の朝までにシグナルを確認
②当日の朝にシグナル通りに注文
③完全放置で夕方には損益が確定

 

とのことですが、これは「非常識サイクル365」が相場の方向性だけでなく、
利益確定ポイントやエントリーポイントまで把握しているという記載と
完全に矛盾
しています。

 

エントリーポイントや利益確定ポイントを把握しているのであれば、
朝にエントリーして夕方まで完全放置ではなく、
エントリーするべき価格帯に差し掛かったタイミングでエントリーし、
利益が最大限獲得できるタイミングで決済するべきではないでしょうか。

 

日経225に限らずどの金融商品でのトレードにも共通して言えることですが、
相場の方向性はある程度事前に予測できたとしても、要人発言や天災などの
予期せぬ事象によって予測できた方向性と真逆に相場が進行することが
往々にしてあります。

 

先程の記載では相場の方向性だけを判断しているだけですので、
そこまでしっかりとしたリスク管理ができているわけではない
と言えるかと思います。

 

相場の方向性の予測だけではなく、しっかりとしたリスク管理と
最大限の利益の追求が勝てるトレードでは重要となってきますが、
リスクリワードの管理が一切されていない「非常識サイクル365」
では勝てないどころか甘いリスク管理によって資産を大きく失う
可能性
すらあります。

 

過去に販売されたサインツールである「匠の技」や「名人の一手」と同様、
今回の「非常識トレード365」についても、残念ながら
勝てるロジックを搭載されているとは言えません。

 

 

なお今回の「非常識トレード365」は、1,000円という投資関連の
オファーの中では破格の価格設定となっていますが、
高額なバックエンド商品を売りつけてくる可能性が高いと言えます。

 

つまり、バックエンド商品ありきでのオファーですので、
この1,000円のものを手にしても勝てるようになる
可能性は低いと言わざるを得ません。

 

どのオファーもランディングページや、販売元やトレーダーの過去の経歴から
ロジック優位性だけでなく、コンテンツの品質をしっかりと見定めることが重要ですが、
今回のオファーのような極端に一般的な商品価格より安い価格設定のオファーこそ、
よりその中身をしっかりと検証することをお勧めします。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問合せください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

FTK 掲示板(お気軽にお問い合わせ・口コミなどご投稿ください)

内容をご確認の上、送信してください。

コメント一覧
  • ユーザー

    やっぱ買う人がいるからオファーを連発すんのかねえ
    得体の知れない人のオファーなんか参加しちゃダメよ、、

    匿名さん

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031