1秒スキャルFX【検証と管理人評価】

 

商材概要

 

クロスリテイリング株式会社の人気講師?が贈る最新スキャルピングロジック

 

本日はクロスリテイリング株式会社から発表された最新FX商材、
1秒スキャルFXを検証したいと思います。

 

この商材は以前からインフォトップのランキング上位に食い込んでいたので、
その存在は知っていましたが、ランディングページの謳い文句が
あまりにも現実離れし過ぎていて、
若干誇大広告感が否めまなかったので
検証する必要もないかと思いスルーしていたのですが…苦笑

 

クロスリテイリング株式会社の新作ということもあってか、
「1秒スキャルFXは購入価値がありますか?」といった
お問い合わせが結構寄せられていますので、今回記事で取り上げてみることにしました。

 

 

1秒スキャルFXのランディングページでざっと目を通すと、
クロスリテイリング株式会社らしい派手なデザインと現実離れした歌文句の数々。

 

完全否定するわけではありませんが、

 

・知識も、経験も、スキルもいらない
・誰もがゼロから年収5000万円を目指せる
・瞬きするように3万円、5万円、10万円と利益の山を築いていく

 

など、知識・経験が乏しく楽して稼ぎたいトレーダーさん達が
如何にも飛びつきそうなセールス方法はどうなのかなと。

 

特に「誰もがゼロから年収5000万円を目指せる」など、
目指すだけなら誰だってできて当然ですからね…。

 

 

また、1秒スキャルFXのランディングページでは
月間約450万円の利益を出したという取引データが掲載されています。

 

 

これだけを見れば確かに素晴らしい成績ですが、
掲載されている取引期間はたったの1ヶ月間のみ

 

残念ですが、手法の優位性を証明するデータと呼ぶには役不足です。

 

 

ちなみに、今回の1秒スキャルFXの講師はマックス岩本氏という人物。

 

マックス岩本氏が講師を務めるオファーを
当ブログで取り上げるのは今回が初めてですが、
彼はクロスリテイリング名義でこれまでデイトレMAXや
FXアダムセオリー・マスタースクールといったオファーで
講師を務めてきている人物ですのでお馴染みという人も多いでしょう。

 

月刊誌FX攻略.com(シンセイ)にて毎月コラムを掲載、
FXシステムトレーダーvol.3(実業之日本社)にてインタビュー記事を掲載など
メディアへの露出も多いだけでなく、日本テクニカルアナリスト協会
認定テクニカルアナリストの資格も取得しているとのことですので
講師としてはそれなりに信用のおける人物のようですね。

 

日本テクニカルアナリスト協会:wikipedia

 

 

 

1秒スキャルFXのロジックとツールを検証してみます

 

1秒スキャルFXは通貨の強弱判断による環境認識から
トレンドの転換ポイントで仕掛けていく
5分足のトレンドフォロースキャルピングロジックです。

 

また、トレード判断のサポートとしてマックス岩本氏オリジナルの

 

・マックス・アベレージ・キャンドル
・マックス・ジャッジメント
・マックス・シングル・ボリンジャー

 

3つのツールを使って運用していきます。

 

では以下より、各ツールの特徴と役割を見ていきましょう。

 

 

マックス・アベレージ・キャンドル

 

 

こちらは平均足Smoothedをベースとしたインジケーターで
上昇トレンドではオレンジ色、下降トレンドでは緑色となり、
一目でトレンド方向と転換点を判断することができるようになっています。

 

使用方法は極めてシンプルで、インジケーターの色がわかったらエントリー、
さらに色が変わったら決済…これの繰り返しです。

 

手法としはドテン売買に近いように思いますね。

 

平均足Smoothedはローソク足を平均化した平均足をさらに平均化することで
ローソク足のノイズを排除し、よりスムーズにトレンド方向を
捉えることができるインジケーターです。

 

 

マックス・アベレージ・キャンドルのチャート画像からも確認できますが、
ローソク足では反転している場面でも平均足Smoothedは反転していません。

 

このように視覚的にトレンドを判断するという点で重宝しますが、
平均足Smoothedのデメリットとして“遅行性”が挙げられます。

 

その為、レンジ相場では騙しが連発
さらには往復ビンタにあってしまうリスクが高くなります。

 

 

マックス・アベレージ・キャンドルではパラメーターをいじり
一般的な平均足Smoothedの設定とは異なるようですが、
現時点ではこのツールの優位性は定かではありません。

 

どちらにしても、上手くトレンドが発生している場面でないと
有効性期待できないと考えてよいかと思います。

 

 

マックス・ジャッジメント

 

 

1秒スキャルFXでは「米ドル、円、ユーロ、ポンド、豪ドル、カナダドル」
6通貨による組み合わせからなる、15通貨ペアでの運用が推奨されています。

 

マックス・ジャッジメントではこの6つの通貨の強弱が一覧表示され、
現在トレードするべき通貨ペアを一目で判断することができる
オリジナルインジケーターとなっています。

 

見方は至って単純。

 

左側に表示されている通貨ほど買われており、
右側に表示されている通貨ほど売られていることを表しています。

 

また、上段に行くほど大きな時間足での通貨強弱
下段に行くほど小さな時間足での通貨強弱を示しています。

 

 

通貨強弱を判断する方法は過去にも当ブログで取り上げています。

 

マタフ(Mataf.net)のカレンシー・インデックスを使って3か月で1億円稼いだ大学生

 

マタフだけではありませんが、通貨強弱を判断するツールや
サイトなどは実は数多く存在します。

 

また、マタフの場合はカレンシーインデックスのデータを元に算出されますが
マックス・ジャッジメントではカレンシーインデックスではなく
マックス岩本氏が普段、強弱感を確認する際の判断項目から
算出しているということです。

 

 

マックス・シングル・ボリンジャー

 

 

マックス・シングル・ボリンジャーはエントリー、決済の根拠
より明確にし裁量判断ダメ押しをしてくれるフィルターという感じですかね。

 

チャートを見る限りでは「BBands Stops」に似ていますね。

 

ラインは「±2σ」のみ表示されるように改造されており
上昇トレンドでは「-2σ」下降トレンドでは「+2σ」のみ表示されます。

 

使用方法としてはブレイクアウトのポイントを探る役割や
エントリータイミングを計る目安として使うなど
本来のボリンジャーバンドの使い方を受け継いでいますので
王道的なロジックであると言えるでしょう。

 

 

マックス・ジャッジメントでトレードするべき通貨ペアを判断
マックス・アベレージ・キャンドルでエントリー~決済判断

 

さらに、マックス・シングル・ボリンジャーを
トレンド判断のフィルタリングすることにより、
さらに精度の高いトレードを目指しているということですね。

 

 

 

1秒で相場を判断することは可能なのか?

 

1秒スキャルFXでは、わすか1秒たった2つの色を見るだけで
相場を判断することが可能だと謳われています。

 

果たしてそんなことが実現可能なのでしょうか?

 

 

この点に関して、私は限りなく「NO」だと考えます。

 

 

1秒スキャルFXに限っていえば、まずは通貨の強弱を判断し
トレードする通貨ペアの選定を行い、
ボリンジャーバンドによるトレンド判断のダメ押しから
平均足Smoothedでの最終的なエントリー判断を行います。

 

この一連の作業をたったの1秒で行なうというのは
到底、人間の成せる技ではありません。

 

 

万に一人、ずば抜けた情報処理能力と判断力に長けた
天才的なトレーダーであれば可能かもしれませんが…

 

私達のような凡人にはほぼ不可能と言えるでしょう。

 

 

とはいえ、1秒スキャルFXはロジックにしても
インジケーターにしても王道的ですので、
徹底的裁量技術を磨いていくことでそれなりの結果は期待できそうです。
(謳われているような桁外れの成績を得られるという保証はありませんが…)

 

 

さらに言えば、1秒スキャルFXのインジケーターは
オリジナルツールではなくあくまで「アレンジツール」です。

 

マックス岩本氏の裁量判断の優位性については定かではありませんが
ツール自体に目新しさはなく、用途・目的もポピュラーですから
インジケーターの精度に期待するとがっかりしそうです。

 

それだけ1秒スキャルFXで大切なのはツールよりも裁量スキルです。

 

 

ちなみに1秒スキャルFXのトレードチャンスは
月間で200回ほどとのことですが、
スキャルピングというよりはデイトレード寄りの手法です。

 

15通貨ペアで月間200回しかチャンスがないというのは
スキャルピングにしては少なすぎます。

 

 

いろいろと突っ込みどころのある1秒スキャルFXですが、
個人的には可もなく不可もなくといった評価です。

 

テクニカルオタクな人にとっては興味がそそられるかもしれませんが、
インジケーターの有効性を判断できる情報も非公開ですし、
ツールの特性上レンジは苦手とします。

 

トレンド発生時でこそ真価をはっきできるかと思いますが、
そもそも明確なトレンドが出ていれば誰でも簡単に勝てますからね。

 

 

魅力的な謳い文句に、魅力的なランディングページ
購買意欲を掻き立てられる気持ちはわかりますが、
約3万円も支払って入手するべき内容なのか?

 

購入を検討している人は一度冷静に考えなおしてみてはどうでしょうか。

 

 

引き続き、FXトレード研究会(FTK)で取り上げてほしい
題材(テーマ)などのリクエストも受け付けておりますので
お気軽にいつでもお問い合わせください。

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

商材概要

 

 

コメント

FXトレード研究会(FTK)限定!!  無料プレゼントのご案内はこちら

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031